エンタメ

岸田裕子夫人の大学は東京女子大学?高校や中学校の学歴が凄い!

岸田裕子夫人大学は東京女子大学?高校や中学の学歴が凄い!
Pocket

「岸田裕子夫人の大学は東京女子大学?高校や中学の学歴が凄い!」と題してお送りします。

今回、2021年9月に行われた日本の新たな総理大臣を決める自民党総裁選では岸田文雄氏が見事当選し、首相となりました。

そしてその妻である岸田裕子夫人が首相の妻、ファーストレディーとなりました。

新たに首相が変わり日本はどの様に変化していくのでしょうか?

また岸田内閣が発足されたということで、その首相夫人である裕子夫人の存在も夫を支えるという点でとても大切な役割になりますね。

また唯一の家族というところでも二人三脚でこれから力を合わせてやっていく上でも、岸田首相にとっても大きな心の支えになるでしょう。

そんな岸田裕子夫人について学歴を調べたところ大学は東京女子大学を卒業しており、どうやら凄い学歴を持っている方の様です。

高校や中学校の学歴についても調査してみました!

 

岸田裕子夫人の大学は東京女子大学?

岸田裕子夫人の大学は噂では東京女子大学と出ていましたがそれは真実でしょうか?

調べてみたところ東京女子大学出身というのは真実でした!

東京女子大学と言えば誰もが知る有名女子大学ですね。

どこの学部の卒業かはっきりとはわかりませんでしたが裕子夫人の英語が堪能なところをみると『現代教養学部 国際英語学科』へ進学された可能性が高いのかなと思います。

ちなみにこちらの学部の偏差値は52.5~55.0とほどほど高い偏差値でしっかりと勉強しなければ入れない大学で、大学自体や学生の雰囲気としてはあまりはっちゃけた感じというより、落ち着いた雰囲気の学生さんが多いようです。

また学校自体の造りの雰囲気が自然で上品な感じがあるそうです。

裕子夫人がそんな大学でどんな生活を送っていたのかちょっと気になりますね。

 

大学での成績は?

裕子夫人の大学での成績について調べてみましたが、そういった情報はあまりありませんでした。

ただ現在の裕子夫人から見ると英語がかなり堪能であることから大学でも英語系の学科を専攻し、かなり成績は良かったのではないでしょうか。

その証拠に2016年に行われた「G7外相会議」という外務大臣の会合が行われた際、各国外務大臣の夫人が集う会も一緒に開催されたそうなのですがそれを主催したのはなんと裕子夫人だったそうです。

そしてその時には得意の英語力を生かしてイギリス、フランス、イタリア、カナダの各国の大臣夫人たちとほぼ通訳なしで会話をされていたそうです。

これはかなりの語学力ですよね!

ここまで通訳なしで各国の大臣や大臣夫人たちとコミュニケーションを取れる奥様を持つ岸田総理はなんだかとても心強いですね!

 

大学卒業後は?

これまでの英語力を身に着けて大学卒業後の進路はどうなったのでしょうか?

英語をやはり生かせる職業に就いたのか気になりますよね。

知らべてみたところ、大学卒業後は自動車メーカーのマツダに就職し、副社長秘書を務められたそうです。

あの大手の会社の副社長秘書とはかなりすごいですよね!

しかも入社後すぐにこの仕事を任せられているようなんです。

これはかなり英語力や職場での能力や対応の良さを認められたということも大きいのではないでしょうか。

ただ、こんな事を言っては失礼かもしれませんが、裕子夫人の実家はお金持ちという噂もあったので、大手自動車メーカーへのコネ入社?なんてことも少し思ってしまいました。

しかし事実はどうかわかりません。

 

岸田裕子夫人の中学や高校の学歴が凄い!?

ここまで見ていく中で岸田裕子夫人の英語力が特に高いということがわかりましたね。

ではなぜ、ここまで裕子夫人の英語力は上がったのでしょうか?

中学校や高校はやはり私立の名門に通っていたのか、裕子夫人が学生時代通っていた学校も気になったので調べてみました。

 

岸田裕子夫人の高校

岸田裕子夫人の高校についても調べてみました。

裕子夫人の高校は広島女学院高等学校の卒業でした。

この広島女学院高等学校、実は地元ではみんなが知る超の付くお嬢様高校なんだそうです。

しかも進学においてもかなりレベルの高い学校で進学校としても、とても人気があるそうなんです。

実際に調べてみると進学先には東京大学や国公立の広島大学などに進学する生徒もいるようで、進学先としてはかなりの実績がある高校のようです。

今現在の広島女学院高等学校の偏差値を調べてみたところ、こちらの高校では完全中学高校一貫校となっていて、高校での募集はないため、偏差値ははっきりとはわかりませんでしたがだいたい61くらいとやはりレベルも高い高校です。

また英語にはかなり力を入れている高校の様で高3での英検2級取得率は80%を超えているんだとか!

これは学校全体でかなり英語力が高いことがわかりますね。

今の広島女学院高等学校の学校の雰囲気としてはそこまで規律が厳しすぎるわけではなく、生徒と先生との距離が近いため楽しいと評判はかなり良いようです。

ただし、やはりお金持ちのお嬢様が多く通っているというところではその話題についていけないという生徒さんも中にはいるようです。

中学校からの一貫校というところでもお嬢様学校という雰囲気はなんとなく感じますね。

そんな雰囲気は裕子夫人になんだか似合いそうな気がします。

またこちらの高校からは多くのアナウンサーの方も卒業されているようで、卒業生の名前には新保友映アナウンサー(フリー)や杉浦圭子アナウンサー(NHK)等多くのアナウンサーの名前が上がっていて、やはりエリート高等学校のようですね。

 

岸田裕子夫人の中学校

先ほどお話しした通り広島女学院中学高等学校を卒業されています。

広島学院中学高等学校の偏差値は今55と言われており、中学受験を考えると少し高めの数値で難関校と言われる中学校だそうです。

正し中学校、高校の一貫校としては珍しく、やはりこちらも高校と似ていて規則はそこまできつくないようで、進学校であって規律が緩いので人気は高いそうです。

中学校ともなればやはり多少のおしゃれはしたくなる年頃ですからね。

規律が厳しすぎる学校は出来たら入りたくないですよね。

このお嬢様学校の進学校なのになぜ規律が少し緩めなのかというと、学校自体の考え方として今ジェンダーフリーを尊重していて女性であっても男性と変わらず自分の考えや意見をしっかりと持つことを大事にしているそうです。

今、首相夫人となった裕子夫人を見てみても、そういった学校の考え方が昔からあったのかもしれませんね。

 

まとめ

「岸田裕子夫人の大学は東京女子大学?高校や中学の学歴が凄い!」と題してお送りしました。

調べてみるとやはり岸田裕子夫人は東京女子大学に通っていましたね。

また岸田裕子夫人の英語力も学生生活を送る中でかなり高いものになっており、今となっては各国の大臣夫人達と通訳なしで会話が出来るほどの実力もあることがわかりました。

その英語力を作り上げたのは中学校、高校と一貫の広島女学院でした。

また学力においてもやはり全体的に高い学校に中学校、高校、大学と通われていてやはり岸田裕子夫人の学歴は凄かったですね!

そんな自慢の奥様を持たれている岸田総理。

今後、総理夫人となった岸田裕子夫人も多くのメディアで出て活躍される機会も増えそうですね。