国内ドラマ

マイファミリー犯人のIDが阿久津と同じharuto1212!犯行動機についても考察!

マイファミリー犯人のIDが阿久津と同じharuto1212!犯行動機についても考察!
Pocket

こちらの記事では「マイファミリー犯人のIDが阿久津と同じ!ゲームチャットharuto1212が怪しい!」と題してお送りします。

人気の日曜劇場ドラマ「マイファミリー」

二宮和也さん主演ともあって非常に注目度の高いドラマですね。

そして今回、このマイファミリーでは二宮和也さん演じる鳴沢温人(なるさわはると)と多部未華子さん演じる鳴沢未知留の子供である鳴沢友果が誘拐されてしまうというお話になっています。

そこで気になるのはやはり友果を誘拐したその犯人ですよね!

今現在3話まで放送されていますが、実はこの3話で犯人ではないか?と思われるヒントが放送されていました。

こちらの記事ではマイファミリー3話で放送された犯人とのやり取りの中でゲームチャットのID、「haruto1212」が阿久津のものなのではないかという疑惑について詳しくお話していこうと思います。

これが本当に真実でそのままの答えで合っているのだとしたら・・・?

犯人は本当に阿久津なのでしょうか?!

また阿久津が犯人だとしたらその犯行動機は何なのでしょうか?

犯行動機まで予想し考察としてお話していきます。

 

マイファミリー犯人のIDが阿久津と同じharuto1212!

3話での放送の中で犯人と温人が交渉をする場面がありました。

友果を開放する代わりに犯人が要求してきたのは現金5億円でした。

もちろん犯人は警察とのやり取りを一切断ち切ることを要求します。

そこで温人は警察に犯人とのやり取りがバレないようにと犯人に自分が開発したゲーム「リビットウォーカー」内でのやり取りの提案をします。

スマホでは電話やメールでの犯人とのやり取りが警察に知られてしまいますが、このゲーム内でのやり取りであれば警察は知ることができないからです。

その提案に犯人も乗り、温人は犯人と「リビットウォーカー」内でチャットのやり取りを行うことになりました。

その時に犯人が設定していたIDは「haruto1212」でした。

しかし、実はこの「haruto1212」というゲーム内でのIDですが、すでに1話でこのIDを利用していた人物がいたのです。

それが阿久津晃(あくつあきら)です。

1話ではラストにほんの少しの時間しか映っていませんでしたが、阿久津が操作していたリビットウォーカーのIDは確かに「haruto1212」でした。

通常ゲームアプリのアカウントIDなどは他の人と重複して使用することができないので、この「haruto1212」を利用できるのは世界でたった一人。

そう考えると犯人は阿久津と考えてほぼ間違いないですし、これはかなりの証拠になるのではないでしょうか!

もしこれがこのまま、何もカラクリがなかった場合、もしかしたらかなり早い段階で犯人、もしく共犯者がわかってしまったかもしれませんね。

 

阿久津晃とは?

このマイフォームの中では鳴沢温人とも家族ぐるみで仲の良い人物です。

温人とは仕事での繋がりがあり、日本を代表するネットサービス企業・NEXホールディングス社長で最高執行責任者でもあります。

3話では友果を取り返すために、温人の作戦にも協力し、そのお陰で友果の居場所を特定することができました。

阿久津の協力なしでは友果は取り返せなかったのではないでしょうか?

また阿久津にも奥さんと子供がいて家族仲の良い幸せな家庭を育んでいます。

その阿久津がもし犯人だとしたら、なぜ鳴沢温人の子供を誘拐し、温人を苦しめるような行動を取ったのでしょうか?

その犯行動機について次はお話していきたいと思います。

 

マイファミリー犯人の犯行動機を考察!

まだ明確に今回の犯人が阿久津かどうかはわかりませんが万が一、本当に阿久津が今回の誘拐事件の犯人だとしたら?

またもしくは黒幕でなく、犯人の共犯者となっていたとしたら阿久津の犯行動機は何なのでしょうか?

阿久津が犯行に及んだ動機について考えてみました。

 

NEXホールディングスの利益拡大のため?

今回の誘拐事件が起こったことで阿久津はハルカナの株を多く手にすることができ、一番得をしているのは明らかに阿久津ではないでしょうか。

また同時にハルカナの株を多く手に入れた上にハルカナの株も、温人が誘拐事件を会見で公表し、ハルカナの株を急上昇させたことでNEXホールディングスの利益にも多く関わっているはずです。

それを新たなNEXホールディングスの事業に利用し、更なる利益を産もうという考えがあったのかもしれません。

ただし、少し気になるのは5億という大金ではありますが、本当に阿久津にとって5億というお金は本当に必要なお金だったのか?というところです。

阿久津にとって誘拐犯のリスクまで背負って5億というお金を手にする必要があったのかと考えるとそうでない気もしてしまいます。

5億を手にすることはあくまで前の段階の話で、その背景には”ハルカナ・オンライン・ゲームズの乗っ取り”が最終目的なのではないかと考えています。

5億を手にすることというよりは、鳴沢温人から5億円を奪い、温人に「ハルカナ・オンライン・ゲームズ」を手放すように促すため。

そして「ハルカナ・オンライン・ゲームズ」を買収することが阿久津晃の本当の目的なのではないでしょうか。

ただその阿久津の心情についての本当の動機についてはまだまだ想像するには少し難しいところがありますね。

何かしら鳴沢温人に対して恨みを持っているのか・・・?

そんな心の動機についても今後の展開を見ながら考えてみたいと思います。

 

まとめ

こちらの記事では「マイファミリー犯人のIDが阿久津と同じharuto1212!犯行動機についても考察!」と題してお送りしました。

第3話のマイファミリーで大きな犯人に繋がるヒントを得ました!

それは温人が犯人とのやり取りで使っていたゲーム「リビットウォーカー」内でのIDです。

犯人は温人との現金の受け渡し、そして友果を開放するという取引きで「リビットウォーカー」内でのチャットのやり取りを行いました。

そのやり取りの中で犯人が使っていたIDが「haruto1212」だったのですが、実はこのIDすでに1話で松本幸四郎さん演じる阿久津晃が使用していたIDだったということがわかっています。

これにより、この友果誘拐事件の犯人は阿久津なのではないかと予想ができました。

また友果誘拐の動機としては「ハルカナ・オンライン・ゲームズ」の買収が最終目的なのではないかと予想しました。

しかしその阿久津の心情の部分の犯行動機に関しては正直なところまだ想像がつきません。

今後話数が進むにつれて、また登場しそうな犯人の要求から阿久津の本当の犯行動機についてまた考察していきたいと思います!