スポーツ

稲葉監督の顔のあざの原因は?消えた理由についても調査!

稲葉監督の顔のあざの原因は?消えた理由についても調査!
Pocket

「稲葉監督の顔のあざの原因は?消えた理由についても調査!」と題してお送りしていきます。

今現在野球日本代表の監督を務められている稲葉監督。

オリンピックでも大活躍で見事に決勝に駒を進めることができましたね!

これも選手はもちろんですがやはり監督の力も大きいのではないでしょうか。

そんな稲葉監督ですがよく顔を見てみると少し気になることがありますね。

向かって左、稲葉監督の右頬には何か少し気になるあざの様なものが見えるのです。

私は正直最初ちょっと髭が濃い目の人なのかな?

それか昔に怪我しちゃったのかな?なんて思っていたのですが、どうやらこれはあざのようです。

ではこのあざの原因は一体何なのでしょうか?

また最近ではその稲葉監督の顔のあざが消えたのでは!?という噂があるのでその消えた理由についても調査してみました。

 

稲葉監督の顔のあざの原因は?

この稲葉監督の顔のあざですが調べてみるとやはり髭が濃いわけではなくあざでした。

そしてその原因は実は病気のようです。

このあざの原因である病気は『太田母斑(おおたぼはん)』という病気で主に頬や額、目の周りなど左右どちらかに偏って褐色の斑(あざ)が集まって出来るのが太田母斑といわれるあざです。

色味は青~黒と人によって違い、多くが成人以降に発症するようですが稀に生まれつき赤ちゃんの頃からある人もいるようです。

その発症原因については解明されておらず、発症の確率は日本で1000人に1人か2人となっていますが特にあざがあることでの体への悪影響はありません。

しかし自然に治ることはないので、太田母斑を発症した人はレーザーでの治療を勧められます。

それにしても太田母斑ってちょっと面白い病気の名前ですよね。

調べてみたところこの病気を最初に発見した太田正雄先生の名前からこの病名がついたそうです。

話は戻りますがやはり稲葉監督のあざは髭が濃かったり、ケガなどではなく、太田母斑という病気だったのですね。

 

稲葉監督の顔のあざが消えた理由は?

稲葉監督の顔のあざの原因は?消えた理由についても調査!

この稲葉監督の太田母斑と言われる病気のあざですが、実は最近あざが消えたのではないか?という噂が上がっていました。

確かにレーザーでの治療は可能になっていますからね。

もしかしたら治療をされて消えた可能性も十分あります。

稲葉監督のあざは本当に噂通り消えているのでしょうか?

最近の画像で確認してみましょう。

この画像を見る限りあざは以前と変わらない様な気がしますね。

でもこんな画像も見つけました!

これを見る限り、確かに消えてはいないものの少し薄くなっている気はします。

しかし、ここ最近の画像ではやはりしっかり「あざ」とわかるものは映っているので消えたというわけではないようです。

これは恐らくテレビ等に出演する際には多少メイクが入りますので、そのメイクの具合やスタジオの照明の当たり具合によって薄く見えただけのようです。

メイクをすればもちろん多少薄くはなりますからね。

恐らくこのメイクも稲葉監督の意志ではなく、テレビ出演において自然な流れでメイクをすることになり、薄く見えたのではないでしょうか。

 

稲葉監督の顔のあざを治さない理由

先ほど、稲葉監督のあざは太田母斑という病気であることをお伝えしたのですが、そこで一つ疑問が浮かびました。

太田母斑はレーザーで治る病気です。

でもレーザー治療が出来るのになぜ稲葉監督はあざの治療をしないのでしょうか?

あれだけ活躍された方ですから、まさかお金がかかるからなんてことはないでしょうし・・・

稲葉監督がなぜこのあざの治療をしないのか気になったので調べてみました。

すると、このあざに関して稲葉監督は『敢えて治さない理由』がしっかりあるそうなんです。

その理由がとても素敵だったので紹介したいと思います。

理由の一つとしては『お母さんが産んでくれた体だから』。

お母さんが自分を産み、与えてくれた体そのままの自分に自信を持って堂々と生きたい、感謝したいという思いがあるそうです。

こんな事を思ってくれたらお母さんとしてはすごく嬉しいですよね。

もしかしたら「ごめんね」と思ってしまっていたお母さんの気持ちを「自分の印」「自分らしさ」という思いに切り替えてくれたのではないでしょうか。

またもう一つ理由があります。

それは『同じ境遇で苦しんでいる人にも自信を持って生きて欲しい。』という思いがあったそうです。

確かに、もし同じ病気を発症してコンプレックスに感じている人がいたとしても、これだけ活躍されている稲葉監督が同じ病気で堂々とされていたらなんだか誇らしい気持ちにもなれますよね。

この病気であったとしても決して恥ずかしいことではない、胸を張って堂々と生きて欲しいと、自分が良くなることを考えるのではなく、同じ境遇の人を思ったこの決断にはなんだか胸が熱くなりますね。

これらの理由から稲葉監督は太田母斑を敢えて治さないと決めているようですが、本当に人を思う気持ちがとても強い温かい稲葉監督の人柄がわかりますね。

こういう人の思いを考えられる人だからこそきっと侍ジャパンの監督が務まるんだなとすごく納得できるエピソードでした。

 

まとめ

「稲葉監督の顔のあざの原因は?消えた理由についても調査!」と題してお送りしてきました!

今回は野球の日本代表、侍ジャパンの監督を務めている稲葉監督の顔のあざの原因について詳しく調べてみましたが、そのあざは病気の『太田母斑』というものによるものということがわかりました。

そして、そのあざが消えたのではないか?という噂についても画像で確認したところ、消えてはおらず、番組出演の際のメイクやスタジオ照明の影響で薄く見えただけということがわかりました。

また稲葉監督が敢えてこのあざを治療せずに残している理由についても調べてみると、自分のお母さんを思う気持ち、そして同じ病気で苦しんでいる人を思う気持ちからこういった決断をされていて本当に器の大きい方なんだなぁと感じましたね。

この病気に対して稲葉監督が向き合い考え、そして出した結論が本当に素晴らしいなと思います。

決してこの病気をマイナスに捉えていることはなく、自分の一部として堂々とされていて、そういった病気で悩んでいる人に勇気や元気や自信を与えたいと思っている稲葉監督は本当に野球日本代表の監督として誇らしいですね!

ネット上では「消えた?治療したのかな?」という声も上がっていましたが、自分のことではなく、人を思っての決断されたことなので、恐らくこれからも稲葉監督はこのあざを敢えて消そうと思うことはないのではないでしょうか。