\ 2022年最新☆無料で読める人気漫画アプリは?!/
アニメ

チェンソーマン1期アニメどこまでやる?原作の話数の何話から何話まで全何話かを紹介!

チェンソーマン 一期 アニメ どこまでやる 原作 話数 何話から 何話まで 全何話
Pocket

週刊少年ジャンプにて連載されていたチェンソーマンのアニメの1期が、10月11日より放送されます。

今注目を集めるチェンソーマンのアニメはどこまでやるのか、原作の話数として何話から何話までなのかという気になるポイントを調査しました。

チェンソーマンの1期は原作の全何話までなのか考えていきたいと思います。

チェンソーマンは週刊少年ジャンプにて連載されていた漫画で、10月よりアニメになることが決定しました。

連載終了した現在でも人気が高く、ジャンプのアプリである少年ジャンプ+にて第二部の最新話が更新されています。

ここで気になるのが人気の高いチェンソーマンは、漫画の何話から何話までアニメ化されるのか?

話数やアニメは全何話でどこまでやるのかという所だと思います。

現在の第二部の注目度を加味して、何巻のどこまでアニメになるのか?

気になる情報をお伝えします。

 

チェンソーマン一期アニメどこまでやる?

10月11日24時よりアニメが放送される「チェンソーマン」。

貧乏な少年デンジとチェンソーの悪魔であるポチタとの出会いから、物語はスタートします。

悪魔と戦うデビルハンターが題材のこの漫画ですが、アニメ化に際し漫画のどこまで描かれるのか注目を集めています。

ジャンプ+にて第二部が注目を集めるなか、再びデンジとポチタの壮絶な戦いがアニメで放送されます。

では、アニメでは一体どこまで描かれるのか、その要素についてみていきましょう。

 

アニメは1クール12話

アニメの1クールは12話で、およそ3ヶ月ほどの期間になります。

12話というとあまり多くは感じませんよね。

確かに12話というのは多くはなく、ここに詰め込むことになると一気に話を飛ばさなければいけなくなります。

メインの部分だけをかいつまんで描くことになるため、原作を知っている人にとっては物足りなさが出てきてしますと思われます。

チェンソーマンの設定は悪魔とデビルハンターの戦いとわかりやすいですが、そこに色んな事件や事情が絡んでくるためかなり複雑に感じる部分があるかも知れません。

なので、話を飛ばしてしまうと内容への理解が追いつかない人が多く出てしまいます。

1クール12話での完結を目指すのであれば、そこまで後半のストーリーにはいかないと予想します。

 

話の区切りが良い所はどこ?

アニメやストーリー性のあるものを始める時、必ず終わりについても考えることになると思います。

この時中途半端に切り上げたり、話を飛ばしてしまうと、今まで面白かったのにとガッカリしてしまいますよね。

また最後の印象であまり良い評価がされにくくなります。

なので、キリのよく終われる所で終わるように描かれるはずです。

また今回のように漫画の第二期が注目を集めている場合、そこまでアニメ化するのではないかと期待も大きくなりますよね。

しかし、今回は12話というのが濃厚なため、序盤の大きな話まで描かれると予想します。

 

2期はあるのか?

今回のチェンソーマンのアニメは1クールまでと予想していますが、漫画の話はまだまだありますし、第二部もあります。

そこで考えられるのは、1期目で反応を見て2期目をやるか。

または、2クール通しで半年間やるかになります。

今回のような期待が大きく注目度も高い漫画となれば、全話をアニメで見たいファンは多くいることになります。

なので今回は、アニメ2クール全24話でやるのではないかと予想します。

理由としては、やはり今注目を集めているので一気にやるのではないかと思います。

また第二部もあるので、続編も可能という所で2クールなのではないかと予想しました。

また2クール目のED楽曲によっては、サプライズ発表があるのかも知れないと期待しています。

 

チェンソーマン1期アニメは原作の話数で何話から何話までの全何話?

では、実際に今回放送されるチェンソーマンのアニメは、漫画のどこからどこまで描かれるのか予想してみたいと思います。

そもそもチェンソーマンは漫画では、全部で何話まであったのか気になりますよね!

チェンソーマンの漫画は全97話、巻数でいうと11巻になります。

実は100話いってないんですね。

短くも感じますが、色んな編がありスピード感もあって、かなりハラハラな展開になっています。

今回のアニメでは、全97話の中でおそらく70話まで描かれるのではないかと予想します。

2クールある場合を加味して、展開的にも良いということでの予想です。

しかし今回、かなり多くのファンがどこまであるのか考察していました。

なので、その根拠も含めてご紹介します。

 

5巻38話サムライソード編まで

一番予想が多かったのが、5巻38話の「サムライソード編」でした。

これは1クールで終了することを前提としての予想になっています。

12話で38話分を描くので、約3倍速にはなりますが、長さ的にも展開的にも一番キリが良い所だと思います。

また、今回の宣伝PVで登場する敵は、この「サムライソード編」で全て決着が着くということで、1番根拠のある予想になっています。

1クール放送のみであればかなり可能性の高い予想ですよね!

 

8巻70話サンタクロース編まで

先ほどもお伝えした通り、この70話もかなり可能性の高いものになります。

今回は先ほどとは違う、2クールあった場合での予想です。

理由としては、おおよそ1クール目の倍になりますし、ここも話としてキリのいいところになります。

また残りの27話に関しては、盛り上がる展開になるので劇場版の可能性もあるのではないかという予想もあり、期待が膨らむところになります。

2クールあった場合、そして映画化された場合は鬼滅の刃のように大人気になるかもしれません。

しかし、問題としてはチェンソーマンの描写に関する点です。

チェンソーマンはかなり直接的な攻撃の描写があり、子供たちへの影響を加味しての24時放送だと考えています。

しかし、ここで劇場版にしてしまえば多くの子供の目に止まる可能性も十分にあります。

なので慎重に展開を考えていく必要があると思われます。

とはいえ、進撃の巨人や鬼滅の刃も直接的なシーンが多かったため、あまり気にする所ではないのかもしれません。

 

11巻97話支配の悪魔編まで

11巻97話まで。

つまり最初から最後までということですね。

しかしこれに関しては、ほぼないと思われます。

この予想も2クール前提になりますが、24話の中にほぼ4倍を詰め込むのは、なかなかないと思われます。

大事なシーンがカットされてしまったり、注目シーンの展開が予想以上に早く終わったりと、視聴者やファンをガッカリさせることが多くなりそうです。

先ほどもお伝えした通り、チェンソーマンは後半につれてかなり複雑に感じるように思います。

なので、詰め詰めでの製作は、ほぼないのではないかと思われます。

 

まとめ

今回は、チェンソーマンの一期のアニメは、原作の何話から何話まで?

話数や一期のアニメは全何話でどこまでやるのか?

という気になる情報をお伝えしました。

チェンソーマンのアニメはまだ始まっていませんが、現在ジャンプ+にて第二部の人気がかなり注目度を集めているのでアニメもヒットすると予想されています。

原作のどこまでやるのかについて、ファンは期待が膨らんでいると思います。

アニメが全何話で、漫画の何話から何話までのか?

話数を知ることにより、原作を一度読み返し、より楽しみにアニメを待つことができると思います。

今回アニメ化される部分に関しては、すでに完結しているため、内容の考察はあまりありませんでしたが、このように楽しみに待ちわびている人が多くいます。

2期や2クール目突入の可能性もかなりあるので、今後も注目していきましょう。