スポーツ

大谷翔平がオリンピックに出ない理由なぜ?メジャーリーガーは出場できない?

大谷翔平東京オリンピック2021に出ない理由は?
Pocket

「大谷翔平がオリンピックに出ない理由なぜ?メジャーリーガーは出場できない?」と題してお送りしていきます!

今日本が誇る野球選手であり、大注目のメジャーリーガーと言えば大谷翔平選手ですね。

思わず敵チームも絶賛、絶句するほどの活躍ぶり!

そんな大人気の大谷翔平選手ですが実は残念なことに東京五輪2020は出ないということがわかりました。

日本としてはぜひオリンピックのマウンドに立っている姿を見たいところですが、どうやらメジャーがその出場できない理由になっているようです。

大谷翔平選手がオリンピックに出ない理由はなぜなのか、ここから詳しく解説していきますね!

 

大谷翔平オリンピックに出ない理由は?

東京オリンピックには残念ながら出場しないということが決まっているようですが、これだけ人気なだけにかなり残念ですよね。

調べてみると、どうやら国際オリンピック委員会(IOC)はすでに大谷選手やダルビッシュ有選手のオリンピック派遣を要請したようですがこれに対して球団の答えはNoだったようです。

それはなぜなのでしょうか?

 

大谷翔平がオリンピックに出ない理由はエンジェルスに拒否されるのから

一番大きな原因として上がるのが、要請をしたとしても所属しているエンゼルスに拒否されるのがほぼ確実だからではないかということです。

また選手が出場するかどうかは球団に決定権があり、当たり前の話ですがプロとしては選手一個人の意見で決めることはできません。

これはよく考えれば当然なことですが今、日々の試合で活躍されていて、投手としても打者としてももはや欠かせない存在である分、ファンだけではなくエンゼルスにも大きな期待をされているんですよね。

またもはや球場に立つだけでその場の空気が変わる様な存在になっていますからね。

そして、もし出場することで調子が振るわなくなるとしたら、必ず「オリンピックのせいだ」と言われてしまうのは当然な流れかもしれません。

今これだけ記録を残している分、その責任はかなり大きくそのことを懸念しているのですね。

 

大谷翔平がオリンピックに出ない理由は怪我のリスクを懸念してるから

本来、メジャーの試合に出場する時ですら懸念される怪我。

万が一オリンピックでが怪我をしてしまったとなるとエンジェルスに多額の違約金を請求されかねません。

ただでさえ二刀流という難易度の高いことをメジャーリーグでやっていますよね。

これは本来まずあり得ないことで、やはりそもそも二刀流ということ自体、それぞれ違う筋肉を使う分、体への負担がかなり大きくなっています。

投手、打者として体を酷使しているのは誰もがわかっていることであり、今はさらなるケガのリスクは避けたいというのが本音ではないでしょうか。

でもきっと大谷選手のあの性格ですからね。

野球が根っから大好きな人なのは有名な話なので、きっと抑えなくてはいけない場面でも出場したとなればできる限りの精一杯の事をやってくれてしまうのが想像つきます。

そうなるとやはり怪我のリスクはどうしても増えますよね。

本来ベースとなる場で結果が出せなくなってしまったとしたら・・・と怪我のリスクへの懸念も大きいのではないでしょうか。

 

大谷翔平がオリンピックに出ない理由はメジャーがシーズン中だから

東京オリンピックの開催時期は7月23日~8月8日です。

その時期メジャーはまさにシーズン真っ只中。

例えオリンピックが世界大会であったとしてもシーズンをその為に中断するなんてことはしません。

もし出場するとなるとその期間はやはりエンゼルスとしては大きな痛手になります。

このシーズンがガッツリ重なってしまっていることも大きいと言えるでしょう。

やはり世界大会よりもそちらを盛り上げたい気持ちが強いのではないでしょうか。

 

大谷翔平がオリンピックに出ない理由はコロナ禍だから

今や世界的に問題のコロナウィルス。

現在、外国人、日本人問わず海外から日本に来日となった場合には来日後、自主待機をすることになりますが、その期間は14日と隔離期間が設けられています。

それはいくら大谷選手と言えども例外ではありません。

人の命に係わることですからね。

実際、すでにオリンピック選手が日本に来日後、コロナウィルスに感染してしまったというニュースもあったくらいなので、やはりそこはどうしてもしっかり守っていかなければいけないことでもあると思いますし、実際にコロナへの感染のリスクも大きいのではないでしょうか。

またもし実際に参加するとなると、野球の試合がある日だけでなく最低でもその14日前には来日しなければいけないことになります。

それは実際かなり現実的ではないですよね。

このコロナウィルスという世界を巻き込んだ大変な問題も今回の選択に大きく関係しているのではないでしょうか。

 

大谷翔平がオリンピックに出ないことに対してファンの声は?

またこの決定をファンはどの様に思っているのでしょうか?

実際のファンの声を集めてみました。

やはり大谷選手がオリンピックに出ない事自体を疑問に思う人もいるようです。

やはりオリンピックで活躍している姿を見たいといファンは多いようですね。

しかし一方でコロナの影響を心配される声も上がっていました。

確かに世界の舞台に立っている姿を見たいという気持ちはやはりありますが、様々なリスクがある以上、今年は状況的にかなり難しいものがあるかもしれません。

その事はきっとファンであれば余計にそう感じているのではないでしょうか。

 

オリンピックにメジャーリーガーは出場できない?

大谷翔平が東京五輪2021に出ない理由なぜ?メジャーリーガーは出場できない?

実はメジャーの選手はそもそもオリンピックには参加しないという方針になっているようです。

これはMLB公式の「MLBネットワーク」ジョン・モロシ記者が話していたことですが

「メジャー登録40人枠に入らない選手には東京オリンピックへの参加を認める方針だ。」と報道していたことがありました。

これは一見なんだか寛容に東京オリンピックへの参加を認めたよ!という感じで書いてあるのですが、あくまでそれを認めたのは登録していない選手のみ。

登録されている40人に対しては参加を認めないと言っていることと同じなんですよね。

なので他の日本人選手でもサンディエゴ・パドレス所属のダルビッシュ有選手やミネソタ・ツインズ所属の前田健太選手等にも同じことが言えてしまい、決してエンゼルスがNoと言っているだけではなく、もはやMLB自体がメジャーの選手に対してオリンピックへの参加を認めていないということなんです。

このMLBの考えはとにかく根深く、「あくまでオリンピックはアマチュアスポーツの祭典」という考え方が強いようで、オリンピックに対抗してなのか2006年にはWBCを創設しており、オリンピックではなくこのWBCの大会こそが野球の世界大会であるという事を示してまでいるんですね。

もはやMLBにとってオリンピックは「勝手にやっている世界スポーツ大会」くらいにか思っていないのかもしれないです。

そのMLBの考えが変わらない限り、オリンピックに出るというのはかなり難しいことに変わりはないでしょう。

野球の本場ともいえるメジャーリーグに夢はたくさんありますが唯一、そこに関してだけはかなり厳しい対応でメジャーの日本人選手がオリンピックで活躍する姿を見られるのはまだ少し先の話になりそうです。

 

まとめ

「大谷翔平がオリンピックに出ない理由なぜ?メジャーリーガーは出場できない?」と題してお送りしてきました。

この夏に行われる東京五輪2021。

野球で出場が期待された大谷翔平選手はやはり残念ながらオリンピックには出ないようです。

その理由がなぜなのかというとエンゼルスとして懸念点が多いというのが一番大きな出場できない原因ではないかということがわかりましたね。

また時期としてもシーズン中であったり、元々根強いMLBのオリンピックに対しての考え方が変わらない限り、大谷選手だけでなくメジャーリーガー全体でこの問題は大きいようです。

また今年に関しては何と言ってもコロナ禍ということもあります。

様々な事が重なってのオリンピック不参加は日本人のみならず、世界の大谷ファンも世界大会での活躍を見てみたかったという残念な気持ちですね。

また今年はコロナの影響もあったため、この状況ではどちらにしても可能性は低かったかもしれません。

この事は非常に残念なことですが、きっとその分エンゼルスでさらに活躍してくれるのではないかと思いますので、これからもその活躍を楽しみに応援していきたいと思います!

きっとみんながびっくりするようなすごいことをやってくれるのではないでしょうか!