※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

ワンピース

シャンクスの双子が神の騎士団リーダーでフィガーランド家?シルエットからシャンクスの父親の可能性もある?

神の騎士団 リーダー シャンクス 双子 フィガーランド家 シルエット 正体 父親
Pocket

こちらの記事では神の騎士団リーダーはシャンクスの双子でフィガーランド家の人物なのか?について考察していきます!

またその、神の騎士団リーダーのシルエットからはシャンクスの双子説以外にシャンクスの父親の可能性もあるのではないか?と言われています。

少しずつ話に出てきている神の騎士団について、そのリーダーは一体誰なのでしょうか?

ここ最近で明かされたシルエットも話題になっていますね!

そのシルエットでは中心に立つ神の騎士団リーダーのような人がシャンクスに似ていると話題です!

もちろんそのシルエットはシャンクス本人でないとなると、シャンクスの双子の兄、もしくは弟なのではないかという話が出ています。

そもそもその神の騎士団のリーダーの人影はフィガーランド家なのでしょうか?

本当にその正体は、シャンクスの双子であったり、もしくは父親であったりするのでしょうか!?

ここからネットの考察もヒントに最新情報を交えて、私なりに考察していきたいと思います!

 

シャンクスの双子が神の騎士団リーダーでフィガーランド家?

劇場版FILM REDで五老星がシャンクスがフィガーランド家だと示唆するような発言がありました。

シャンクスはゴッドバレー事件の際に、ゴールド・ロジャーに拾われて、そのままロジャー海賊団に育てられ海賊になりました。

シャンクスがロジャーに拾われたゴッドバレー事件とは、天竜人と奴隷たちを守るためにロジャーとガープが手を組んで、ロックス海賊団を破った事件のことです。

そのゴッドバレー事件に絡まれた天竜人がフィガーランド家だったのではないかと考察されています。

そうなるとシャンクスが天竜人のフィガーランド家であることにも辻褄が合います。

今噂にでている、神の騎士団のリーダーは誰なのか?!ということを考えた時、仮に神の騎士団リーダーが本当にシャンクスの双子だとすると、それは同時に神の騎士団リーダーはフィガーランド家の血筋ということで間違いないでしょう!

 

神の騎士団リーダーとシャンクスの関係性は?

今現在ネットでは、シャンクス本人ではないのかという考察を始め、双子や兄弟、親子などの親族ではないかもあります。

また一部の読者からはシャンクスのクローンではないのかという考察も上がってました。

このように色々予想されていることから、神の騎士団のリーダーは、双子に問わず、何かしらシャンクスと血縁関係があるのではないかと言われています。

またこれらの考察を見ても確かに、神の騎士団のリーダーがシャンクスの血縁関係でより近い存在であれば、確かに話はさらに楽しくなっていきますよね!

 

シャンクスの双子が神の騎士団リーダーと言われるのはシルエットが似てるから!

そもそもなぜ神の騎士団のリーダーがシャンクスの双子なのではないか?と言われている件に関してですが、その一番の理由として神の騎士団のシルエットが描かれた際、非常にシャンクスと似ていたということがあります。

ではどういったところが似ていたのでしょうか?

改めてシャンクスとその神の騎士団のシルエットとで比べてみたいと思います!

こちらが実際の比較の画ですが、たしかにシャンクスのシルエットと見比べてみると似ているポイントはいくつかありますよね!

<div class=”concept-box1″><p>

  • 特徴的な剣の持ち手の形
  • キリッとしたマントを羽織っている
  • パッと見の背丈や立ち姿が似ている

</p></div>

先程から言っている通り、よく見れば見るほど、神の騎士団リーダーとシャンクスは瓜二つです。

それについて、読者は色々考察をしていて、その中でも一番多く考察されている双子説についてもう少し詳しく見ていきたいと思います。

またそもそもこれだけシャンクスに似ているので、”実はシャンクス本人なのではないか?”という考察もありますが、これには否定的な意見が多いようです。

そこにも実は理由があります。

 

神の騎士団リーダーはシャンクス本人ではない?

こんなにも似ていると言われているシャンクスですが、なぜシャンクス本人ではないと思われているのかに関しては、以前のストーリーにヒントがあります。

それはそもそもシャンクスは実は一人だけではない、シャンクス複数人説があるからです!

シャンクスが複数人いると思われたのにも、いくつか理由があります。

 

頂上決戦でのシャンクスの移動スピード

頂上戦争時のシャンクスの移動スピードから、シャンクス二人説がもともと考察されています。

頂上戦争時、シャンクスは新世界でカイドウと小競り合いしていたにも関わらず、前半の海のマリンフォードに顔を出し、頂上戦争の終戦に貢献しました。

その当時から、新世界とマリンフォードを行き来するのはそもそも不可能ではないのですが、かなりのスピードで移動しないと頂上決戦には来られていないはず。

それならシャンクスは実は二人いるのではないか!?と考察されたのです。

そして時が過ぎ、再び、シャンクスとは別人でシャンクスに似ているシルエットを持つ「神の騎士団リーダー」の姿が作中で紹介されたため、シャンクス双子説に繋がったのです。

ここまで話が繋がっていたとなると凄いですが、あの頂上決戦でも実は2人のシャンクスがいたとなれば確かに驚きですよね!

あの時は確かにスピードに違和感はあったものの、シャンクス双子説まではなかなか想像できないところですよね。

 

五老星と面会していたのはシャンクスの双子でシャンクス聖?

シャンクスは以前、五老星と謁見していました。

いくら実力のある海賊と云えど、レヴェリーの最中に五老星と謁見できる海賊なんているのでしょうか?

そもそも五老星は聖地マリージョアにいるので、レヴェリー中にシャンクスが会いに行くとすると、各国の王と一緒にレッドラインを登ることになってしまいます。

それを政府は許してくれるのでしょうか?

そこで先程から話しているシャンクス双子説がここでも出てくるわけです!

もし、五老星と謁見できる権力を持っているシャンクスとは別人の、そっくりな双子がいるのであれば辻褄があいます。

そしてそれがもし、神の騎士団リーダーであればなおさらです。

それならば、レッドラインを登る必要もありませんし、レヴェリーの時期に五老星と話ができるはずです。

 

シャンクスの左目の傷がない?

また、白ひげと対峙しているシーンでは左目から額にかけて傷があるのにもかかわらず、五老星と謁見している最中のシャンクスには傷がありませんでした。

何度も編集者などが確認していると思われるので、ミスなどはありえないと思います。

これらの事がシャンクスが双子なのではないかという考察の信憑性を大きく上げました!

 

神の騎士団リーダーはフィガーランド家でシルエットからシャンクスの父親の可能性もある?

今新たに発覚した、神の騎士団の最高司令官、フィガーランド・ガーリング聖がシャンクスの父親であり、ドラゴンが思い浮かべた神の騎士団のリーダーであるとも考察している人もいます。

この神の騎士団の最高司令官と、神の騎士団のリーダーが同じで数年前のガーリング聖が若かりし頃のシルエットだったという説もあります。

またシャンクスもガーリング聖も同じフィガーランド家なので、父親でないとしても血縁関係があることは確かですね!

もし、本当に神の騎士団のリーダーがシャンクスの父親であり、ガーリング聖であったとなると、四皇と同じかそれ以上の実力があると言っても過言ではないでしょう!

 

神の騎士団のリーダーがシャンクスの可能性は?

先ほど、神の騎士団のリーダーはシャンクス本人ではないという話をしましたが、100%それがたしかとはまだ言えない状況です。

まだドラゴンの思い浮かべた神の騎士団のシルエットが本当なら、シャンクス本人が神の騎士団の可能性もありえますよね。

ただ先ほどもお話したように、天竜人の審議にも介入できるような存在の神の騎士団である彼が海賊をやっているのでしょうか?

また、フィガーランド・ガーリング聖はおそらく大の人間嫌いですので、その血縁関係にあるシャンクスが神の騎士団でありながら、下界で生活しているのにも納得は行きません。

ですので、シャンクス本人が神の騎士団リーダーは個人的にありえないと思っています。

私自身は双子説を推しているのでシャンクス本人が神の騎士団のリーダーというのは少し不服かもしれません。

私は神の騎士団のシルエットはシャンクスとなにか関係のある人ということを示唆しているのではないかと考えています!

 

まとめ

神の騎士団リーダーはシャンクスなのか!

あのシルエットの正体はフィガーランド家でシャンクスの双子の兄や弟なのか、父親なのかを考察していきました!

神の騎士団リーダーがシャンクスでなくても、フィガーランド家であることはほぼ確定なのではないでしょうか。

それが、シャンクスの双子の兄や弟、父親という可能性も捨てきれません!

でも実際、過去に王下七武海のシルエットが、本当の王下七武海とは全然違っていたので、実際のところはどうなのか気になりますね!

シルエットが本当の影だったらシャンクスが関わっていること間違いないので、面白い展開になってきました!

今後のシャンクスと神の騎士団のリーダーとの血縁関係が非常に気になるところですね!