国内ドラマ

金魚妻の中村静香は何話にラブシーンある?キスシーンの内容も紹介

金魚妻の中村静香は何話にラブシーンある?キスシーンの内容も紹介
Pocket

こちらの記事では「金魚妻の中村静香は何話にラブシーンある?キスシーンの内容も紹介」と題してお送りします。

今Netflixで話題の金魚妻。

その金魚妻には6つのストーリーが含まれており、「○○妻」という形でそれぞれの家庭の妻が不倫という一線を越えてしまうお話を描いています。

その中でも今回注目したのが「外注妻」です。

こちらのNetflixドラマ版「外注妻」はNetflixドラマオリジナルの作品で、漫画では「外注妻」というタイトルはありません。

そんなドラマ版でストーリーがしっかりと出来上がった「外注妻」のヒロインを演じるのはタレントでグラビアアイドルの中村静香さんです。

中村静香さんと言えば第9回全日本国民的美少女コンテストの決勝戦にも残り、美少女クラブ21にも所属していた方でとにかく美人で可愛いと人気の方です。

今は特にグラビアアイドルとしても非常に人気の高い女優中村静香さん。

そんな人気のグラビアアイドルである中村静香さんが「金魚妻」に出演したということで、かなり「外注妻」にも注目が集まりました。

その理由はここまでグラビアアイドルとして活動してきた中村静香さんでしたが、ここに至るまで決してキスシーンやラブシーンがあるドラマには出演されたことがなかったからです。

だからこそ、中村静香さんが金魚妻に出演したということは大きな話題になりました。

そして実際にNetflixドラマとして配信が開始され、中村静香さんが金魚妻の「外注妻」で出演するとなって皆さんが気になったのは、

「何話に出ているのか?」

「ラブシーンは本当にあるのか?」

というところです。

これだけ可愛い中村さんがここまでラブシーンを演じたことがなかったので、やはり、今回ラブシーンやキスシーンは実際にあったのか?どうだったのか?というところはどうしても気になるところですよね。

今回はそんな「外注妻」に出演した中村静香さんのキスシーン、ラブシーンの様子について詳しくご紹介していこうと思います。

Netflix「金魚妻」公式HPはこちら>>

 

金魚妻の中村静香は何話にラブシーンある?

まずは実際に中村静香さんが出演する金魚妻の「外注妻」は何話に出てくるのか?というところが気になりますね。

金魚妻はそもそもNetflix独占で配信がされており、メインとなる金魚妻の話の篠原涼子さんと岩田剛典さんの話の合間に、第2話の中で「外注妻」としてストーリーが盛り込まれています。

なので中村静香さんを見たい!という方は2話を視聴してください。

そして実際にラブシーンがあるのか?ないのか?に関してですが、、、

中村静香さんも今回ラブシーンありで出演されています。

やはり今回の作品が「金魚妻」ということで、今回出演されたメインの方ほとんどが少し激しめなラブシーンを演じています。

しかし、中村静香さんがグラビアもやられているというところでは、やはりどんなラブシーンだったかは気になりますよね。

 

中村静香のラブシーンの内容

実際に金魚妻の「外注妻」のメインの役どころ志村優香役で出演した中村静香さんですが、「外注妻」ではラブシーンを演じられています。

それまでの簡単な外注妻の流れを少しご説明しますね。

中村静香さん演じる優香は夫・実(みのる)と非常に仲も良く平穏に過ごしていましたが、優香は唯一実への不満を持っていました。

それは数年間ものあいだセックスレスということ。

子供が欲しい優香と、まだいらないという実の考えの食い違いにも優香はストレスを感じます。

そんな時に浮気性だった元彼、潤から連絡が入り、二人は再会、一緒に飲みにいくことに。

その帰り道で一度はホテルに誘われ、怒って拒みますがその時にされた強引なキスが忘れられず、後日潤から「会いたい」とスマホに連絡をもらってしまいます。

夫から拒まれていたことで自分が女性であることに自信を無くしかけていた優香。

『自分はもう誰からも女性として見てもらえないのではないか?』という不安もあり、結局再び潤に会い、ホテルに行ってしまいます。

そのシーンでは優香が下着姿で横になり「いや、もっと暗くして、、」と言いますが潤は聞かずにスカートを下ろします。

その後、優香は潤を仰向けにすると「確かめたかったの。まだ私の体で興奮する人がいるのか。」と言って自らブラジャーのホックを外し、潤に身体を密着させ激しいキスをします。

その後、再び潤が上になり激しく抱き合いながらも優香は「これで最後だから、、もう会わないから、、」と話すのでした。

この流れの中で中村さんはブラジャーを実際に取っていますが、カメラは後ろからのアングルなので実質、背中しか見えない状態です。

その後もすぐに体を密着させるので、当たり前ですが胸が映っているわけではありません。

ただかなり激しいシーンであることに間違いはなく、初めて見る方は「よくここまで頑張ったな」と思う程の演技でした。

初めてのラブシーンが金魚妻ということで中村静香さんにとってもかなり大きな経験になられたのではないでしょうか。

 

金魚妻の中村静香のキスシーンの内容は?

次に中村静香さんのキスシーンについて、どんな場面でキスシーンになるのかご紹介していきたいと思います。

久しぶりの元カレ潤に誘われ、久しぶりに一緒に飲みに行った優香。

その帰り道で優香は潤から突然キスをされます。

このシーンでは潤からの一方的な激しめのキス。

かなり強引に潤にキスをされ、優香は激しく拒み怒って帰ります。

これが中村静香さんの一回目のキスシーンです。

そしてその後、怒っていたはずの優香でしたが占い師から「内なる声に耳を傾けろ」と言われ、あの日の潤とのキスのことを思い出してしまいます。

その後、優香は迷いながらも潤と再会し、ホテルに行ってしまうのですが、ここで中村静香さんのラブシーンとなり、2回目のキスシーンになります。

この2回目のキスシーンは結構激しめのディープキスをされていて、実際に舌を絡め合っているのが分かるほどのキスなので、見てみたいという方はそれなりの覚悟で視聴されることをおすすめします。

キスシーンはこの2回になります。

回数としては多くはないですが、金魚妻らしいなかなか濃厚なシーンになっているのでやはり初めて見る方には衝撃的な中村静香さんの姿ではないでしょうか。

 

まとめ

こちらの記事では「金魚妻の中村静香は何話にラブシーンある?キスシーンの内容も紹介」と題してお送りしました。

今回金魚妻の外注妻で出演をされた中村静香さん。

中村静香さんはグラビアアイドルとしても活動されていますが、キスシーンやラブシーンでの出演がこれまでなかったということで、かなり金魚妻での出演は注目されていましたね。

実際、金魚妻の何話に中村静香さんが出ているのか?

また本当にラブシーンがあるのか?についても疑問に思う方がいたようですが、実際に金魚妻の「外注妻」の中でメインキャストの優香役として、中村静香さんはラブシーンを演じています。

実際のストーリーの流れや映像についてもお話させていただきましたが、やはりかなり激し目な映像になっていることは間違いありません。

この金魚妻の「外注妻」でのラブシーンが初めてという中村さんにはかなりハードなお仕事だったかもしれませんが、中村さんにとっては非常に大きな経験となったのではないでしょうか。

今後の女優活動としてもまた、幅が広がり様々な役にチャレンジされていく中村静香さんにはこれからも注目ですね!