エンタメ

ミスなか漫画・最終話の結末ネタバレ!母親の死は他殺?

ミステリという勿れ 漫画最終話 結末ネタバレ 母親 死 他殺
Pocket

こちらの記事では「ミスなか漫画・最終話の結末ネタバレ!母親の死は他殺?」と題してお送りします。

「ミステリと言う勿れ」というドラマはが今注目を浴びています。

2022年1月10日から菅田将暉さん主演で始まるドラマです。

最初このタイトルは何て読むんだろうとわからなかったのですが「ミステリというなかれ」と読みます。

タイトルからしてミステリー。笑

ちょっと変わったタイトルのこの「ミステリと言う勿れ」ですが、実は元々の原作は田村由美さんという漫画家さんの作品で、非常に人気のある月間少女漫画「フラワーズ」で連載されている作品なんです。

単行本も発行されており、かなり人気のある作品。

これはドラマもですが漫画もかなり気になりますね!

今回こちらの記事ではその人気連載漫画「ミステリと言う勿れ」の最終話の結末ネタバレについてお話していきます。

この漫画の主人公、久能整(くのうととのう)が最後どの様なストーリー展開で結末を迎えるのか!?

また久能の母親の死の真相について、現段階のストーリーでは自殺となっていますが実は他殺で犯人がいるのではないかと予想しています。

早速「ミステリと言う勿れ」の漫画最終話について詳しくネタバレとしてご紹介していきますね。

 

ミスなか漫画・最終話の結末ネタバレ!

この「ミステリと言う勿れ」の漫画の結末はどの様になっていくのでしょうか?

ここまで久能整は出会う事件、出会う事件どれも淡々と推理し、その洞察力で事件を解決していきました。

そんな久能整の最後の事件は一体どの様な事件になるのでしょうか?

実際のところ、この「ミステリと言う勿れ」は月間フラワーズで連載が続いており、最終話の結末についてはまだ書かれていません。

単行本の発売についても現在は最新刊は10巻で2021年12月10日に発売されており、こちらも当然ながら最終巻まで終わっていないのです。

(※11巻の発売日はまだ未定です。)

ですので最終話はまだどうなるのかわからないところになります。

しかし、このミステリと言う勿れは最初犯人として疑われた久能整が、出会う事件の度にその事件を解決していく物語になるんです。

ということは、最後はやはり大きな事件が久能に襲いかかってきそうですよね。

そしてその大きな事件というのは久能自身に関係のありそうな事な気がします。

久能自体もちょっと謎多き人物なので、「ミステリと言う勿れ」の最終話では久能自身の過去や過去に関わる事件の真相を自分で解き明かすという展開になりそうな気がします。

「ミステリと言う勿れ」の漫画最終話の結末についてはまたわかり次第すぐに追記しますので少々落ち下さいね。

 

ミスなか漫画・最終話は母親の死の真相について?

謎に包まれた事件もその洞察力で淡々と解明していく久能整ですが、実は彼にも解けていない謎の過去がありました。

それは久能整の母親の死について。

久能には母親が自殺で亡くなってしまったという過去があります。

その自殺の原因と言われるのが祖母の存在。

いわゆる、嫁姑問題と言ったところでしょうか。

祖母から心身共に傷つけられてしまい、整の母親は心を失くしてしまったそうです。

そしてその結果、自殺してしまったという流れなのですが、実はこの母親の死に整は疑問に感じている点があるようです。

母親の死というところでは整にとってとてつもなく大きな事件ですよね。

やはり最終回は整の過去や事実がわかる母親の死の真相について描かれるのではないかと予想しています。

そしてその事件の真相についてはやはり他殺で、その事件を解決し、犯人を追い詰める久能という最終話が待ち受けているのではないかと思います。

なぜならこういったミステリー系は漫画もドラマも最後は主人公の過去に関わる事件がテッパンだから。

最後は主人公の感情を揺さぶる様な事件が待ち構えているのではないでしょうか?

 

ライカとの関係の最後は?

また整が気になっている病院で出会った女性、ライカについても気になるところがまだまだありますね。

ライカの事が気になっている久能ですが、ある美術館での事件をきっかけにライカは千夜子という女性の中にいる、もう一人の人格であるということを知らされます。

そう千夜子は多重人格者だったのです。

千夜子は父親からの虐待に精神的に逃れるためにライカというもう一人の自分をつくりだしたのでした。

しかもライカはあくまで千夜子の中に生きているもう一人の人格なので、いつかは統合されライカはいなくなってしまうというのです。

ライカに想いを寄せていた久能は最後どの様にライカである千夜子に向き合っていくのか?

その恋心がどうなって行ってしまうのかも、最後の最終話の見どころではないでしょうか。

個人的にはやはりライカとの別れのシーンまでしっかりと描かれるのかが気になります。

最後は千夜子に統合され、久能が今までで一番の感情を出すシーンがぜひ見てみたいですね。

 

まとめ

今回こちらの記事では「ミスなか漫画・最終話の結末ネタバレ!母親の死の真相は?」と題してお送りしました。

「ミステリと言う勿れ」という新ドラマが2022年1月より菅田将暉さん主演でスタートし、今話題になっています。

しかし実はこの「ミステリと言う勿れ」原作は漫画なんです。

その漫画の最終話の結末ネタバレについて今回は話させていただきましたが、漫画の原作もまだ連載中のため、最終話のストーリー展開はわかっていません。

しかし、最後の久能整のラストはやはり自分自身に関係する大きな事件が出てくるのではないかと予想しています。

その大きな事件とは母親の死の真相についてです。

久能の母親は自殺で亡くなったとされているのですが、久能自身もその自殺について不信に思っている点から久能最後の事件は母親の死の真相についてなのではないかと思っています。

また久能が思いを寄せているライカという女性に関しても、久能の思いが最後どの様になって終わるのかが気になるところです。

何よりライカは千夜子の中に生きているもう一人の人格で最後には千夜子に統合し、消えてしまうという悲しい現実が待っています。

人に対し、いつも冷静な判断で事件を解決してきた久能が最後ライカとの関係をどの様に納得し、終わらせていくのかも気になるところです。

ドラマの方も始まり、さらに一層盛り上がりを見せるであろう「ミステリと言う勿れ」

漫画の最終話の結末にも注目ですね!