※本サイトは、商品プロモーションが含まれています。

ディストピア〜移住先は不貞の島でした

ディストピア移住先は不貞の島でしたネタバレ6巻!愛梨の過去の話になり根度羅島の風習が明かされる!

Pocket

電子書籍サイトで新たに連載開始されてから、広告などで一瞬で話題になった漫画、「ディストピア移住先は不貞の島でした」。

この漫画を無料で読む方法を探している方に朗報です!

こちらのブログでは、「ディストピア移住先は不貞の島でした」の6巻の内容をネタバレ公開しています!

前回の「ディストピア移住先は不貞の島でした」では、ちゃんちゃん祭りの生贄の儀式を止めてしまったことで、島民に追いかけられることになった颯太と愛梨。

颯太が目を覚まして、謎の部屋に連れてこられているところからスタートしました。

その場所は裁判所のような造りになっていて、突然島に伝わっている「根度羅裁判」が始まります。

被告は2人で一人が颯太で、もう1人はなぜか香葉子となっており、罪状を宣言された香葉子は、自分の夫である町長に殺害されてしまいました…。

次は颯太の番となったところで現れたのは颯太の妻の愛梨です!

颯太の証人として表れた衝撃の事実とともに、今回の6巻ではどのような展開が繰り広げられていくのでしょうか?

「ディストピア移住先は不貞の島でした」の6巻のネタバレ内容を見ていきましょう!

 

Contents

ディストピア移住先は不貞の島でしたネタバレ6巻!

ディストピア移住先は不貞の島でしたの6巻ですが、危機的状況にある颯太の証人として表れた愛梨が何を語るのかが気になりますね。

前回のディストピア移住先は不貞の島でしたのラストでは、愛梨がまさかの根度羅島出身である衝撃の事実を告げて終わってしまいました。

今度は裁判にて颯太が罪状を宣言される番になるでしょう。

この裁判で一体成瀬家はどうなってしまうのか?

颯太と愛梨は無事にこの局面を乗り越えることができるのでしょうか?

それでは「ディストピア移住先は不貞の島でした」の6巻のネタバレを公開していきます!

下記項目から、「ディストピア移住先は不貞の島でした」の6巻の内容をネタバレしているため、ネタバレなしで漫画を見たい人はご注意ください!!

 

ディストピア移住先は不貞の島でしたネタバレ6巻のあらすじ:根度羅島の女性の使命

「ディストピア移住先は不貞の島でした」の6巻は、愛梨の過去話から開始しました。

今から十年ほど前の話のようです。

根度羅島で生まれた女性は18歳になるとある場所に集められ、使命を言い渡されることになっています。

薄暗い場所には愛梨以外にも女性が集まっており、部屋は女性で埋め尽くされています。

そして、かなりの高齢と予想される人物・長老が部屋の奥に控えていて、「本土へ出向くときじゃ!」と声高らかに話し始め、使命を伝えます。

島の女性は18歳になると根度羅島を出て本土へ向かい、子供を作り夫とともに島に戻ってくる、これが使命のようです。

その際選べ樹男性はこと細やかに決められているようで、下記のような基準を満たす男性が好ましいようです。

  • 優秀な生殖能力を持っていて知性もすぐれていること
  • どんなことがあっても一生愛し続けられる男性であること

この条件を満たした男性はなんと島中の女性と性行為をさせられ、時期に町長となる男性となるようです!

この根度羅島では、18歳の女性が外部から男性を連れ帰ることが絶対的な使命のようですね。

 

ディストピア移住先は不貞の島でしたネタバレ6巻のあらすじ:使命通りに本土へ向かう愛梨

そして、長老の宣言どおり、根度羅島を出て本土・東京へ向かったようです。

東京の大学に入学した愛梨は島に連れ帰れる男性の条件を改めてメモに書き出しています。

  • 高い知性を持っていること
  • 子供を大切にできること
  • 相手の年齢を問わず欲情できること
  • 余計な詮索をしないこと
  • 性欲が十分にあること

書き出していて何も感じなかったのか?といった内容ですが、愛梨たち根度羅の女性はいたって真剣なのでしょう。

そして愛梨は大学にいる男性を見定めに入るも、根度羅島の長老から指定されているような優秀な男性はなかなか見つかりませんでした。

愛梨はめげずに大学を卒業してからは大手の広告代理店へ就職。

そしてその広告代理店で今作主人公と愛梨はついに出会うことになります!

 

ディストピア移住先は不貞の島でしたネタバレ6巻のあらすじ:大手広告会社で出会ったのが颯太だった!

入社した広告代理店先で、愛梨はと颯太出会います。

仕事の打ち合わせの時、近くにいた子供をあやす優しい颯太の様子を目の当たりにし、愛梨は惹かれていきました。

後の男女の関係になるも島の条件をどんどん満たしていく颯太をみて、愛梨は結婚を決めることになります。

夫婦となったことで、颯太は愛梨の両親に挨拶をしたいと申し出てきました。

 

ディストピア移住先は不貞の島でしたネタバレ6巻のあらすじ:両親の詳細を語れない愛梨

根度羅島の詳細や仕組みを簡単には話すことができず、話を切り出すことを渋っている愛梨。

そこで根度羅島の名前を出せない愛梨は「両親とは仲が悪い」という設定でその場を切り抜けました。

そしてさらにそこから時が流れ娘の真凛が生まれます。

そして娘が生まれてからというもの、性行為を要求してこなくなった颯太をみて愛梨は恐怖を感じます…。

しかし、愛梨はそのあとにあることがきっかけになり颯太のスマホの中を見ることになります。

夫の颯太のスマホの中に一体何があったのでしょうか…?

 

ディストピア移住先は不貞の島でしたネタバレ6巻のあらすじ:広報チームに抜擢されたのはうそだった

夫のスマホの中を覗き見ることになってから、愛梨の考えは変わります。

そして彼女はあることを決意しました。

それが「根度羅島への移住計画」だったのです!

愛梨が根度羅島に颯太を連れてきたのは、広告代理店で新しい仕事のチームに抜擢されたからではなく、島のおきてを守るための計画だったのですね。

しかも、愛梨はこの移住計画を遂行するにあたり、会社を辞めているようです!

また、颯太には内緒で根度羅島に到着するまでに、町長の門脇と何度も連絡を取っていたことも発覚しました。

それから時は戻り根度羅島にやってきた成瀬家を待ち受けるのは数々の不気味な島の習慣だった、ということだったようです。

 

ディストピア移住先は不貞の島でしたネタバレ6巻のあらすじ:香葉子を拒否した颯太に待つのは死!

颯太は根度羅島に連れてこられたことによって、島のおきてを守るべき島民の1人となってしまうのです。

それは、島の外部からやってきた男性は島内の女性と性行為を行い、優秀な子孫をたくさん残すことです。

そして、それは自分の妻以外の島すべての女性もカウントされています!

島の長老の話では、根度羅島すべての女性とそういった関係になるようですから、根度羅島の香葉子ともあの場面で関係を持たなければならなかった、ということになります。

香葉子との性行為を拒否した颯太のことを愛梨は知っており、愛梨も香葉子もこの先に待ち受けることに恐怖を感じている様子です。

島のおきてを破るものには、死刑が待っているのですから…。

場面は裁判所のシーンに戻り、夫である颯太が殺されてしまう前に、すべてを打ち明けてでも彼の証人として、愛梨はこの場に現れたようです。

また、夫を助けるためにこの裁判の開廷を申し出たのも彼女の様でした!

島で最も破ってはならないルールを破ってしまった颯太を、愛梨はどんな手段で守るのか…?

 

ディストピア移住先は不貞の島でしたネタバレ6巻のあらすじの感想

今回の「ディストピア移住先は不貞の島でした」は愛梨の過去話で、根度羅島の女性が守らないといけない風習が1つ明かされることになりましたね。

島の18歳の女性たちが、外部から男性を引き入れることで、島の中は閉鎖的でも18歳の若き女性たちが外部から男性を調達してくるというわけだったようですね。

島の風習が1つ明らかになりました!

しかし、島の外から連れてこられた男性はいずれ町長として選ばれるため、島中の女性と…、というのはちょっと本当に考えられないです。

また、愛梨は一体どうやってこの辛い局面を乗り越えるのでしょうか?

実際罪を宣言されるも、何も反抗もせずに死を選んだ香葉子も、島で育ったため掟に従うことを選んだようでした。

一方颯太は根度羅島出身ではないため、何か助かる方法があるのでしょうか?

今後愛梨が一体どのような手段を用いて夫を助けるのか、また愛梨は本当に島の風習によって颯太を選んだのか、1人の女性として選んだのか、どちらなのかという点も気になるところですね。

次回も「ディストピア移住先は不貞の島でした」がどのような話になるのか、続きが気になります!

ディストピア移住先は不貞の島でした7巻のネタバレはこちら>>

 

ディストピア移住先は不貞の島でしたネタバレ6巻の考察!

ディストピア移住先は不貞の島でしたネタバレ6巻!

ここにきてようやく「ディストピア移住先は不貞の島でした」の作中で見られる謎多き風習の1つが明らかになりましたね!

なぜあのように過激な風習が根付いているのか、すべては長老や町長が定めた18歳の女性を島の外へ送り…、という所から始まっているようですね。

中には島の眼鏡の学生のように、島の中で好きな男性がいて…、という人もいたでしょうに、長老たちが定めている掟が島ではすべてなのでしょう。

ここで島のことが明かされるほど恐怖が募っていく6巻の考察をまとめていきます!

下記項目から考察をまとめてますので、ぜひご覧ください!

 

ディストピア移住先は不貞の島でしたネタバレ6巻の考察:島では個人の感情で伴侶を決められない

根度羅島の住民である女性たちは、たとえ島での生活中に好きな男性を見つけてしまっても、18歳になれば必ず島をでて、島にふさわしい男性を探しに行かなければならないようです。

18歳の女性が集められている中で、1人だけ島のおそらく同年代の男性だと思われるのですが、幼馴染の男性と結婚願望があるという女性がいましたよね。

しかしその女性は長老の逆鱗に触れ、改めて島で行われている掟を説明しなおしていました。

つまるところ、18歳の女性に命じられる掟が島ではすべてであり、たとえ掟を知らずに島の男性と恋仲になったとしても、島の外に出ていき外で夫を見つける必要があるということなのでしょうか?

しかも、優秀な生殖能力や高い知性が求められているため、根度羅島の女性たちは自分がれっきとした恋愛感情を持った相手と結ばれる確率はかなり低いでしょう…。

 

ディストピア移住先は不貞の島でしたネタバレ6巻の考察:根度羅島の血とは?

そういえば、根度羅島の長老は島の中で好きな男性ができてしまったと声を上げた眼鏡の女性を叱った際に、あるセリフをしゃべっていましたよね。

「根度羅の血を絶やすつもりか!!」というセリフです。

ここが個人的には気になっていまして、こんな恐ろしい掟を制定してまで、どうしてここまで島の血を絶やさないことに尽力しているのか、という点についてです。

これは、過去に島で大パンデミックが起きたとか、もしくは島の内部で抗争が起きてしまい島民が激減したなどの、根度羅島の島民の血が絶えてしまいそうな事件があったということではないでしょうか?

ただの島の外の男性を連れて帰るのなら簡単ですが、そこには厳しい条件が付けられており、かなり優秀な男性を連れ帰ることを厳重注意していました。

長い期間をかけ、今の状態にまで落ち着いたという線はありそうですよね。

 

ディストピア移住先は不貞の島でしたネタバレ6巻の考察:愛梨は颯太を本当に愛しているのか?

個人的に一番気になっているのは、愛梨が夫である颯太をどのように思っているのか、です。

掟の一環として颯太を選んだのか、1人の女性として恋をした男性として颯太を選んだのか…、という点ですね。

これが前者であれば、助けに来た理由がますますわかりませんが、後者であれば愛梨が決死の思いで裁判所に登場し助けに来たふうふのきずなが見えるシーンになります。

が、この作品はそうハートフルなエンディングに向かうような展開はないでしょう!

今後愛梨が颯太をどう思っているのかがわかるようなシーンが描かれることがあるかもしれません。

 

ディストピア移住先は不貞の島でしたネタバレ6巻の考察:島の外に出た女性と町長のつながり

根度羅島では18歳になった女性は島を飛び出し、優秀な遺伝子を残せる稀有な男性を探し求め島に連れ帰る…。

このミッションを与えられている女性たちは、常に町長と連絡を取り合っているのでしょうか?

この島の外に出た根度羅島の女性たちと町長が連絡をする理由ですが、おそらく逃げる可能性を考慮して連絡を綿密に行うように義務付けているのではと考察しています。

島の外に出てしまった女性たちが、そのまま島に帰ってこないことも考えられるのですが、町長が逃げないように連絡を取り合っていたようですね。

愛梨もそれで町長と連絡を取り、男性ハントの進捗を報告していたのでしょう。

 

ディストピア移住先は不貞の島でしたネタバレ6巻のまとめ

ディストピア移住先は不貞の島でしたネタバレ6巻!

今回は「ディストピア移住先は不貞の島でした」の6巻のネタバレを大公開させていただきました!!

いかがだったでしょうか?

「ディストピア移住先は不貞の島でした」の6巻では、愛梨が島を出て颯太といかにしてであったのかということが判明し、根度羅島の18歳の女性に課される掟の内容が判明しました。

選ばれるべき男性は、知的でありかつ遺伝子を残す力が強い男性という点が一番大事なようですが、優秀な血を根度羅島の島民の血で永らえさせるのが目的かと思われます。

「ディストピア移住先は不貞の島でした」の過去の回でも行われていたえげつない風習などが行われていた理由が少しずつ判明してきましたね。

次回はいよいよ愛梨が町長を説得する回になりそうですが、愛梨はどうやって颯太を助けることになるのか、次で明らかになりそうです!

「ディストピア移住先は不貞の島でしたネタバレ6巻!愛梨の過去の話になり根度羅島の風習が明かされる!」の記事を読んでいただき、ありがとうございました。

\無料で漫画が読める人気アプリ!/

今多くの漫画ファンから人気の『マンガBANG!』

人気の理由は【多くの作品を無料で読めるから!】

数多くある漫画アプリの中でもマンガBANGは

●登録一切不要
●無料ダウンロードだけすぐに読める
●ジャンルが幅広い
●試し読みではなくたくさん読める

漫画好きからは絶大な人気を誇る漫画アプリ☆

まだダウンロードしていない人はあなたが読みたかった漫画が無料で読めるかも!?

ダウンロードですぐに読めるので、ぜひあなたの読みたかった漫画を検索してみてくださいね♪

簡単無料ダウンロードはこちら>>

error: このコンテンツのコピーは禁止されています