スポーツ

久保建英はハーフ?日本人なのか幼児期・幼少期・小学生の顔画像で徹底調査!

久保建英はハーフ?日本人なのか幼児期・幼児期・幼少期・小学生の顔画像で調査!
Pocket

こちらの記事では「久保建英はハーフ?幼児期・日本人なのか幼少期・小学生の顔画像で調査!」と題してお送りしていきます!

今オリンピックでもサッカー日本代表で活躍されている久保建英選手。

試合に出る度にゴールを決め、元々実力は凄いと人気の選手でしたがその才能をさらにオリンピックでは発揮してくれていますね。

そんな人気の久保選手ですが実は日本人ではなくハーフなのでは?という噂があります。

ん~~~、、、

確かにそう言われればちょっとアジアでも日本だけではないかもしれないなと思う顔立ちをされている気もしなくもないですね。

その久保建英選手が日本人なのかという噂についてこの記事では小さい頃の顔画像で調査していこうと思います。

久保選手の幼児期、幼少期、小学生の時の画像も調べてみたの久保選手ファンの方もぜひ見てみてくださいね!

 

久保建英はハーフ?

久保建英選手が日本人ではなくハーフなのかどうか。

まずはいろいろな情報を調べてみたのですが気になるのがその出身地ですね。

出身地を調べてみると久保選手は神奈川県川崎市の出身でした。

特に海外との接点はここではなさそうです。

またさらに詳しく真実を知るために一番わかりやすく確実なのはご両親がどういう方なのかということですね。

次は久保選手のご両親について見ていきたいと思います。

まず久保選手のお父さんについて調べてみました。

お名前は久保建史さん。

出身地を調べてみると和歌山県でした。

ということはやはり海外の方ではないようですね。

写真を見てみてもこれは間違いなく日本人の顔立ちをされているので写真と出身地からほぼな違いなく日本人とみて良いのではないでしょうか。

また久保選手のお父さんのことを知らべてみたら筑波大学体育専門学群を卒業されていて大学ではやはりサッカー部に所属されていたようです。

筑波大学のサッカー部と言えば強いと超有名ですよね!

やはり久保選手のサッカー好きはお父さんの影響があったのではないでしょうか。

次に久保選手のお母さんを見てみましょう。

一番左の女性が久保選手のお母さんです。

すごく品があって綺麗な方ですね。

残念ながらお名前や出身地はわかりませんでしたが、この写真の顔立ちやスタイルから見てもまず日本人ではないかと思われます。

こんな綺麗なお母さんで久保選手もきっと幼い頃から自分を支えてくれる自慢のお母さんだったのではないでしょうか。

ここまで久保建英選手のご両親を見てきましたが、結果的にご両親お二人とも日本人ということがわかりました!

と、いうことは久保建英選手はまず間違いなく日本人でハーフではないということですね。

 

 

久保建英が日本人でなくハーフと思われた原因は?

ここまでで久保選手がハーフなのではないか?という噂について調査してきましたが、結果的にハーフではないことがわかりましたね。

ではなぜ「ハーフなのではないか?」と噂が立ったのでしょうか?

まず、その一番の原因と思われるのが顔立ちではないでしょうか。

確かに顔立ちだけ見てみると日本人にももちろん見えるのですが、ちょっと目元がくぼんでいて顔の凹凸がはっきりされているので外人っぽい顔立ちに見えるところがあります。

また久保選手は8歳までは日本にいましたがその頃に広告で「MVPに選出された選手はバルセロナと試合が出来るチャンスが与えられる」というのを見てFCバルセロナキャンプに9歳で参加しています。

そしてそのキャンプでMVPを見事に取るという偉業をなしてしまうのですが、久保選手はすでに9歳の頃からスペインに渡っているんですね。

『そういった幼少期の頃にすでに海外にいた。』という事実がハーフなのではないかと思われた要因ではないでしょうか。

また幼少期にサッカーをするためにスペインにいた為にスペイン語も話せるようになり、今もスペイン語は堪能なんだとか。

幼くしてスペイン語が流暢に話せるのを見たら両親がスペイン人なの?と思ってしまう人もいますよね。

また幼少期は長い期間海外にいたので、

幼少期を海外で過ごした=両親が外人?→久保選手はハーフ?!

という構想になったのではないでしょうか。

また久保選手の名前からもハーフなのではと思った方がいる様で

『クボ・タケフサ』が『クボタ・ケフサ』と区切られる部分が聞き間違ってしまった人がハーフなのではないかと思った人もいるようです。

たしかに『ケフサ』は外人ですね。笑

いろいろな事実と偶然から久保選手のハーフ説は生まれたようです。

 

久保建英が日本人なのか幼児期・幼少期・小学生の顔画像で調査!

久保健英は日本人でなくハーフ?幼児期・幼少期・小学生の顔画像で調査!

久保建英選手がハーフではないということがわかりましたが幼児期、幼少期、小学生の時の写真でも日本人ではなくハーフに見える顔立ちだったのでしょうか?

ハーフではないとはわかりましたが、いつくらいからハーフっぽさが出てきたのかこちらも顔画像で調査してみました。

 

久保建英の幼児期の顔画像

残念ながら幼児期の写真は見つけることができませんでした。

久保選手の顔立ちからするときっとかなり可愛い赤ちゃんだったと思うのでちょっと見て見たかったですね。

でも幼児期の話を調べてみるとかなり小さい時からとにかくご両親は子供に自然にたくさん触れさせる生活を心掛けていたそうです。

そして久保建英選手は長男なのですが長男っぽくない長男。

つまり何事にも恐れずに挑戦していく長男に育てたかったそうです。

プロのスポーツ選手って実は次男さんが多いんですよね。

そんな事実を知っていたからなのか久保選手には次男の性格のような長男さんになってもらいたかったようです。

実際結果的に何も迷うことなく、また恐れることなくサッカーがただただ好き!サッカーがやりたい!という道を恐れることなく突き進み続けている久保選手はまさにご両親の思い描いた長男さんになりましたね。

 

久保建英の幼少期の顔画像

幼少期の久保選手です。

詳しい年齢はわかりませんが3、4歳といったところではないでしょうか?

サッカーボールがまだ大きく感じますね。

この頃の久保選手を見てみるとなんとなくその面影を感じますね。

顔立ちはこの頃は日本人そのままに見えます。

まだ幼さの残る久保選手の幼少期。

こんなに小さい時から必死にサッカーボールを追いかけていたと思うと今の活躍にも妙に納得がいきますね!

 

久保建英の小学生の顔画像

小学校3年生の時の川崎フロンターレ下部組織入団時の写真です。

今よりもさらに目がぱっちりしているように見えて本当に可愛い小学生ですね。

これはきっと親御さんもメロメロだったでしょうね。

しかもここにサッカーの才能がすごかったのですからまさに小学生ながらにイケメンのヒーローだったことでしょう。

この顔立ちから見るとこの時は今の顔立ちとはちょっと違い可愛い感じが強いですね。

この目のパッチリ具合がハーフに見えたのでしょうか。

こちらの写真では幼少期の幼さがまだありますが段々と今の成人した久保選手の顔に少しずつ近づいて行ってる感じがあります。

この時の顔はハーフにはあまり見えないような気もしますが、顔の凹凸がくっきりしていてサッカー焼けで色黒&目もクリっとしているのでそういったところからハーフ見えた人がいたのかもしれませんね。

 

まとめ

「久保建英はハーフ?日本人なのか幼児期・幼児期・幼少期・小学生の顔画像で調査!」と題してお送りしてきましたがいかがでしたでしょうか?

久保選手の両親や幼い時の顔画像から久保建英選手は間違いなく日本人ということがわかりましたね。

またなぜ日本人ではなくハーフと噂が立ったのかというと、久保選手が小さい頃よりサッカーで活躍しており、海外生活が長かったこと。

またその生活でスペインが流暢にしゃべれるようになったことからご両親が海外の人ではないか?と噂が立ったようです。

また今回は幼児期の写真は見つけられなかったものの、久保選手の幼児期、小学生、それ以降の顔画像から幼い時には特に目がパッチリでハーフの様な顔立ちをしており、今も平均的な日本人の顔立ちよりも顔のパーツの凹凸があり、外人っぽいと思われたのではないかということがわかりました。

結果的にハーフではなかったものの、生活や出してきた結果が世界に通じているものだったためその様に思われたのでしょう。

世界的に活躍するとこんな噂まで立つことがあるんですね!

これからも世界をまたにかけて活躍する久保選手を私も応援していきたいと思います!