\安心、安全! 2022年のおすすめ VPN は?/
芸能人

安倍晋三の防弾チョッキを銃弾が貫通?散弾銃が即死の原因?

安倍晋三 防弾チョッキ 着てた 銃弾 貫通 理由 なぜ
Pocket

こちらの記事では「安倍晋三の防弾チョッキを銃弾が貫通?散弾銃が即死の原因?」と題してお送りします。

安倍元総理に衝撃的なニュースが入ってきました。

応援演説中の安倍元総理が銃撃されたというのです。

未だかつて日本ではこの様なニュースがなかった分、この安倍晋三元総理襲撃の事件には、今も尚かなりの衝撃が走っています。

そして2022年7月8日18時頃・・・

本当に残念なニュースがさらに入ってきました。

安倍晋三元総理が逝去されたそうです。

なんでこんな事に・・・

日本中が衝撃と驚き、そして悲しみに包まれています。

こんな結果になってしまい本当に残念で仕方ありません。

安倍晋三元総理は防弾チョッキを着ていたのでしょうか?

またもし着ていたのであれば、なぜ銃弾は安倍晋三元総理の防弾チョッキを貫通し、死にまで至らしめてしまったのでしょうか・・・

ニュースでは銃弾が貫通したというニュースも流れており、犯人が使用したと思われる手製の散弾銃が死因の大きな原因になってしまったのでしょうか。

当初、心肺停止状態が続いているとのことでしたが、銃弾が貫通ということであればほぼ即死の可能性もあったのでしょうか・・・

この事件、そして安倍晋三元総理の銃撃事件の真実について調査してみました。

また今回の安倍元総理の襲撃事件について、いち早く最新情報を掴みたい方は、掲載媒体数・掲載記事数1位の無料アプリスマートニュース』がおすすめです!

すでにダウンロード数は5000万人越え!!

  • 完全無料!
  • 会員登録の手間なし!
  • ダウンロードだけで見れる!
  • 最新ニュースの情報がどこよりも多い!
  • ニュース一覧が画像付きでわかりやすい!
  • コンビニやマクドナルドなど人気店のクーポンあり!

情報量は多いのに気になるニュースを一目で見つけることができるのもスマートニュースの特徴です。

今後も安倍元総理の事件の最新情報について、他のニュースサイトやアプリでは見れない情報が多数入ってきます!

とても悲しい事件となってしまいましたが、事件の真相をきちんと知りたい、見届けたいと最新情報を漏らさずに入手したいという方は、無料アプリなのでぜひダウンロードしてみてください。

掲載記事数No.1人気ニュースアプリ!

スマートニュース ニュースや天気・天気予報、雨雲レーダーも

スマートニュース ニュースや天気・天気予報、雨雲レーダーも

SmartNews, Inc.無料posted withアプリーチ

安倍晋三は防弾チョッキを着てた?

防弾チョッキについては調べてみたところ安倍晋三元総理は防弾チョッキを着ていなかったということがわかりました。

元総理で演説を行うということであれば、命の危険性は考えられる範囲だとは思いますが、なぜ防弾チョッキを着ていなかったのでしょうか・・・

確かに今回は首も撃たれてしまっていたということもありましたが、もし安倍晋三さんも防弾チョッキを着ていたら・・・

もしかしたら結果は違っていたのではないでしょうか。。

 

演説者はいつから防弾チョッキを着ていないのか

演説者は防弾チョッキをそもそも着ないものなのでしょうか?

確かにテレビなどの演説で演説者が防弾チョッキを着ているイメージはありません。

男性も女性もスーツや正装で演説している姿で防弾チョッキなどの膨らみがあるなという印象はあまりありません。

そもそも演説の際にはSPがいるイメージはもちろんありますが、スーツの下に防弾チョッキを着ているイメージはあまり日本ではない気がします。

アメリカでもよっぽどのことがない限り演説の際に防弾チョッキを着るということはあまりないようです。

しかし、日本でも実際にこの様に悲惨な事件が起こり、また過去アメリカでも大統領が銃殺されるという事件は起きているわけですから、公の場に出る立場の人の命を万が一のことから守るためにも、やはり防弾チョッキは必要なのではないかと思います。

 

安倍晋三は防弾チョッキを着てたのに銃弾が貫通した理由なぜ?

安倍首相の病状は銃撃で2弾の銃撃を受けてしまいました。

1弾は右頸部に撃たれ、銃創と出血があり、首の銃弾は貫通していたそうです。

もう1弾は左胸に皮下出血と報じられており、実際に銃弾が貫通していたかはわかりません。

しかし、防弾チョッキを着ていなかった事実がわかったというところで安倍晋三元総理は生身の体で銃撃を受けてしまったということになります。

それにより、もしかしたら体内に銃弾が残ってしまっていた可能性もあります。

そしてこの2発の銃弾が安倍晋三元総理を死に至らしめたことは間違いなく、この事が原因で安倍晋三元総理は心肺停止状態で病院に運ばれました。

左胸の皮下出血というところでは、もし防弾チョッキを着ていたら、やはりこの怪我はここまで大きく負うことはなかったのではないでしょうか。

もし、怪我に至っていたとしても死に至る怪我にはならなかったのではないでしょうか。

今SNSでもこの事件がきっかけでSNSで防弾チョッキの重要性が非常に話題に上がっています。

中には「演説する人やSPは必ず防弾チョッキを着て!」「なんで防弾チョッキ着てないんだ・・?」「防弾チョッキを義務化して」という声から、そもそも防弾チョッキが必要な国に日本はなってしまったのか?

そんなに危険な国になってしまったの?と悲しむ声が上がると共に、「防弾チョッキを装着することを促すよりも、着なくてもいい国にしていくべきなのではないか?」という国自体やの治安の問題を提議する声も多く上がっていました。

しかし、実際にこういった事件が起きてしまったという事実がある以上、ここから防弾チョッキなしでの演説を行う世の中にしていくにはかなりの時間がかかるのではないでしょうか。

 

防弾チョッキについてSNSの声は?

やはり防弾チョッキの重要性を問うコメントが多数見られますね。

確かに防弾チョッキなしでの演説は理想ではあります。

そんな国であると100%断言できるのであれば必要はないはずです。

しかし、国をどう大切に思うか。

どうしていくべきかの考えはやはり人それぞれであり、そこに正解や不正解をつけることは非常に難しいのではないでしょうか。

その100%の安全が約束されないのであれば、やはり防弾チョッキは着けて演説を行うべきなのではないかなと個人的には思ってしまいました。

また今回の安倍元総理の襲撃事件について、数多くの最新情報を掴みたいという方は掲載媒体数・掲載記事数1位の完全無料アプリスマートニュース』がおすすめです!

CMでも話題のニュースアプリですでに5000万人がダウンロードしています。

会員登録の手間がなく、ダウンロードだけで簡単に見れます。

情報量がとにかく多いのですがニュースが画像付きで一覧になっているので、読みたいニュースが一目でわかります!

他のニュースサイトやアプリには載っていない安倍元総理の事件に関しての最新情報が掲載されると予想されます。

最新情報を漏らさず入手したいという方は完全無料で利用できるアプリなのでぜひダウンロードしてみてください。

掲載記事数No.1の人気ニュースアプリ↓↓ 

スマートニュース ニュースや天気・天気予報、雨雲レーダーも

スマートニュース ニュースや天気・天気予報、雨雲レーダーも

SmartNews, Inc.無料posted withアプリーチ

 

まとめ

こちらの記事では安倍晋三は防弾チョッキを着てた?銃弾が貫通した理由なぜ?と題してお送りしました。

突然の衝撃的なニュース。

日本の元総理である安倍晋三元総理が銃撃され、亡くなってしまったという悲しい事件が起きてしまいました。

安倍晋三元総理は選挙に関わる演説で奈良市を訪れており、演説開始からたった2分後に銃撃されてしまいました。

銃弾は首と左胸に当たり、それが死因となってしまったようです。

安倍晋三元総理は防弾チョッキを着てたのか調べてみたところ、防弾チョッキは着ていなかったようです。

もし、防弾チョッキを着ていたらこの悲惨な結果はなかったかもしれない・・・とつい考えてしまいます。

安倍晋三元総理は防弾チョッキを着てたとしたらやはり結果は変わっていたのでしょうか?

銃弾が貫通したのかについてはわかっていませんが、左胸は皮下出血を起こした理由がなぜなのかについては防弾チョッキを着ていなかったからということがほぼ明確です。

演説者やSPはこれから防弾チョッキを着て欲しいという、防弾チョッキの義務化がSNSで話題となっています。

ぜひ防弾チョッキの義務化は徹底していただき、もう二度とこの様な事件が起こらないで欲しいですね。