※本サイトは、商品プロモーションが含まれています。

狂眼

狂眼ネタバレ76話あらすじと感想!ヒョンが生きて帰還する!?

Pocket

狂眼ネタバレ76話のあらすじと感想についてこの記事では紹介していきます。

前回の狂眼では始まりはヒョンからの素敵な手紙で始まり、最後にインホが血まみれのヒョンが見につけていた胸背を持ち帰ったところで終わりましたね。

インホは帰ってきましたが、ヒョンはまだ行方不明のまま見つかっていません。

インホの持ち帰った胸背にはどんな意味が含まれているのかもとっても気になりますよね!

王妃が大君が聖君になると涙しながら言い切っていましたが、次は何を企んでいるのでしょうか。

ここから76話を考察、確定のネタバレあらすじと感想もお届けします!

では早速見ていきましょう!

↓76話も70%OFFでお得に読める↓
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

狂眼を読める電子書籍の中でも今最もお得に『狂眼』を読めるのがコミックシーモア

『狂眼』
配信サービス
キャンペーン特典
コミックシーモア初回70%OFFクーポン
1話まで無料
レジンコミックス初回50%OFFクーポン&100ポイント
bookLive初回50%OFFクーポン
めちゃコミ割引・クーポンなし
ベルトゥーン割引・クーポンなし

狂眼1巻が登録なし!
↓無料ですぐに読める↓

 

Contents

狂眼ネタバレ76話あらすじを考察!

狂眼 ネタバレ 76話 あらすじ 感想

前回のお話ではヒョンが身につけていた血のついた胸背を、インホが持ち帰るところで終わりました。

ヒョンがどうなったのかとても心配だし気になるところですよね?

内容には、他にもいろいろ気になることが多かったと思います。

前回の気になったところを考察していきます!

【狂眼76話の考察予想】

  • 霊媒師が呪い返しを受けた理由は?
  • ヒョンは近いうちに宮廷に戻ってくる?
  • 大君の寿命が尽きかけている?
  • 王妃の次の企みは?
  • 大妃が動き始める?
  • ジョクムに誰が呪いを返した?
  • インホは味方か?

について考えていきます!

では早速、これからどんなことが起こるのかについて、予想していきましょう!

 

狂眼ネタバレ76話あらすじ考察予想:霊媒師が呪い返しを受けた理由は?

ジョクムはヒョンの大切な木の下に生贄の動物の死骸を女官に埋めさせて、ヒョンに呪いをかけました。

そのせいでヒョンは講武の最中とても苦しそうにしていましたね。

そして数日後には、その呪いが自分に返ってきてしまい、報いを受けることになってしまいました。

ということは、ジョクムの呪いは失敗に終わったということなのではないでしょうか。

成功していたらジョクムは今でも生きていたんじゃないかなと考えてしまいます。

 

狂眼ネタバレ76話あらすじ考察予想:ヒョンは近いうちに宮廷に帰ってくる?

ジョクムの呪いが自分に返ってきたということは、ヒョンへの呪いは失敗したのではないかと考えられます。

そして、呪いが失敗したということはヒョンは大怪我をしたけど生きていて、近いうちに手当を終えて宮廷に帰って来るのではないでしょうか。

無事に帰ってきてウヌを安心させてあげてほしいですよね。

 

狂眼ネタバレ76話あらすじ考察予想:大君の寿命が尽きかけている?

父親の王が崩御し辛くてご飯が食べられていないと思われていますが、ジョクムの呪い返しのように、大君にも何かしらの影響が出たのではないでしょうか?

王妃も急に薬おろかご飯も食べられないようになったと嘆いていたので、私は呪いに関係があるのではないかと思いました。

大君は元から短命だと言われていましたので、死期が早まってしまう可能性も高いのではないかとも考えられますよね。

もしそうなってしまったら、まだ幼いのに可哀想です。

 

狂眼ネタバレ76話あらすじ考察予想:王妃の次の企みは?

大君を聖君にしない限り、長生きは難しいとのことだったと思いますので、王妃は大君を聖君にしようと躍起になっていますよね。

なのでまた悪知恵を働かせるのではないかと考えられます。

インホがヒョンの血のついた胸背を持ってきたことで、また王妃も油断する可能性もありますよね。

しかし、王妃はヒョンの遺体が見つかるまで安心はしないと思いますので、きっと最後まで探し始めるでしょう!

 

狂眼ネタバレ76話あらすじ考察予想:大妃が動き始める?

インホがヒョンの血のついた胸背を持って1人帰還したことで、大妃が動くのではないかと考えられます。

冊封の話し合いはヒョンの安否がわからないので保留にされていましたが、もしかしたら大妃はヒョンが亡くなったと思いもしかしたら後継もその時に決めてしまう可能性もありと思います。

その場合、ウヌのお腹にいるヒョンの子供はどのような扱いになるのでしょうか。

その辺も今後気になってきますよね。

 

狂眼ネタバレ76話あらすじ考察予想:ジョクムに誰が呪いを返した?

呪いがえしをするにあたって、ヒョン側にも霊媒師がいたのではないかと思われます。

それとも昔もらったヒョンに親切にしてくれた霊媒師のお守りが助けてくれたのかなとも考えられますよね。

呪いをかけた相手に返す技法なので、簡単にできることではないことなので、側近が手配していた可能性もあります。

 

狂眼ネタバレ76話あらすじ考察予想:インホは味方でいいのか?

前回ヒョンの胸背を手に1人で帰ってきたインホですが、私は味方なのではないかと考えています。

講武でヒョンが逃げたあとを追いかけていき手当をし、数日後に胸背を持ち帰り王妃を油断させる計画なのではないかとも考えられますよね。

インホの父親ももしかしたら、最初からヒョンの味方だったのではないでしょうか。

なのでインホが帰って来るまでは動けないと言っていたとも考えられます。

最初からか、途中からかはわからないですが、私はインホは味方だと思っています。

\今なら1話が無料!/国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

狂眼ネタバレ76話のあらすじ確定!

狂眼 ネタバレ 76話 あらすじ 感想

狂眼ネタバレ76話のあらすじは2023年12月1日コミックシーモアで配信です!

配信されましたらすぐに最新情報をお届けいたしますので、しばらくお待ちください。

こちらから下の内容はネタバレを含む内容となっておりますので、気になる方はお気をつけくださいね。

 

狂眼ネタバレ76話あらすじ確定:待ちに待ったインホの帰還!

インホが帰ってきたと女官に聞きとても喜ぶテギョン!

そして女官にインホのところへ案内するように告げます。

そして王妃に状況が分かり次第お知らせすると告げインホの元へ急いで向かいます。

そして王妃はインホが1人で帰ってきたことに安心し、大妃が虚言を並べる余地を潰せる証拠が自分たちの元へ帰ってきたことを喜びます。

チュ尚宮は迎えに行ったジョクムの状態があまりにもおかしかったことに不安を覚えます。

しかし黒呪術は必ず行使した人の体を損なうようになっていて、それは相手の気が強いほど顕著になるから命懸けなのだと聞いていたため、もしかしたら今の大君の症状が呪いのせいではないかと考えつくのでした。

 

狂眼ネタバレ76話あらすじ確定:ジョクムの状態を気にしない王妃

ジョクムの状態を不安に感じつつも、王妃にジョクムのことはもういいから今は大君の介抱に手を尽くせと言われてしまったチョ尚宮。

本当にこのままほっといていいのかと、どう考えてもあれは人間の仕業じゃなかった。

と思いながらも大君の介抱を続けるのでした。

 

狂眼ネタバレ76話あらすじ確定:ついに今日決着がつく!

国喪とはいえ邸下がいない中、大妃様もじっと待つばかりでもどかしくて仕方がなかったとテギョンがいい、周りもそれに賛同します。

玉座を空席にしておくことがこんなに心許ないと思わなかったと、1日も早く大君を玉座に据え国の安定を図るべきだと周りに訴えます。

しかしヒョンのことを心配する人もいます。

ヒョンが行方不明になっているのにあまりに軽率だとテギョンに言います。

しかしテギョンはもう冊封を先延ばしにしにできなくなったのだから喜ばずにはいられないと言います。

その言葉に道理と法度は守るべきだと反論の声が・・・

 

狂眼ネタバレ76話あらすじ確定:テギョンが反論した人たちを権力で脅す

そんなに法度を重んじられる人のご長男は科挙も受けずに参議になったと皆の前で言い、滅多なことは言うんじゃないと釘を刺します。

その後に付け加えて、自分は内情に通じていると脅しをかけました。

そうこうしていると、誰かが向かってきていることを感じ振り向くと、そこにはインホが立っていました。

 

狂眼ネタバレ76話あらすじ確定:インホが帰ってきたと騒ぐテギョン!

インホを見つけたと思ったら、よく帰ってきたとテギョンがかけよります。

そして、インホの手にしているものを見てそれがヒョンの胸背かと聞き、インホはその問いに苦しそうな表情でそうだと答えます。

それを聞いたテギョンは口元を手で押さえ笑いを浮かべながら、このことを直ぐに大妃に伝えなければいけないと言い始めるのです。

 

狂眼ネタバレ76話あらすじ確定:大妃のもとにインホが赴く

その頃大妃殿。

尚宮様にインホが、遅くなりましたが大妃様にご拝謁をお願いしますと頼んでいました。

そしてインホと大妃の謁見がかない、ことの顛末を大妃は知ったのだと思います。

その頃大妃殿の外ではインホが出て来るのを待つ人間で溢れていました。

その時大妃殿の中から世子・・・可哀想に・・・と泣きながら叫ぶ大妃様の声が外に響きました。

 

狂眼ネタバレ76話あらすじ確定:明日延ばされていた冊封が開かれる!

間も無くしてインホが大妃殿の扉を開け、皆が静かにしたことを確認してから大切なことを告げます。

それは、明日大妃様が便殿で臨時常参を開き、国王冊封権を行使するという伝令でした!

今日は誰とも会わないと言われてるから全員にお引き取り願いますと伝えたのでした。

それを聞いたテギョンはやっとこの手で主君を玉座に据える日がきたと喜び、王妃に伝えに行くのでした。

 

狂眼ネタバレ76話あらすじ確定:山寺にいるウヌのもとへ訪問者が!

山寺に来て数日が経ち、1日1日日が過ぎるとヒョンの姿を忘れていってしまいそうで不安なウヌ。

自分が聡明だったらちゃんと姿を記憶できたのか、もっと頻繁に会っていれば記憶できたのかと。

毎日思えば夢に出てきてくれるのかと物思いに耽っている時に、ふっとヒョンに物思いに耽るなと言われたことを思い出し。

涙が出てきてしまいます。

そして俯くと、物思いに耽るなと声がするではありませんか!

その声に顔をあげると、ウヌの待ち侘びた人が目の前に立っていたのです・・・

 

狂眼ネタバレ76話あらすじの感想

狂眼 ネタバレ 76話 あらすじ 感想

今回インホが帰還してからいろんな人たちや、環境も目まぐるしく変化しましたね!

テギョンはインホが1人で帰ってきたことで計画は成功したと安心してしまいましたね。

それは王妃も同じだと思います。

ヒョンもやっと帰ってきて、だいぶホッとしましたね。

それより思ってたよりウヌは精神的にも強かったですね!

これからも一緒に狂眼を応援していきましょう!

 

狂眼ネタバレ76話の見どころポイント!

今回の狂眼76話のポイントは、やはりインホがヒョンの胸背を持って帰ってきたことでテギョンと王妃を安心させ、山寺で過ごしているウヌのもとへヒョンが生きて帰ってきたという事実だと思います!

インホがヒョンを射抜いた時はどうなることかと思いましたが、やはりインホはヒョンの味方だったのかなと思い今回の話でとても安心しました!

ウヌの驚いたけど嬉しそうな顔がとても印象的ないいお話だったと思います!

王妃たちは呪いが成功したと思い油断している状態だと思いますので、これからの展開が楽しみですね。

どんな罰が下されるのでしょうか?

 

まとめ

狂眼 ネタバレ 76話 あらすじ 感想

今回こちらの記事では、狂眼ネタバレ76話のあらすじや感想についてお話ししてきました。

次は誰が出て来るかなど、ワクワクさせてくれる内容で、私はこの漫画がとっても好きです。

では、次の配信も楽しみに、引き続き狂眼に注目していきましょう!

\無料で漫画が読める人気アプリ!/

今多くの漫画ファンから人気の『マンガBANG!』

人気の理由は【多くの作品を無料で読めるから!】

数多くある漫画アプリの中でもマンガBANGは

●登録一切不要
●無料ダウンロードだけすぐに読める
●ジャンルが幅広い
●試し読みではなくたくさん読める

漫画好きからは絶大な人気を誇る漫画アプリ☆

まだダウンロードしていない人はあなたが読みたかった漫画が無料で読めるかも!?

ダウンロードですぐに読めるので、ぜひあなたの読みたかった漫画を検索してみてくださいね♪

簡単無料ダウンロードはこちら>>

error: このコンテンツのコピーは禁止されています