\ 2022年最新☆無料で読める人気漫画アプリは?!/
マンガ

ワンピースのイム様の能力の強さはウラヌス?正体の最新を考察!

ワンピース イム様 能力 強さ ウラヌス 正体 最新
Pocket

大人気漫画のワンピースでイム様の能力や正体はウラヌスなのではないかと話題になっています。

イム様の強さが最新のジャンプで判明し、多くのワンピースファンが考察を始めています。

今週の最新のジャンプでワンピースの大きな謎であるイム様という存在の、能力や強さが少しだけ判明しました。

正体は最後の古代兵器であるウラヌスではないかと考察するファンが続出しています。

サボの行方を心配していたファンにとって、衝撃のシーンに誰もが驚いたと思います。

謎が多すぎるイム様の正体や能力を、最新話の情報も含め考えていきます。

 

ワンピースのイム様の能力の強さはウラヌス?

週刊少年ジャンプでワンピース最新話第1060話に描かれた衝撃のシーンが今話題になっています。

サボがマリージョアより逃げ出し、身を潜めていた8カ国同盟の1つであるルルシア王国が、おそらくイム様の手によって消されてしまいました。

古代兵器「ウラヌス」とは、「ポセイドン」「プルトン」と並ぶ神の名に関する強力な兵器のことです。

発動すれば、海王類たちを従えたり、島一つ破壊してしまうという本当に神の力そのもの。

ウラヌスは魚人島にてロビンとネプチューン王の会話の中で初登場しました。

現在詳細が判明している古代兵器は、ポセイドンであるしらほし姫、ワノ国に眠る巨大戦艦プルトンで、ウラヌスは謎に包まれています。

ルルシアの空に厚い雲とその中に潜む謎の物体から放たれたであろう光によって島ごと消し飛ばされましたね。

本当に衝撃的なシーンで、サボやルルシアにいた人たちはどうなったのか心配でなりません。

そして、この光を放った物体こそ、最後の古代兵器である「ウラヌス」なのではないかと注目を集めています。

光が16本だったから「1 6(イム)」なのでは?

という考察も多くみられました。

イム様が深くに関係していることは間違いなさそうですよね。

イム様の能力やウラヌスとの関係などについてみていきましょう。

 

古代兵器・ウラヌスが関係している?

今回の描写では、ウラヌスが発動する際にイム様が連動して描かれているようでした。

このことから、おそらくイム様がウラヌス、もしくはウラヌスを発動したように思います。

サボが潜伏していた島を察知し、あの短い時間で島を消し飛ばしてしまった力は異常でした。

もしあれが、イム様の力と判明した場合、力だけでいうとワンピース界の王だということは間違いありませんね。

強すぎる力には制限があると言いますが、今の所謎が多く、ルフィたちも危険に晒されている状況にあるということになります。

連発や今までの大海賊たちへの攻撃がなかったことから、なんらかの制約はあるのかも知れませんが、イム様の力であれば勝機が見えるのかが疑問です。

 

イム様とウラヌスの関係

ここで少し古代兵器について簡単にみていきましょう。

まず「ポセイドン」は、しらほし姫だと判明しており、数百年に一度誕生する人魚姫のことで、海王類と会話ができ従えることができます。

また海王類を使い、約束の舟ノアを動かすことができます。

次に「プルトン」ですが、一番初めに登場した古代兵器で、アラバスタ編にてクロコダイルの目的のものでもありました。

1発打てば島一つ吹き飛ばすほどの威力で、ウォーターセブン編にてフランキーが設計図を見て、こんなもん人間に作れるのかと驚いていました。

そしてプルトンはワノ国にあり、ズニーシャの力が発動の条件になっています。

さてここで大切なのが、古代兵器発動には人が関わってくるということです。

ポセイドンはしらほし姫自体が古代兵器となっていますが、海王類を操りノアを動かすことができます。

そして、プルトンを発動させるにはズニーシャを動かすモモの助の存在があります。

このように古代兵器はそれ単体ではなく、「人・物・発動させる生き物」によって成り立っているように思います。

今回イム様がウラヌスを発動させたのであれば、しらほし姫のようにイム様自信が古代兵器なのか、モモの助のように発動を支持する存在のどちらかだと予想します。

そして今回、謎の物体が上空に登場しているので、おそらくモモの助のように指示を出せる存在なのではと考えます。

 

ウラヌスはビビ?

今回の話が出た後に、ビビがウラヌスなのではないかと考える方も多いようです。

世界会議(レヴェリー)で行方不明になったビビですが、もしかするとイム様や五老星の指示で連れ去られたのかもしれません。

理由は、ビビがウラヌスだからです。

そして、それを庇おうとしたコブラ王が殺されてしまい、近くにいたサボは罪を被せられたとすると話の辻褄が合うように思います。

元々ネフェルタリ家は20人の王の1人で、唯一レッドラインを降り、国を作った一族です。

もしウラヌスは、しらほし姫と同様に数百年に1度、ネフェルタリ家から生まれるというのであれば、イム様が以前からビビのことを意識していたことにも納得します。

ただビビ1人では発動させることができず、イム様の力を使って発動することができるのかもしれません

また、ウラヌスを発動させるには天竜人の血が必要で、同じもしくは近い血筋をもったネフェルタリ家が狙われたという説も出ています。

とにかく、ビビはイム様たちに捉えられているとすれば、かなり危険な状況なのは間違いありません。

 

ウラヌスは巨大な麦わら帽子?

次に怪しいのは、冷凍されている巨大な麦わら帽子です。

以前ドフラミンゴが言っていた「国宝」とは、あの巨大な麦わら帽子ではないかと言われています。

もしウラヌスだった場合、国宝というのはかなり頷けます。

または、ウラヌスはイム様で麦わら帽子とセットで発動することができるのかもしれません。

世界政府にとって都合の悪い国や海賊たちを今回のように消し飛ばすことが今までなかった為、連発はできないのではないかと思われます。

また巨大な麦わら帽子が凍っている描写もあったため、ウラヌスのクールダウン時に凍るのではないかと思います。

 

ウラヌスは蝶?

イム様がいつもいる、パンゲア城内にある「花の部屋」。

花が咲いていて綺麗な場所ですが、この部屋が描かれる時には必ずイム様の周りに蝶が飛んでいます。

何気ない描写ですが、実はこれがウラヌスと関係があるのではと言われています。

古代兵器は、「人・物・発動させる生き物」と言いましたが、もしかするとこの蝶たちがウラヌスを発動させる生き物である可能性があります。

そして、イム様はこの蝶たちを操ることができるということです。

蝶が関係しているなら、バタフライエフェクトを尾田先生が採用しているのでは?

という考察がありました。

バタフライエフェクトとは、「蝶がバタバタと羽を動かすと、遠くで竜巻が起きる」などの、小さい出来事が遠くの方で起こる大きな出来事に発展していくという意味だそうです。

蝶の小さな羽ばたきが、どんどん大きくなり遠くで竜巻になるということです。

そして、今回のウラヌス発動もこのバタフライエフェクトなのではないかということです。

蝶を操り、遠くの方で起こる出来事をコントロールするのがウラヌス、またはイム様の力なのかもしれません。

そしてバタフライエフェクトは発動までに時間がかかるため、連発もできないということです。

力を蓄えておけるような設定があると、今回サボやルルシアをリアルタイムで攻撃することは可能だと思います。

 

ワンピースのイム様の正体の最新を考察!

謎大きイム様。

世界政府の頂点に君臨している姿は、まさに世界の王ですよね。

そもそもイム様は何者なのか?

初登場時から皆が考えていることだと思います。

ここからは、イム様は何者なのか最新の考察を基にみていきます。

 

イム様は天竜人ではない?

イム様は、天竜人の頂点に君臨する五老星すらも跪き、虚の玉座に座ることのできる存在です。

イム様に関しては、未だ全て謎に包まれており、見た目もシルエットのみ。

言葉も発しておらず、何者なのかわかっていません。

唯一目がかなり特徴的で、ズニーシャと同じ目をしているようにも思えます。

そんなイム様ですが、かねてより正体について多くの考察がありました。

そんな中、五老星の上に立つにも関わらず、そもそも天竜人ではないと憶測が飛んでいます。

天竜人ではないなら、何者なのか考えてみましょう。

 

月から来た宇宙人

これは、かなり有力な候補の一つになっています。

ワンピースではかねてより、月の存在を重要視する描写が多く登場します。

ルフィが太陽の神ニカであることを踏まえると、その敵であり真逆の存在でもある月の神がイム様なのではないかと言われています。

月に住んでいたイム様とルナーリア族などの月の勢力と、元々青色の星に住んでいたニカなどの太陽の勢力である巨大な王国が戦ったのが、空白の100年なのではないかともいわれています。

長い戦いの末、勝利を収めた月の勢力は、天竜人となり今の世界を作り上げたのかもしれません。

天竜人が宇宙飛行士と同じ格好をしているのも宇宙を連想させますよね。

そしてDの一族とは太陽側の王族で、その意志と力を受け継いでいるルフィたちや近しい存在を「消すべき灯火」と言っているのかもしれませんね。

苦労して手に入れた青色の星を何としても譲らないようにすべく、世界政府を作ったと思われます。

 

イム様は不老手術を受けた?

イム様は実は不老なのではないかと言われています。

先ほどの宇宙人の話にもある通り、イム様は空白の100年を生きていた可能性があります。

また、不老手術はオペオペの実の能力者が命と引き換えに行う手術です。

過去に事例があるからこそ能力が判明しているので、1人は不老手術を受けていることになります。

そうなった時1番に思い付くのが、イム様です。

イム様が不老で空白の100年以降今の地位にいるとすれば、五老星たちの対応も納得がいきます。

800年間も支配している存在だった場合、その力や能力は計り知れません。

 

イム様は仏様説

ワンピースでは尾田先生の伏線が凄すぎて、皆血眼になって探しています。

もちろん名前に関する伏線もあり、「イム」の字を組み合わせて「仏」、「仏様」といわれています。

仏といえばセンゴクが思い浮かびますね。

しかし、イム様とセンゴクの能力などが同じになってしまいますし、仏という安易な文字り方を尾田先生がするかと疑問に思っている人も多くいます。

それよりも「IMU」の反対である「UMI」で、全ての始まりであるウミウミの実の能力者で、他の悪魔の実の始祖なのではないか?

悪魔の実を作り出せるから、海を自分の独壇場にするために改変したのではないか?

または、パンゲア城の「パンゲア」とは最初の大陸の名前なので、最初の人間である「アダム」と「イブ」から1文字ずつとったのではないか?

ともいわれています。

実際に「イム」という言葉は聞いたことがないので、重要な意味が込められているのかもしれません。

 

イム様はフランスのルイ16世?

「仏」の流れで、モデルはフランスのルイ16世なのではないかという考察がありました。

ワンピースにフランス?

と思うかもしれませんが、ワンピースとフランスはかなりリンクするところがあります。

「百年戦争」や「フランス革命」など尾田先生がワンピースに取り入れている内容が多くあります。

フランス革命とは、フランス内の反乱になりますが、この時活躍したのが、かの有名なナポレオンです。

そしてフランスの最後の王が、ルイ16世でした。

ルイ16世は、実は善良な性格をしていて国を良くしようと頑張っていましたが、それ以前の王たちの悪政や妻マリー・アントワネットの贅沢三昧により、フランス革命にて処刑されてしまいます。

本当に天竜人のような生活をしていたんですね。

フランス革命が始まったのは、5月5日とルフィの誕生日の日付などからワンピースと関連があるように思います。

そして、ワンピースも同じように王が変わるとするならば、フランス革命のようにルイ16世、「イ ム(16)」になっているのではないかということです。

そうなると、イム様は善良な心を持っているのかもしれませんね。

 

イム様は既存登場キャラ説

イム様の正体を探る上で、すでに登場している人物なのではないかといわれています。

確かにその方が驚きますし、少年漫画の王道な気がしますよね。

既存のキャラがイム様の場合、どのようなキャラが候補に上がっているのか?

かなり気になるところです。

今回はどんなキャラが、イム様の候補として上がっているのか?

その可能性と共にみていきましょう。

 

エネル説

今回のルルシア王国への攻撃で、エネルが空島で使った技に似ていることからエネルなのではないかと言われています。

エネルは空島編で登場したポスキャラで、ゴロゴロの実の能力を有し、「我、神なり(雷)」と自分を神と称するほどの力を持っていました。

雷迎(らいごう)の破壊力と万雷(ママラガン)の合わせ技のような攻撃だったので、エネル説が出ています。

結論、この可能性は極めて低いと思います。

エネルは月に行っていますし、今回攻撃したルルシア王国とパンゲア城はかなりの距離があると思うので、エネル説はないと思います。

 

ロックス説

ロックスとは、ロジャーの時代にいた海賊です。

白ひげ・カイドウ・ビッグマムを引き連れ、「世界の王」になることが夢だった人物です。

海賊であるロジャーと海軍であるガープが手を組み、ゴットバレーでロックスと衝突。

ロジャーとガープの勝利で幕を閉じましたが、詳細は一切わかっておらず、ロックスの生死も不明です。

もしロックスがすでに不老手術を受けて、まだ生きている場合、本当の世界の王であるイム様になっている可能性もあります。

しかし、ロックスもゴットバレー事件もまだ何もわかっていないので確定することができません。

 

ビビの母親説

ビビの母親であるティティは、すでに亡くなっています。

今回なぜこのような説が出たのかというと、ビビが行方不明になったこと。

以前イム様がビビの写真だけ破らずに持っていたこが要因です。

母親だからこそ殺してはおらず、ビビを何らかの理由で連れ出したということです。

しかし、この説も可能性はかなり低いと思われます。

第一にビビの母親は亡くなっている設定になっているので、またここで生き返らせるかな?

と思うところです。

単純にビビに利用価値を見出したからこそ、連れ去ったのではないかと思います。

 

まとめ

今回はワンピースに登場するイム様の能力や強さ、ウラヌスなのではないか、その正体は誰?

を、最新の話を基に考察をまとめていきました。

ワンピースでは最後の敵候補であるイム様の能力や強さがウラヌスによる物ならば、かなり強敵になりますし、正体が知っているキャラなら余計に驚きますね。

最新の話では、ウラヌスなのではないかと印象を強めましたが、まだビビの行方などがわかればイム様の能力などもわかってくるように思います。

情報が少ない分、考察がなかなか確定的になりませんが、尾田先生はきっとファンを楽しませてくれること間違いありません。