エンタメ

箱根駅伝2022平塚中継所の通過時間は何時?往路と復路をそれぞれ紹介!

箱根駅伝 2022 都内 交通規制 いつからいつまで
Pocket

こちらの記事では「箱根駅伝2022平塚中継所の通過時間は何時?往路と復路をそれぞれ紹介!」と題してお送りします。

毎年、年始のお楽しみと言えばこれを楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?

そう!

年始と言えば箱根駅伝ですよね!

今年もその日がやってきました!

そしてテレビの前で毎年応援という方もいれば、直接沿道の応援に行かれる方も多い箱根駅伝。

今回こちらの記事ではそんな沿道の応援に行かれる方に平塚中継所の通過時間についてご紹介していこうと思います。

せっかく応援に行くなら、実際に目の前で選手たちが走っている姿を見たいですよね。

でもさすがに年明けの1月ずっと外で待つのはなかなか寒くて大変だと思うので、ぜひこちらで通過時間を確認していただき、選手たちがちょうど平塚を通過する時間を確認して応援してみてくださいね!

往路・復路の通過時間をそれぞれご紹介していきます!

 

箱根駅伝2022平塚中継所の通過時間は何時?

箱根駅伝2022年の平塚休憩所の通過時間が何時頃になるのかについて簡単にご説明します!

これまでの箱根駅伝の傾向を見ての平塚休憩所の通過時間になります。

それがこちらです。

1日目 往路(3区/4区)→11:10頃

2日目 復路(7区/8区)→10:00頃

毎年の傾向からこれくらいの時間に平塚を通過していることがわかっています。

なぜこの様な時間になるかは次の章で詳しく説明しています!

 

箱根駅伝2022平塚中継所の通過時間・往路は?

往路の平塚中継所で見ることのできるのは第3区と第4区の選手です。

3区では戸塚中継所~平塚中継所までを走ります。

そして4区の選手が平塚中継所~小田原中継所までを走ります。

それぞれの区間は3区が21.4㎞。

4区が20.9㎞。

つまり、平塚中継所で選手のたすきを渡す姿を見るとなると3区の選手が何時頃に到達するのかを知っておけばOKということです。

ちなみにこれまでの区間記録は昨年2020年の東京国際大学のイエゴンヴィンセント キベット選手の打ち出した0:59:25。

これまで1時間を切るということは3区ではなかったのですが驚異の結果を打ち出しました。

そしてその前の2019年箱根駅伝では青山学院大学の森田歩希選手が1:01:26のタイム。

2018年は東洋大学の山本修二選手の1:02:17のタイムで1位通過しています。

年々最高新記録が出ているものの、3区の終わりの方はなかなか坂道が激しい区間となっているので、選手によって時間のズレがありますね。

そして往路のここ最近の3区の平塚中継所、到達時間がこちらです。

※1区からスタートして3区に到達するまでの時間

2017年 3:14:59
2018年 3:11:51
2019年 3:12:37
2020年 3:08:45
2021年 3:12:40

往路がスタートする8時から約3時間10分後頃には平塚中継所に到達しているということですね!

なので平塚中継所の往路1日目、平塚中継所辺りで沿道応援したい方は30分前頃の10:40頃に行けば1列目でタスキを渡すところを見られる可能性が高いです。

ただこの時期は寒いでのとりあえず見られればOKという方は11時少し前に行くのがいいのではないでしょうか。

 

箱根駅伝2022平塚中継所の通過時間・復路は?

次に復路についてご紹介しますね。

復路の選手で平塚休憩所で見られるのは7区と8区を走る選手です。

7区の選手は小田原中継所~平塚中継所までを走ります。

そして8区の選手平塚中継所~戸塚中継所までを走ります。

それぞれの区間は7区が21.3㎞。

4区が21.4㎞の距離になります。

復路での平塚中継所においてたすきを渡す瞬間を目撃するには7区の選手の平塚中継所の到達時間を知っておきましょう。

ちなみに過去の7区の区間最高記録は2020年明治大学の阿部弘輝選手の打ち立てた1時間1分40秒が最高新記録です。

また昨年2021年の7区1位の記録は1時間3分10秒。

2019年は1時間2分18秒。

2018年は1時間2分17秒。

平均すると7区での1位通過の選手は約1時間2分~3分の時間に次の8区にたすきを繋げているということですね。。

そして気になる復路7区の平塚中継所、到達時間がこちらです。

※1位のチームが6区をスタートし、初めに7区に1位で到達したチームの最短所要時間

2017年 2:02:43
2018年 2:00:18
2019年 2:00:15
2020年 1:58:57
2021年 2:00:46

年毎によって多少の時間の差hありますが、復路がスタートして約2時間後には平塚中継所に到達していることがわかります。

ということはやはり8時からスタートの約2時間後の10時頃には平塚休憩所に最初のチームが入ってくるということですね。

復路での沿道応援で平塚中継所付近での応援を考えている方は10時頃に選手たちがやって来るので10時まえの9:30頃に平塚中継所に行くと1列目で選手たちを見ることができるでしょう。

1列目でなくても大丈夫という方は9:50頃に行けばたすきを渡す瞬間を見ることができますよ!

 

まとめ

「箱根駅伝2022平塚中継所の通過時間は何時?往路と復路をそれぞれ紹介!」と題してお送りしました。

2022年の箱根駅伝において、平塚中継所付近での沿道応援に行かれる方に通過時間は何時頃になるのかお伝えさせていただきました。

調べたところ往路1日目は11:10頃、復路の2日目は10:00頃に選手たちが平塚中継所を通過する予定になっています。

また1列目でぜひたすきを渡す選手たちの姿が見たいという方は、その時間の30分前には行くと見られるのではないかと思います。

年に一度の大きな駅伝の大会。

せっかくであれば直接応援したいという方もいますよね。

そんな方はぜひこちらのサイトを参考にして選手たちを応援しに行ってくださいね。