※本サイトは、商品プロモーションが含まれています。

少女・TL

虫かぶり姫の最終回まで全話ネタバレ!最後ラストでエリィとクリスに子供が産まれる?

虫かぶり姫 最終回 ネタバレ 全話 最後 ラスト エリィ クリス
Pocket

虫かぶり姫の全話のネタバレ、エリィとクリスは最終回のラストはどのような内容なのかについて説明します!

虫かぶり姫といえば、由唯先生によるエリィとクリスの恋愛小説、2018年には喜久田ゆい先生によりコミカライズ、2022年にはアニメ化もされた大人気作品です!

そんな虫かぶり姫が最後どうなるのか、エリィとクリスのラストを飾る最終回はどんな内容なのか徹底調査してきました。

今回は虫かぶり姫の最後を含めた全話のネタバレと最終回のラストはどうなるのかについて徹底解説していきます!

 

虫かぶり姫の最終回まで全話ネタバレ!

虫かぶり姫の全話のネタバレについて解説していきます。

大好きな読書が自由にできる、貴重な本も読み放題になるという条件につられて第一王位継承者のクリスと婚約した公爵令嬢のエリィ。

愛のない婚約だと分かっていつつも充実した日々を過ごすエリィとクリスのもとに、クリスを狙う子爵令嬢のアイリーンが登場したことから物語は始まります。

果たして2人はどうなってしまうのか、詳しく解説していきます!

 

虫かぶり姫1巻ネタバレ

本が大好きな家系に生まれ、自身も幼少期から本ばかり読んでいたため周囲から「虫かぶり姫」とあだ名をつけられている公爵令嬢、エリィ。

そんな彼女は自分のぼんやりとした色の金髪と灰色の瞳から「虫かぶり姫と呼ばれても仕方ない」思っているようですが、実は「妖精」とも呼ばれるほどの美少女です。

ある日エリィはサウズリンド国、王位第一継承者のクリスから「自分の婚約者になれば、本を読むだけで良い生活ができる」「婚約者になれば王宮書庫室への立ち入り、書籍の貸出も自由にできる」と提案を受けます。

王宮書庫室という限定された人間しか入れない場所に入り、貴重な本を読むことができるという魅力的な提案に惹かれるエリィですが、1つ疑問がありました。

王位継承者の婚約者になれば読書をするような時間はとれないのではないかと言うエリィにクリスは「あなたの時間は必ず守ってみせる」と微笑みます。

そんなクリスにエリィはドキッとするのでした。

それから4年の歳月が流れ、エリィは18歳となりクリスの婚約者としての仕事をこなしながらも大好きな読書をする時間のある日々を送っていました。

クリスは約束通りエリィに読書をする自由な時間と、自分の執務室という場所を譲り静かに読書できる場所をあたえてくれたのです。

王宮書庫室に本を返しに行こうとしたエリィにクリスの右腕のアレクが伝言を頼みます。

アレクは誰にでも平等に厳しく、その冷淡な接し方から「氷の王子」と呼ばれていました。

返却予定の書籍とアレクに頼まれた書類を抱えて歩いていると、クリスの護衛を務め、その髪色から「赤髪の騎士」と呼ばれている青年騎士、グレンと鉢合わせます。

グレンに荷物を運ぶのを手伝ってもらい書庫へ行くと、王室書庫室管理責任者のテオドールがいました。

テオドールは現皇帝の弟で非常に身分の高い人物ですがエリィと本の趣味が似ており貴重な話ができる人物でした。

クリスやその周囲の人達とも仲良く過ごす日々に愛着を持っていたエリィですが、クリスが本当に好きな人を見つけてしまったらこの幸せは終わってしまう…と不安がよぎることもありました。

そんなある日、エリィはクリスから豪華なアクセサリーをプレゼントされます。

自分に似合うかと聞くエリィにクリスは「宝石の方が見劣りしてしまうかもしれない」と言い、それを聞いたエリィは顔を赤らめます。

ときめく気持ちもあったものの、お世辞だと自身に言い聞かせたエリィは自分の恋心に気づかないままそれ以上考えないようにします。

その夜、メイドのアニーがエリィに最近後宮に行儀見習いとして入った子爵令嬢、アイリーンの話題を持ちかけます。

アニーはアイリーンについて「良い噂を聞かないので気をつけてほしい」とエリィに伝え、クリスがエリィを放置していることに怒っている様子を見せます。

実はエリィ自身も、18歳になり成人したのに「まだ早い」と成婚を先延ばしにしているクリスの言動に悩んでいました。

お互いの利害が一致した、愛のない婚約だと分かっていても少し寂しいという気持ちを持っています。

そんなある日、エリィは王宮書庫室のハシゴにヒビが入っているのを見つけます。

その直後大きな物音がしたため様子を見に行くと、テオドールとアイリーンがいました。

エリィの本を濡らしてしまったと謝るアイリーンに、自分の方が悪いと話し、エリィはテオドールにハシゴのヒビの件を報告します。

その日以降、アイリーンがアレクやグレンと仲良さそうに話している姿を目撃し、王宮でもアイリーンが色々な人と接触していると噂が広がっています。

他人事のようにあまり気にせず過ごすエリィでしたが、ある日お茶会に遅れて参加した際にびしょ濡れになったアイリーンと遭遇して以降、グレンやアレク、テオドールに冷たい態度をとられるようになってしまいます。

王宮書庫室への出入りも遠慮するようテオドールから言われ、クリスとアイリーンが仲睦まじく話す様子まで目撃してしまったエリィは「クリスが本当に愛する人を見つけてしまった」と考え、自分の恋心に気づき涙を流します。

そんな中、エリィは「クリスがエリィからアイリーンに心変わりした」「エリィがアイリーンに嫌がらせをしている」という噂話を耳にし、驚きます。

アレクにまたも用事を頼まれ、王宮書庫室へ向かっていると突然大きな悲鳴が響き渡りました。

驚いて階段の下を見るとアイリーンが倒れており、アイリーンは集まってきた人々に「エリィが自分を階段から突き落とした」と訴えます。

騒然とする場にクリスやアレク、グレンが登場し、王宮書庫室のハシゴのヒビやアイリーンがお茶会で水浸しになった件、そして今回の階段からの突き落としも全てアイリーンとその父が親子で共謀してやった事だという事を明らかにしました。

クリスはアイリーンを処罰する事を言い渡し、エリィがいかに自身の婚約者にふさわしいかを集まった人々に聞きます。

エリィの今までの功績が次々に言われ、エリィこそクリスの伴侶にふさわしいと大喝采がわき、事件は幕を閉じました。

 

虫かぶり姫2巻ネタバレ

結婚を最後まで反対していたカスール伯爵にも認められたエリィとクリス。

アイリーンの事件の後、エリィはクリスから結婚するためには期限付きの条件をクリスがクリアしなければいけなかったという話を聞きます。

その条件はエリィの祖父と父から出されたもので、1つはベルシュタインの隠し名を使わずに貴族達から婚姻の賛成を得ること、もう1つはエリィの関心を読書よりも得ることで期限は4年以内でした。

クリスは条件が満たされたことを伝え、お互いに好きだということが分かった2人はより絆が深まります。

その後2人は3年に1度開催される本の市場に出かけます。

珍しい本がたくさんあり、嬉しそうに目を輝かせるエリィですが市場で本を盗んだ子供のルネと出会います。

ルネは何と本を盗んだのはベルシュタインの指示だと言います。

さらにクリスを「お父さん」と呼ぶ子供まで現れ、放っておくわけにもいかない事件を解決するべく、クリスとエリィは動き出します。

 

 

虫かぶり姫3巻ネタバレ

クリスが旧知の仲のニコラ・レッツィ博士に会いにいっている間、エリィはシスルの星で1人で行動していました。

そんなエリィに「ある貴族が本を燃やそうとしている」という情報が入ってきます。

本が大好きなエリィは当然許せません。

貴族の許しがたい行動の数々に怒りを燃やしたエリィは犯人の貴族の元へ単独で向かいます。

そんなエリィに貴族は刃を向け、エリィは窮地に立たされてしまうのでした。

その後クリスが駆けつけ、何とかエリィは無事なまま事件は解決します。

騒動も落ち着いた頃、正式に2人の成婚の儀が行われるのが春に決定し、幸せいっぱいで事件が幕を閉じた3巻でした。

 

虫かぶり姫4巻ネタバレ

公務のためミゼラル公国へ行くクリスを見送るエリィ。

ミゼラル公国は友好国のため危険は少ないですが、必ずしも安心とは限らないと心配な様子のエリィは呪いのようなお守りの作り方などを調べたことをクリスに伝えます。

期待とは違った行動ではあるものの、自分を心配してくれているエリィの姿に嬉しそうな様子を見せるクリスは「エリィの方こそ怪我などしないように」と優しく言い出発します。

エリィはクリスの姿を見送りながら、想い合っているからこそ離れ離れになることがとても寂しいと感じました。

その後、クリスの代理としてエリィは狩猟祭に参加することになります。

狩猟祭にはクリスの婚約者になりたかった令嬢のソフィアが来ており、エリィに嫌味や陰口を言い、エリィを目の敵にします。

ソフィアだけでなく辺境の地イーディアの領主、ロウ・ヘイドンとも対面し、彼の領地の軍事費を医療費に充てたエリィの采配に対して非難を向けます。

エリィは今までずっとクリスに守られてきたのだと気づき、落ち込んでしまいました。

そんなエリィの元に謎の男性、アーヴィンも登場します。

アーヴィンは一体何者なのか、ソフィアやロウ・ヘイドンとはこのまま対立した関係が続くのか、波乱の予感が残る4巻でした。

 

虫かぶり姫5巻ネタバレ

エリィとロウ・ヘイドン伯爵の娘アンナに恥をかかされ激怒した貴族のオーエンはアンナを突き飛ばし、そのままエリィにも暴力を振るおうとします。

エリィは身につけていた護身術でオーエンを撃退、駆けつけたクライス家の従僕とアーヴィン、テオドールによって騒ぎは無事に収束しました。

オーエン撃退のために使った本が破損してしまったと落ち込むエリィを、アンナは本は補修すればまだ長持ちすると慰めます。

事件をきっかけにエリィとアンナは急速に仲が深まりました。

一方クリスは狩猟祭で不穏な動きを見せている者がいるという情報を受け、急いでエリィの元へ向かおうとします。

狩猟祭ではクリスの知った「不穏な動きをしている者」の仕業か、エリィの乗っていた馬が突然暴れ出します。

間一髪のところでアーヴィンに助けられたものの、エリィはアーヴィンと2人で古城に閉じ込められてしまいます。

 

虫かぶり姫の最後ラストでエリィとクリスに子供が産まれる?

虫かぶり姫は書籍版の小説・漫画ともに未完です。

web版である「小説家になろう」で掲載されていたものは、まだ続きそうな終わり方であったため未完結であると思われますが連載終了となっています。

結婚式までで終わるのか、子供も生まれ幸せな様子のエリィとクリスが描かれるのか、読んでいる側としてはどんなラストを迎えるのか気になるところですよね!

虫かぶり姫の最終回はどんなラストになるのか、結末を予想してみました!

 

虫かぶり姫の最後ラスト予想①成婚の儀が行われる

虫かぶり姫の最後はやはり成婚の儀、つまり結婚式が行われる可能性が高いと思います。

婚約者として奮闘、様々な事件を解決してきたエリィとクリスなので、ぜひとも幸せな結婚式を迎えてほしいところです。

アレクやグレン、テオドールはもちろん、アンナやソフィア、アーヴィンも参列する様子が描かれるのではないでしょうか。

妖精と呼ばれるエリィのウエディングドレス姿は絶対素敵ですし、美麗な結婚式のイラストも見たいですよね!

 

虫かぶり姫の最後ラスト予想②エリィとクリスの子供が生まれる

虫かぶり姫の最後には2人の子供が生まれており、幸せそうな様子が描かれるのではないでしょうか。

エリィに似て読書が大好きな子供が生まれていそうですよね!

子供を持ってもお互いへの好きという気持ちを忘れず、仲睦まじい様子のエリィとクリスが描かれる可能性は高いと思います。

 

虫かぶり姫の最後ラスト予想③クリスが側室を迎える

最後のラストでクリスが側室を迎えている可能性はかなり低いと思われます。

クリスはエリィが恋心に気づくよりもずっと前からエリィを想い続けており、以前アイリーンと話しているところをエリィに目撃された時には物凄い動揺を見せるほどに一途です。

そんなクリスがエリィを悲しませると分かっていながら側室として別の女性を受け入れることはまずないと思います。

もしあるとすれば、政治的な理由など様々な事情でエリィも心から望んでいるという極めてレアなケースのみでしょう。

もし側室を迎えたとしても、子供が生まれたりデートをしたりということは一切起こらないと思われます。

 

まとめ

今回は虫かぶり姫の最後を含めた全話のネタバレと最終回のラストはどうなるのかについて徹底解説してきました。

虫かぶり姫は小説・漫画ともに未完のため、最終回でエリィとクリスがどんなラストを迎えるかは不明です。

エリィとクリスは全話通してお互いに想い合っている様子が伝わってくるので、2人にはぜひ幸せな最後を迎えてほしいですね♪

まだまだ波乱も起こりそうなので、次のネタバレがとっても気になります。

引き続き、虫かぶり姫に注目していきましょう!

\無料で漫画が読める人気アプリ!/

今多くの漫画ファンから人気の『マンガBANG!』

人気の理由は【多くの作品を無料で読めるから!】

数多くある漫画アプリの中でもマンガBANGは

●登録一切不要
●無料ダウンロードだけすぐに読める
●ジャンルが幅広い
●試し読みではなくたくさん読める

漫画好きからは絶大な人気を誇る漫画アプリ☆

まだダウンロードしていない人はあなたが読みたかった漫画が無料で読めるかも!?

ダウンロードですぐに読めるので、ぜひあなたの読みたかった漫画を検索してみてくださいね♪

簡単無料ダウンロードはこちら>>