真犯人フラグ

真犯人フラグ菱田とバタコが病室に行った理由なぜ?二人は何者?

真犯人フラグ 菱田 バタコ 病室に行った理由 なぜ 二人 何者
Pocket

こちらの記事では「真犯人フラグ菱田とバタコが病室に行った理由なぜ?二人は何者?」と題してお送りします。

真犯人フラグ真相編がついに始まりましたね!

真相編が始まったばかりの第一話。

ラストにはまた「え?!え!?え!?」の連続でしたね。

その中でも特に気になったのがまさかの菱田とバタコの鉢合わせシーン!

篤人に口止めをしようと包丁を向けた菱田朋子が映って「え!?」となった瞬間。

まさかのバタコさん、香里奈の登場にはびっくりしましたよね!w

「この展開どういうこと?!」と思ってしまいました。

そして気になるのは菱田とバタコが篤人の病室に行った理由ですね。

その理由がそれぞれなぜなのか?

また二人は一体何者なのか?について考察としてお話していきます!

 

真犯人フラグ菱田とバタコが病室に行った理由なぜ?

ラストのシーンでまさかの展開を迎えた真犯人フラグ。

いろいろ突っ込みたいところはあったのですが、個人的に一番気になったのは真犯人フラグの中でも特に猟奇的な人物二人の鉢合わせシーンでした。

そう、菱田朋子と木幡由実です。

菱田さんもバタコさんもかなりここまで「ヒェ~~~!!!」と思う怖い部分がたくさんありましたからね。w

そんな二人がまさか鉢合わせをするなんて本当に驚きましたが、実際に二人が鉢合わせした時の表情には驚きの顔を見せていました。

これまでの真犯人フラグの話の流れを見ていて菱田とバタコは繋がってるのかな?とも思った時もあったのですが、あの二人の表情やバタコさんに至っては「え?」という声も上げていたので二人は全く関係のない人物なのではないかとあのシーンを見ていて感じました。

それではなぜ、二人はそれぞれ篤人の病室にやってきたのか・・・?

それぞれの理由を考えてみました。

 

菱田朋子が病室に行った理由

包丁を篤人の顔に当て、完全に脅しのスタイルであった菱田朋子。

自分の家のアパートにも子供が見て怯えてしまうような何かまずいものを隠しており、ずっと怪しいと思っていた菱田ですが、ついに真相編で本性が出てきたようです。

あの篤人に包丁を向けているシーンからして、菱田が病室に行った目的は『この誘拐事件の真相の口止め』ではないでしょうか。

ここはもう何もひねらずに単純にこの考え方な気がします。

菱田は誘拐事件の真相を知っている篤人が誰にも真相を話さないように脅しに行ったのだと思います。。

ただ包丁を持ってはいましたがあくまで殺す目的ではなく、脅し。

なぜなら菱田朋子は度々、凌介に対して好意を寄せているような仕草があったからです。

凌介が本当に悲しむようなことはしない。

けれど、自分の思う様に周りには動いて欲しい。

そんな力任せな犯行だったのではないでしょうか。

 

バタコが病室に行った理由

バタコの方がその理由を考えると難しいですね。

何と言っても謎の人物バタコ。

またそこに香里奈さんの演技の迫力が加わってより猟奇的な女性になっているバタコ。

本当に恐いなと感じる演技ですよね。w

そのバタコは一体なぜ篤人の病室に行ったのか?

私はこう考察してみました。

『バタコは篤人を誘拐しようとした。』

なぜこの様に思ったのかをご説明します。

バタコはなぜか凌介を吹き矢で狙い殺そうとするほど凌介を恨んでいるようです。

しかし、吹き矢で凌介を殺そうとした時、思わぬ流れから凌介を殺すことは出来ませんでした。

そこで今度は誘拐から戻った息子を誘拐し、その篤人を餌にして凌介を呼び出し殺そうと思った。

凌介に対してなぜそこまでの恨みを持っているのかまではまだわかりませんが、病室に潜りこんだのはあくまで凌介を殺すための作戦で、凌介をおびき出すため篤人を誘拐いしようとしたからなのではないかと思いました。

こう考えると菱田とバタコ二人の目的は全く違うものだったのではないでしょうか。

 

真犯人フラグ菱田とバタコ二人は何者?

では次に実際この猟奇的な二人、菱田朋子と木幡由実は一体何者なにかについて考察していきたいと思います。

二人ともこの真犯人フラグでは本当に恐い雰囲気を持つ謎の女性を演じられているんですよね。

その二人がこの真犯人フラグでもかなりインパクトのある女性を演じているので、実際も実は結構なキーパーソンになる可能性をも高いのではないでしょうか?

 

菱田朋子の正体は?

これまでもサッカーのコーチ、山田と怪しい会話をしており「あっちゃんに記憶が戻ったらおしまいだ」ということを口にしていました。

ということは菱田も山田コーチもこの誘拐事件の真相をある程度は知っていることになりますよね。

正し、本当の黒幕かどうかとなるとそこは違う気がします。

少し現実的な考察になりますが、もし菱田が黒幕だったとしたら1/10(日)に放送された真相編1回目のラストのシーン。

まさに菱田とバタコが鉢合わせをしているシーンで、光莉も犯人から脅迫され、「お父さんが犯人です」言わされているシーンがありました。

ということは菱田、バタコの代わりに光莉を追い詰めていた別の人物がいたということになります。

ということはつまり、真犯人の黒幕がいる。

その下で動いているのが菱田。

そして菱田に惚れている山田が上手く菱田に使われているという関係図になるのではないでしょうか。

菱田は黒幕に繋がる大きな手掛かりになる気がします。

 

バタコの正体は?

バタコは冷凍遺体の少年の母親で、息子が死んでしまった時に心を病み光の宗教に入団。

息子が死んでしまった事件に何かしらの形で凌介は関わっているが、凌介自身はその事に気付いておらず生活をしてきた。

その凌介への恨みを晴らすためにバタコは個人で凌介を狙っている。

つまりバタコは昔、凌介と関わった過去のある人物で、凌介に復讐しようと考えた個人の犯行の犯人なのではないでしょうか。

この誘拐事件には実は大きな2つの事件が重なって起きてしまっているのではないかと予想しました。

すでの夫らしき人を殺してしまっていたバタコが良い者か悪者なのかに関しても気になるところですね!

 

まとめ

「真犯人フラグ菱田とバタコが病室に行った理由なぜ?二人は何者?」と題してお送りしました。

真犯人フラグの後半戦がついにスタートしました。

その後半戦、1回目の放送から驚きの展開が待ち受けていました。

なんと猟奇的な女性二人、菱田とバタコさんが篤人の病室で鉢合わせるという展開!

この事から菱田とバタコはそれぞれなぜ篤人の病室を訪れたのかその理由について考えたところ、菱田は口止めとして。

バタコは何かしら凌介に恨みを持ち、凌介に個人で復讐するためではないかと考えました。

また二人が何者のかについてもご紹介しましたのですが、まだまだ後半戦は始まったばかりで分からないところが多くあります。

今後の二人の動向にはかなり注意して見ていきたいですね!