ドラマ

マイネーム韓国ドラマ最終回・結末ネタバレ!最後お墓の骨壺の意味も詳しく紹介!

マイネーム韓国ドラマ最終回・結末ネタバレ!最後お墓の骨壺の意味は?
Pocket

こちらの記事では「マイネーム韓国ドラマ最終回・結末ネタバレ!最後お墓の骨壺の意味も詳しく紹介!」と題してお送りします。

今Netflixで話題の韓国ドラマ『マイネーム』。

2021年10月15日からNetflixで配信が開始され瞬く間に人気の話題作となっています。

その話題作「マイネーム」についてこちらの記事では最終回の結末ネタバレとして内容を細かくご紹介していこうと思います。

また最終回まで見られた方の中で皆さんが気になった最後のお墓のシーンについても、骨壺がなぜ3つあったのか?

誰の骨壺だったのかなどについても詳しくお話していきたいと思います。

※最終回のネタバレになりますので知りたくないという方はご注意ください!

 

マイネーム韓国ドラマ最終回・結末ネタバレ!

ムジンからジウへの伝言頼まれた弁護士はジウの元に向かいムジンからの伝言を伝えます。

「弁護はしない。お前を刑務所には行かせない。俺のところに来い。」と伝え、弁護士はピルトに「彼女には治療が必要です」と訴え、ジウをわざと病院へ行かせるように仕向けました。

ピルトとともに病院に向かうジウ。

すると病院に着いたところで、意識を取り戻したチャ・ギホ(チーム長)からピルトに電話が入ります。

急いでピルトはギホの病院へと向かいます。

ピルトは病院に着くとギホに「刺したのはオ刑事(ジウ)ですね?逮捕しました。」と伝えます。

するとギホは驚くべき事実をピルトに伝えます。

「ドンフン刑事を知っているだろう?オ刑事(ジウ)はあいつの娘だ。ドンファンは潜入捜査官だった。私がドンフンをトンチョン派に送り込んだんだ。私を刺したのはテジュだ。彼女は父親を殺された復讐の為にムジンの手先に。チェ(ムジン)に騙されたんだ。」

ピルトはジウの本当の正体を知り驚きます。

一方、ジウは手錠をされながら治療を受けていたものの、治療をしていた看護師は実はムジンの手先の看護師でした。

看護師から車のカギを受け取り、協力を得てどうにか病院から抜け出したジウ。

ジウは車に乗り込み走り出そうとしましたが、そこへピルトが立ちはだかりました。

「どこへ行く?チェ(ムジン)のところか?奴を殺すためにわざと開放したのか?!」と聞くピルト。

ジウは「そう思うならどいて!」と言い返します。

しかしピルトは「行かせない。殺されに行くのを見逃がせと?例え殺せたとしても無傷じゃない!わかるだろ!」と言って自分とジウを手錠で繋ぎジウを取り押さえます。

しかし、譲らないジウ。

二人が言い合っているとそこにムジンの手下たちが現れます。

二人で立ち向かいどうにか逃げ切ったジウとピルト。

ピルトはジウを以前に話に出た海に連れて行きます。

「以前に約束しただろう。」

手錠を外すピルト。

ピルトは海の近くにある友人の別荘にジウを連れてきたのでした。

そこでピルトはジウの治療をしながら語り始めます。

「自分も常にナイフを持ち歩いていた。いつでも妹を殺した犯人を刺せるように。何度も犯人を殺す夢を見た。そうすると顔付きが変わった。まるで殺人鬼のように。君はそうはなるな。これ以上狂わないで欲しい。」

そう伝え、また「一人で背負わずにいつでも俺を頼れ。」と言葉をかけます。

ピルトの優しさに触れたジウは思わず涙を流し、ピルトにキスをします。

そして二人は体を重ね合いました。

自分とピルトは違うと語るジウにピルトは言います。

「チェ(ムジン)を捕まえよう。お父さんも殺すのではなく法で裁こうとした。お父さんが成し遂げられなかったことを成し遂げよう。」

その頃、一人部屋で酒を飲みながらドンフンの事を思い出していたムジン。

「俺は俺を信じるものを一度も裏切ったことはない。でもなぜ俺は裏切られるのか。ジウには自分を殺す理由がある。だから早く俺のところに来ればいいんだ。」と独り言を言っているとそこに女弁護士が入ってきます。

ムジンに対し、「警察は令状を取っています。急いで逃げなければ。」と伝えますが、ムジンは逃げるどころか「なぜアイツは俺のところに来ない。裏切りだ!拾ってやった時からあいつの命は俺のものだ。だからどちらか一人が死ぬまで終わらない。死ぬか殺すかだ。」と怒りと哀しみをあらわにします。

その頃、海近くの別荘で一緒にいた二人。

二人で警察に戻ることを覚悟し、出頭することを決めるジウ。

ピルトは「世間からの非難で相当辛い思いをすると思う。懲役も免れられないだろう。」と話します。

「覚悟はしている。」と応えるジウ。

ピルトは優しく手を握ります。

「俺はお前に何があってもずっと側にいるよ。」

そうピルトが言った次の瞬間!!

二人の乗った車の横にバイクが停まり車に向けて銃を発砲しました。

弾丸はピルトに当たってしまいピルトは射殺されてしまったのです。

バイクの男はムジンでした。

何が起きたかわからないジウ。

しばし呆然としていましたが警察が来て騒ぎになる前にその場を立ち去ります。

そしてその夜、ついにジウはムジンの元に一人で向かいます。

たくさんのムジンの手下たちがムジンに襲いかかりますが、ジウはボロボロになりながらもムジンのいる部屋へと向かいます。

手下たちと戦う中、ジウは自分の持っていた拳銃の銃弾をムジンに向ける一発以外を残して捨てます。

しかしムジンのいる部屋まで敵はあと一人というところでジウはムジンに向けるはずの銃を最後の手下に向けて撃ってしまいます。

そしてなんとかムジンの元に辿り着いたジウ。

激しい二人の戦いが始まります。

ムジンは「どちらかが死ぬまで終わらないぞ。何を躊躇している。」と話すと、ジウは「躊躇ってた。平凡に生きたくて。」

「復讐すれば化け物になる。あなたの様な化け物に。」

「でも、自分が迷ったせいでまた大切な人が死んだ。」と迷いをしてムジンに向かっていきます。

ナイフで戦い合う二人。

ジウの持っていた銃をムジンは手にします。

そして、ジウがムジンを刺そうとした時、ムジンがジウを撃とうとしますが銃の中に弾丸は入っておらずジウはムジンを刺し、ついにムジンを殺したジウは復讐を遂げます。

それはムジンから教わった殺人の技術でした。

信じていた自分を育てたムジンを自らの手で殺し復讐を遂げたジウ。

最後、ジウは父と母の眠る墓を訪れます。

そして小さな一つの骨壺を入れ、鍵をかけます。

その後ピルトとピルトの妹のお墓を訪れ、花を添えてジウは去っていきます。

 

最終回8話を観ての感想

正直ピルトとジウが結ばれたのには驚きました。

「え!?いつからそういう二人の展開あったの?w」と思ってしまって。

でもここまでかなりハードな内容だったのであそこで急展開は急展開でしたがジウが少しでもホッとしたというか、小さな幸せを見つけた様な時間があったのは確かにジウにとっては救いの時間だったのかなぁと思いました。

ちなみに気になったので調べて見たのですがあのラブシーンについてジウ演じるパク・ソンヒさんも最初は少し戸惑ったようです。

あのシーンが入ることでジウの復讐への信念がブレてしまうのではないかと思ったからです。

しかし監督曰く、あのシーンではピルトとの愛というよりも”ジウの人間らしさ”を表現したかったんだそうです。

確かにあのシーンでのジウはやはりちょっと今までのジウとは違いましたもんね。

そう言われると確かにジウも普通の女性だったんだよねと思えるシーンだった気がします。

でもそんなシーンを迎えてからのピルトの突然の死。

それはないよ~!と本当に悲しかったですし、二人は結ばれないにしてもピルトは殺さないで欲しかったですね。

なんとなくでもジウの側にいる男性でいて欲しかったのですごいショックでした。

最後はもちろん予想通りにジウの勝利でしたが確かに復讐はやり遂げたし、ちゃんと終わったなという感じはあったので満足感はありましたけど、どこか「ふぅ。。。」っと切ない終わりでした。

 

マイネーム韓国ドラマ最終回・最後お墓の骨壺の意味は?

最後のお墓のシーンについて「あれ?骨壺は3つなの?最後のあの下の段にあった小さい名前の無い骨壺は誰の?」と思った方もいるのではないでしょうか。

あのシーン確かに「誰のだろう?」と思いましたよね。

あのシーンを見た人の中には「ピルトのかな?」と思った方もいるようです。

しかし、あの父と母のお墓参りの後のシーンでピルトとピルトの妹のお墓をお参りしているシーンがあったことや、3つ目の何も書いていない骨壺を入れた時にジウが何も言葉を発さないところを見るとピルトの遺骨ではない気がするんですよね。

いろいろな考え方があるとは思いますが私が思うにあの骨壺は「オ・ヘジン」であった自分の骨壺を意味していたのではないかなと思いました。

先々の自分の骨壺という意味なのかなとも一瞬思いましたが、それなら”ユン・ジウ”と名前が入っていてもいいかなと。

すべての復讐が終わったことでオ・ヘジンとしての人生は終わり、”オ・ヘジンは死んだんだ”とジウ自身でこの悲しい出来事を完全に終わりにするために骨壺を入れたと解釈すれば名前が入っていなかったこともなんだか納得できる気がします。

オ・ヘジン自体は実際は実在しない人物ですから名前を入れるのは少しおかしいですし、ただ、ジウにとっては終わりにしたい過去ではあるので空の名前の入っていない骨壺を入れたのではないでしょうか。

 

まとめ

「マイネーム韓国ドラマ最終回・結末ネタバレ!最後お墓の骨壺の意味も詳しく紹介!」と題してお送りしました。

今回は今人気の話題作、韓国ドラマ「マイネーム」の最終回についてお話させていただきました。

結末ネタバレとしてストーリーや感想もお話してきましたが、ここまでマイネームを見てきた方はいかがだったでしょうか。

やはり最後は予想通りの切ない終わり方でしたが「終わった。。。」という悲しいけどスッキリな気持ちにはなれましたね。

また今回は「どういう意味?」と思われた方も多かった最後のお墓参りのシーンでの骨壺の意味についてもお話させていただきました。

ジウが直接言葉を発してはいないので100%の正解はわかりませんが私はオ・ヘジンの骨壺を意味していたのではないかなと思います。

お墓参りを終え、花を添えて去って行ってしまったジウは一体どこへ向かったのでしょうか?

切なく終わった「マイネーム」ですがジウが完全に人間らしさを取り戻すことができるシーズン2うにも期待したいですね!