※本サイトは、商品プロモーションが含まれています。

アニメ

怪獣8号アニメのキャラデザを比較!作画崩壊でひどいと炎上?

怪獣8号アニメのキャラデザを比較!誰が描いてるのかも調査!
Pocket

今回は怪獣8号のキャラデザをアニメと漫画で比較し、アニメのキャラデザは誰が描いているのかも調査しました。

いよいよ怪獣8号が2024年の4月からアニメが始まり、原作を読んでいる人やPVを見て、興味をそそられた人もたくさんいるのではないでしょうか?

元々、Webコミックからスタートした作品ですが、その頃から爆発的な人気になり、単行本1巻が発売されると、1か月経つことなく、同じ年の単行本売り上げがトップでした。

中々、ありそうでなかった舞台設定と、濃いキャラクターの面々、そしてバトルがとても熱い作品になっており、見る人を惹き付けます。

また、主人公やその仲間たちの成長していく姿が、王道の少年漫画ではあるのですが、その成長する姿が、危なっかしく、いつもハラハラします。

そんな待ちに待った怪獣8号がいよいよアニメ化するということで、また眠れない日がやってきそうで、今から心待ちにしています。

気になるキャラデザは誰が担当しているのか、非常に気になるところですので、お伝えできればと思います。

 

怪獣8号アニメのキャラデザを比較!

2024年4月にアニメが放送決定したと同時にキャラデザも公開され、心待ちにしていたファンをザワつかせる出来事が起こりました。

それが、原作とアニメのキャラデザが違いすぎるのではないかということで、特にこの作品のキモでもある、日比野カフカの怪獣体が話題になっています。

ここでは、一部のキャラクターたちのキャラデザを比較し、個人的な感想を述べていきたいと思います。

 

怪獣8号アニメのキャラデザ比較:日比野カフカ

まずは今作の主人公である日比野カフカです。

見た目は冴えない中年男の印象が強いですが、内に秘めている信念や仲間のために捨て身でぶつかっていくカッコイイキャラです。

漫画では、普段の冴えない感じと、熱くなる姿のギャップが素晴らしいのですが、アニメのキャラデザは本当にカフカなのか?と感じるものでした。

というのもノッペリしすぎているのと、やたら線が細く見え、強そうな感じがしないですし、怪獣バージョンもあまり強そうに見えません。

動くと変わってくるのでしょうが、第一印象は不安を感じずにはいられませんでした。

 

怪獣8号アニメのキャラデザ比較:亜白ミナ

ヒロイン的ポジションであり、カフカの幼馴染で、小さいころにミナと一緒に怪獣を倒す約束を果たし、今や今作品の中でもトップクラスの力を持つ女性に変身しました。

そんなミナのキャラデザを見てみると、やはりこちらも不安を隠しきれません。

ミナの一番のポイントは目の鋭さで、相手を睨んだだけでも倒せそうな迫力がストロングポイントなのですが、アニメでは目の鋭さが消え、いたって普通の女の子の印象があります。

カフカ同様に一抹の不安を感じずにはいられませんでした。

 

怪獣8号アニメのキャラデザ比較:保科宗四郎

最も原作とのギャップがあるのが、保科宗四郎でした。

彼は、亜白隊の副隊長であり、近接戦闘のスペシャリストで、作中でも、接近戦で彼に勝てそうな人間が見当たりません。

普段は温厚で、ふざけているキャラですが、誰よりも隊の仲間のことを想っている熱いキャラクターでもあり、戦闘ではカッコいい姿を披露してくれます。

ただアニメのキャラデザを見た時、「異議アリ!」と思わず叫びたくなるようなデザインでした。

一言でいうと、笑っている子供の印象で、全然強そうじゃありません。

保科は普段でも、笑っていることが多いのですが、笑っている中でも、節々にカッコよさが滲み出ているキャラクターですので、アニメはかけ離れている印象を受けました。

 

怪獣8号アニメのキャラデザ作画崩壊でひどいと炎上?

現在執筆中です!

 

怪獣8号アニメのキャラデザは誰が描いてる?

いろいろ不安を列挙しましたが、気になるキャラデザは誰が描いているのでしょうか?

キャラクターデザインの総作画監督が西尾鉄也氏、怪獣デザインは前田直宏氏と日本を代表する人物によって命を吹き込まれるようです。

さらに、デザイン&ワークスはスタジオカラー、アニメーション制作はProdctionI.Gというこことで、こちらもかなりの顔ぶれです。

それでは詳しく見ていきましょう。

 

怪獣8号アニメ・キャラデザ総作画監督:西尾鉄也

キャラデザ総作画監督として抜擢されたのが西尾鉄也氏で、代表作品には「NARUTO」や「攻殻機動隊」等があり、どちらも日本を代表するアニメですよね。

ただし、たまに作画崩壊を起こすことで有名で、NARUTOはそれが顕著に表れる回もありました。

とはいえ、日本を代表する人物ですので、途中でテコ入れもすると思いますから、そこまで心配する必要はないと思います。

 

怪獣8号アニメ怪獣デザイン&ワークス:スタジオカラー

スタジオカラーと言えば、「シン・ゴジラ」や「劇場版エヴァンゲリオン」でもお馴染みの製作会社ですし、その他多くの作品を手掛け、特に怪獣物にはめっぽう強い会社です。

劇場でのゴジラやエヴァの動きは臨場感も迫力も素晴らしく、圧倒された思い出がありますので、この製作会社を選んだということは天下を獲りに来たと見て間違いないでしょう。

怪獣8号のキャラデザがいい評判を受けていませんが、あくまで現時点での出来だと思いますし、これから修正もされていくでしょう。

それがスタジオカラーが手掛けるとなれば、さらによくなって放送される可能性も高いですので、問題はないかと思います。

 

怪獣8号アニメーション制作:Prodction I.G

続いて、アニメーション制作はProdction I.Gが担当しています。

有名な作品は数多く手がけていますが、中でも代表的な作品は「ハイキュー」や「PSYCHO-PASS」が有名で、躍動感あふれるバトルシーンには定評があります。

怪獣8号も熱いバトルシーンがたくさんあり、アニメになった時にどう迫力あるシーンが描かれるのか楽しみにしている人も多いと思います。

ですので、この製作会社に任せておけば、何の心配もありませんし、むしろ原作以上の迫力が期待できるのではないでしょうか?

アニメが放送されるのが待ち遠しいですね。

 

まとめ

今回は怪獣8号のキャラデザをアニメと漫画で比較し、アニメのキャラデザは誰が描いているのかも調査しました。

大人気の怪獣8号がアニメ化するということで、発表されたときから多くのファンが待ち望んでいたことでしょう。

しかし、正直、キャラデザが発表された時は、原作と比較すると、不安の方が勝っていましたし、実際周りの声も私と同じような不安を抱えているようでした。

キャラデザの担当は誰か、私も気になったので調てみましたが、西尾さんだということで、多少不安は感じましたが、それでもここまで多くの作品を手掛けてきました。

彼に任せれば大丈夫だという結論に至りました。

また、製作陣は日本のアニメや怪獣に精通したトップレベルのスタッフですし、これまでも数多くの有名作品をアニメにし、人気を博しており、人選はかなり本気と見ています。

もちろん、我々の声も耳にしていると思いますし、逆に燃えているかもしれませんので、放送されたらいい意味で期待を裏切ってくれるような作品になっているかもしれません。

問題はキャラデザがたまに崩壊する担当ですので、そこが不安ではありますが、作品はすごく面白いので、面白ければキャラデザが崩壊しても気にすることはないと思います。

アニメ放送まであと少しですので、この作品が好きな人は多いですから、ファンに愛される人気アニメになってくれたら幸いです。

\無料で漫画が読める人気アプリ!/

今多くの漫画ファンから人気の『マンガBANG!』

人気の理由は【多くの作品を無料で読めるから!】

数多くある漫画アプリの中でもマンガBANGは

●登録一切不要
●無料ダウンロードだけすぐに読める
●ジャンルが幅広い
●試し読みではなくたくさん読める

漫画好きからは絶大な人気を誇る漫画アプリ☆

まだダウンロードしていない人はあなたが読みたかった漫画が無料で読めるかも!?

ダウンロードですぐに読めるので、ぜひあなたの読みたかった漫画を検索してみてくださいね♪

簡単無料ダウンロードはこちら>>