真犯人フラグ

真犯人フラグぷろびんチャンネルは伏線?もやし動画の声の人物が怪しい!

真犯人フラグぷろびんチャンネルは伏線?もやし動画の声の人物が怪しい!
Pocket

こちらの記事では「真犯人フラグぷろびんチャンネルは伏線?もやし動画の声の人物が怪しい!」と題してお送りします。

ついに始まった話題のドラマ「真犯人フラグ」。

今回も「あなたの番です」に続き、秋元康の世界観が広がっていて、考察ドラマとしては最高のドラマになる予感が止まりません。

そんな大注目の「真犯人フラグ」ではすでに最後の黒幕である犯人は誰なのか?という犯人考察合戦がすでに繰り広げられています。

その中でも第1話で特に視聴者が気になったポイントがありました。

その気になったポイントとは放送内容の中で出てきたYOTUBEチャンネル「ぷろびんチャンネル」。

柄本時生さんが演じているぷろびんというユーチューバーがやっているYOUTUBEチャンネルなんですが劇中では「凌介が家族を殺したのではないか」と話したことで凌介への世間の目が変わっていくという、意外とこのドラマの中では需要なポイントになっていた気がします。

そしてそのYOUTUBE、ぷろびんチャンネルの中に黒幕である犯人の答えが隠されているのでは?と話題になっているんです。

それはぷろびんチャンネルの一番初めの投稿。

「【大食い】もやし1万円食べきるまで帰れません」の企画の中でこの柄本さん演じるぷろびん以外に声で出演している人物が黒幕なのではないか?という考察です。

ということで!

改めてこのぷろびんチャンネルのもやし動画の中に出てくる声の人物が黒幕なのか?

またその人物は誰なのか?を検証してみたいと思います!

 

真犯人フラグぷろびんチャンネルは伏線?

「真犯人フラグ」の中に出てくるYOUTUBEチャンネルが実際に存在するということで、また秋元先生も面白いことを考えられましたよね。

実際ここまで普及してきたYOUTUBEをストーリーの中と上手くリンクさせるなんてなかなか思いつかないですし、実際にこの様な方法を使っているドラマは今までなかったですよね。

でもだからこそ怪しいとやはりそこは思いますよね。

そもそもドラマ一つを仕上げるのにも大変なのに、リアルな世界でもYOUTUBEチャンネルを進行させるこの手間を考えると犯人との繋がりに全く関係がないとはやはりどうしても考えづらいですよね。

実際にこのYOUTUBEの中では必ず犯人に繋がるヒントが隠されている気がしますし、実際にその様に考察している方もいるようです。

ここまで手がかかっていますから確かにこれは犯人に繋がる伏線を引いてくる可能性は大ですよね。

普通なら劇中で完結するものをリアルに作ってしまっているという時点で制作スタッフや秋元康さんが何かを視聴者に伝えようとしている。

つまり伏線が引かれているということは間違いないのではないでしょうか。

 

真犯人フラグぷろびんチャンネルのもやし動画の声の人物が怪しい!

改めてぷろびんチャンネルを見てみると劇中で放送された「炊飯器失踪事件の黒幕は旦那?」という動画の1週間前に配信されている、ひたすらもやしを食べまくるという動画の内容がちょっと怪しいんです。

何が怪しいかというと、ぷろびん(柄本さん)がもやしを食べる事に限界を感じて「これ、本当にやんの?」と撮影している人物に話しかけている場面があるんです。

この言葉に反応して応える男性の声。

「じゃあ僕帰るね。カメラ回しておくから、不正はバレるよ。」と話した声の人物こそがこの真犯人フラグの黒幕なのではないかと予想されています。

確かにこの場面必要か?と考えた時に普通に考えたら、一人でもやし1万円分にチャレンジして、できるか、できないかの結果だけでよかったはずなのに、敢えて間にもう一人人物を挟んでいるんですよね。

これはだいぶ怪しいと確かに改めて見てみると感じます。

また実際、ぷろびんは凌介を怪しいと言い始めた人物です。

もし黒幕である犯人が凌介に恨みを持ち、凌介を不幸のどん底に落とし込もうとしているとしたら、世間から怪しまれたり、非難の声が凌介に向けられるようにぷろびんに指示した可能性は十分にありますよね。

黒幕である犯人がぷろびんと繋がっている可能性は確かにそういったことを考えると高い気がします。

しかもその男性の声なのですが、どうも普通の男性の声というよりはまさに俳優さんの様な綺麗な声をされているんですよね。

一般の男性の声とは明らかに違う気がするんです。

そのことを考えても、一般の男性ではない=俳優さん=黒幕?という風に考えるのも自然な流れな気がしています。

 

もやし動画の声の人物は橘一星?

では一体この気になるもやしを1万円食べ続けるという動画の中に出てくる男性の声とは誰なのでしょうか?

もちろん顔は出ていないのであくまで聞いた感覚にはなってしまうのですが若い男の人の声の様な気がします。

そして、真犯人フラグの中で出演している若い男性はITベンチャー会社『プロキシマ』の社長の橘一星。(佐野勇斗)

もしくは亀田運輸の配送員の望月鼓太朗(坂東龍汰)。

この二人になってきます。

ではどちらが黒幕の可能性が高いのか?

最初に頭をよぎったのはやはり篤斗の遺体を運んできた望月鼓太朗が怪しいのかなと思いました。

しかし実際にその声質を確認してみると望月鼓太朗の声ではなく、どちらかというと橘一星の声質に似ているのではないかと思いました。

少しハキハキとした話し方がなんだか似ている気がします。

この事から考えるとぷろびんと繋がっているのは橘一星で黒幕の犯人の可能性があるのではないかと思ってしまいました。

橘の役柄的にも1話の放送の中で会社の会議中にも関わらずスマホに連絡が入ったことでじっとスマホを見つめるという怪しい場面もありました。

誰からの連絡かはわかりませんがこの怪しいスマホを見つめる動作を見てみても、黒幕の可能性は十分にあると思います。

【追記】

2話の放送で町山大輝という少年ということがわかりました!

しかしこの男の子、怪しいユーチューバーぷろびんとはどの様な関係なのでしょうか?

学校の先輩後輩だった?幼馴染?

まだ詳しい関係性はわかりませんが、今後そういった部分についてもきっと謎が解明されていくでしょう。

 

まとめ

「真犯人フラグぷろびんチャンネルは伏線?もやし動画の声の人物が怪しい!」と題してお送りしました。

今回かなり話題となっているドラマ「真犯人フラグ」。

ストーリーの中でも怪しい場面や怪しい人がたくさん出てきて黒幕の犯人が誰なのかなかなか答えをだすのは難しい状況になっています。

しかしその「真犯人フラグ」の中で放送されたYOUTUBEが実際にぷろびんチャンネルとして存在し、このYOUTUBEが怪しのではないかという声が上がっていました。

実際に見てみても確かに無意味にただやっているYOUTUBEではない気がしてなりません。

またここで伏線を張られている可能性は十分にある気がします。

また今回ぷろびんチャンネルの中でも特に注目したのが、「真犯人フラグ」1話が始まる前にすでに投稿されていたもやし動画に声だけで出演している男性。

実際に凌介が追い込まれていくきっかけを作ったぷろびんと繋がっている男性は確かに黒幕としてはかなり怪しいですよね。

そしてその声の主は声質から言って橘一星ではないかというところまで予想してみました。

実際まだまだこれから「真犯人フラグ」は話がどんどん進んでいって、なぜ家族が失踪してしまったのか?

本当に殺されてしまっているのか?

まだまだわからないことは多いのですが今回のYOUTUBEからのヒントを見てみると黒幕は橘一星の可能性は十分にあるのではないかと思います。

これからまたどの様にこのぷろびんチャンネルが活用されていくのかについても、随時調査していきたいと思います!