\安心、安全! 2022年のおすすめ VPN は?/
芸能人

安倍晋三のSPなにしてんの?警視庁も守れなかった原因なぜなのか徹底調査!

安倍晋三 SP なにしてんの 警視庁 守れなかった 原因 なぜ
Pocket

こちらの記事では安倍晋三のSPなにしてんの?警視庁も守れなかった原因なぜなのか徹底調査!と題してお送りします。

安倍元首相が奈良県奈良市で演説中に銃撃されるという衝撃の事件が起きました!

衝撃の事件に日本中に衝撃が走りましたね。

平和であると信じていた日本でこの様な事件が起こってしまい本当にショックでしかありません。

そしてさらに悲しい事実も届いてしまいました。

安倍晋三元総理の死去・・・

本当にショックでなりません。

SNS上では「安倍晋三のSPなにしてんの?」

「警視庁も守れなかった原因はなぜなの?」と議論が飛んでいます。

安倍元首相には1人のSPと奈良県警の警視庁の警官が数名付いていたとのことですがSPはや警視庁はなぜ阿部晋三元総理を守ることができなかったのでしょうか?

今さらこんな事を言っても、安倍元総理が戻ってくるわけではないことはわかっていますが、本当に命が犠牲にならなければいけなかったのでしょうか・・・

もしSPや警視庁が付いていたのであれば、何か手段や方法があったのではないかとつい考えてしまいます。

事件の起きてしまった真実や状況からSPや警視庁の方々がどうだったのか気になったので調査してみました。

また今回の安倍元総理の襲撃事件について、いち早く最新情報を掴みたい方は、掲載媒体数・掲載記事数1位の無料アプリスマートニュース』がおすすめです!

すでにダウンロード数は5000万人越え!!

  • 完全無料!
  • 会員登録の手間なし!
  • ダウンロードだけで見れる!
  • 最新ニュースの情報がどこよりも多い!
  • ニュース一覧が画像付きでわかりやすい!
  • コンビニやマクドナルドなど人気店のクーポンあり!

情報量は多いのに気になるニュースを一目で見つけることができるのもスマートニュースの特徴です。

今後も安倍元総理の事件の最新情報について、他のニュースサイトやアプリでは見れない情報が多数入ってきます!

とても悲しい事件となってしまいましたが、事件の真相をきちんと知りたい、見届けたいと最新情報を漏らさずに入手したいという方は、無料アプリなのでぜひダウンロードしてみてください。

掲載記事数No.1人気ニュースアプリ!

スマートニュース ニュースや天気・天気予報、雨雲レーダーも

スマートニュース ニュースや天気・天気予報、雨雲レーダーも

SmartNews, Inc.無料posted withアプリーチ

 

安倍晋三のSPなにしてんのという声

衝撃の決して起こっていけない事件が起きてしまいました。

安倍晋三元総理が演説中に射撃され、亡くなってしまったというのです。

こんなドラマの様なことが本当に起こってしまうとは今でも事実をなかなか受け止めきれませんね。

それというのも安倍晋三元総理にはSPが1人と警視庁の警官が数名付いていたというのです。

突然の事件でしたし、まさか日本でこの様な事件が起こるとは確かに誰も想像はしていなかったと思いますが、万が一のための警護であるSPや警視庁の方々はどうしていたのでしょうか。

今さらこんなことは本当に言うべきではないかもしれませんが、正直な事実を言うと少し厳しい言葉にはなってしまうかもしれませんがSNS上では「なにしてんの?」「なんでSPが守れないの?」「警視庁は無能なのか」という声が上がってしまっています。

それだけ安倍元総理の存在は大きかったのだなと改めて感じますし、この行き場のない怒りをどこかに当てないと納得できないという気持ちは非常によくわかります。

こんなことが起きては絶対にいけない事件が起きてしまったのですから・・・

ただ一つわかっているのはSPも警視庁ももちろん安倍元総理を守りたかったはずということです。

そういった命懸けで人を守る職業を選んでいる立派な人達ですから、もちろん安倍晋三元総理の事も全力で守りたかったはずです。

その気持ちだけは確実にあったと私は信じています。

 

SPや警視庁へのみんなの声は?

実際になにしてんの?という声や無能なのでは?と言った過激な言葉が飛んでしまっているのも事実ですが、SPや警視庁の方々の思いを汲み取っている方々も多いようです。

実際に安倍元総理の警護に当たっていたSPの方も奈良県警の方もきっと全力で守りたかったのではないかということを思うことも多くいるようです。

本当にショッキングな出来事過ぎて、悲しみしかありませんが今SPの方や奈良県警の方は確実に何かを感じていることは事実であると思います。

安倍元総理のことを考えると本当に残念で仕方ありませんが、亡くなった安倍元総理もこの事件が原因で悲しみが違う方向へ広がり続けないで欲しいと願っているのではないでしょうか。

 

安倍元首相のSPが銃撃事件で守れなかった原因は?

衝撃の動画が今SNSで流出しています。

実際にこの動画を載せることが正しいか非常に迷いましたが、SPの方、奈良県警の警視庁の方の必死の行動をお伝えするべくこの動画を載せさせていただきます。

衝撃的な動画なので、実際の銃撃の瞬間を見たくないという方はお控えください。

こちらの動画を見てもSPか警視庁の方かは判断がつきませんが一発目の発砲があってから、SPの方が安倍さんと犯人の前に立ちはだかり、鞄で守っている姿が確認できます。

この銃撃の瞬間の動画を見るとSPも奈良県警の警視庁の方も一発目の発砲で動き出しているのはわかりますね。

あの状況下。

まさかこの平和な日本の、しかも選挙の演説中にこんな衝撃的な事が起こると誰も想像できなかったはずです。

確かに、SPや警視庁の方の仕事と言えばもちろん人を護ることが仕事です。

ただあの1発目で安倍元総理を壇上から引きずり降ろしていたら・・・そう思ってしまう方の気持ちもわかります。

しかし、あの突然の衝撃と共に事件が起きた時、恐怖を顧みず動き、自分の体を盾にして安倍元総理と犯人の間に立ちはだかったという事実は確かであり、必死に守ろうとしていた事実はあったのではないでしょうか。

必死の行動はあった・・・しかしその守りたいという思いは今回は残念ながら届かなかったというのが事実ではないでしょうか。

 

SPと警視庁の警官は何人いた?

実際に発砲された際にSPや警視庁の方は動いている様子がありましたが、実際に安倍晋三元総理を警護していたSPや警視庁の方は何人ほどいたのでしょうか?

ニュースの報道を調べてみると警視庁のSPが1名、そして奈良県警の警察官が20名程で警護に当たっていたようです。

奈良県警の警察官20名の数自体が多いのかと思うと、安倍晋三さんが元総理と考えた時には少し少ない気がします。

演説中の現場には実際に200人程の人が集まっていたということで、そのことを考えても少し少ないように感じます。

そしてもう一つ衝撃だったのはSPが1人であったということです。

元首相の演説です。

元というところはあるにせよ、元首相です。

警視庁のSPがせめてもう少しだけ人数がいてもよかったのではないかなと個人的には思ってしまいました。

SPの方や警察官の方はその時の最善を尽くしましたが、結局は元々の配置する人数が少なかったのではないかというところはあったかもしれません。

また今回の安倍元総理の襲撃事件について、数多くの最新情報を掴みたいという方は掲載媒体数・掲載記事数1位の完全無料アプリスマートニュース』がおすすめです!

CMでも話題のニュースアプリですでに5000万人がダウンロードしています。

会員登録の手間がなく、ダウンロードだけで簡単に見れます。

情報量がとにかく多いのですがニュースが画像付きで一覧になっているので、読みたいニュースが一目でわかります!

他のニュースサイトやアプリには載っていない安倍元総理の事件に関しての最新情報が掲載されると予想されます。

最新情報を漏らさず入手したいという方は完全無料で利用できるアプリなのでぜひダウンロードしてみてください。

掲載記事数No.1の人気ニュースアプリ↓↓ 

スマートニュース ニュースや天気・天気予報、雨雲レーダーも

スマートニュース ニュースや天気・天気予報、雨雲レーダーも

SmartNews, Inc.無料posted withアプリーチ

 

まとめ

こちらの記事では安倍晋三のSPなにしてんの?警視庁も守れなかった原因なぜなのか徹底調査!と題してお送りしました。

今回日本を震撼させた事件。

安倍元総理襲撃事件。

本当にあまりに衝撃の事件にこれは本当に日本で起こっていることなの?と目と耳を疑いたくなり事件が起きてしまいました。

この事件により、残念ながら安倍晋三元総理は亡くなってしまいました。

その事により、さらに今波紋を呼んでいるのが「SPなにしてんの?」と言った声です。

あまりの悲しみからそういった気持ちになってしまう方もいたようです。

また今回警視庁の警官の方もいたとのことで、安倍晋三元総理を守れなかった原因がなぜなのかについて調査してみました。

実際の襲撃された時の動画を見てみると、体を盾にしてSPか警視庁の警官が鞄で発砲を防ごうとしている姿が見られました。

また他の警官と思われる人達も一発目の発砲の後、すぐに動いていた様子が見受けられました。

つまり警護をしようと動いていたのです。

しかし、その行動や思いが届かなかった・・・

そしてSPの人数が少し少ないのではないかとも、事件を振り返って思ってしまいました。

本当に悔しく悲しい事件ですが、もうこういった事件が二度と起こらないようにより警備体制を強化し、考えていくことは必要なのかもしれませんね。