芸能人

タッキー副社長の年収いくら?現在の顔画像も紹介!

タッキー副社長の年収いくら?現在の顔画像も紹介!
Pocket

この記事では「タッキー副社長の年収いくら?現在の顔画像も紹介!」と題してお送りしていきます。

最近、ジャニーズ事務所はタレントの退所、引退のニュース、不祥事事件などが続き何かと世間を騒がしています。

「一体、ジャニーズは大丈夫なの!?」と思っている方も多いのではないでしょうか?

そしてそんなジャニーズへの心配の声と共に噂に上がるのが現ジャニーズ事務所副社長兼、ジャニーズタレント育成、プロデュースを担っているジャニーズの子会社『ジャニーズアイランド』の社長の滝沢秀明さん。

元々ジャニーズの中ではスーパーエリートと言われた滝沢秀明さんは「タッキー」の愛称で一時はもの凄い人気がありましたね。

そんな元スーパーアイドルの滝沢秀明さんは副社長兼、社長となり今ではタッキー副社長としてジャニーズ事務所の経営を行っていますが、そんな滝沢秀明さんのジャニーズでの年収は一体いくらぐらいなのでしょうか?

また滝沢秀明さんはジャニーズ事務所で副社長も兼任しているのでこれはすごい年収の予感がしますね…!!

早速、滝沢秀明さんの年収が一体いくらなのか現在の顔画像とともにご紹介していこうと思います!

 

タッキー副社長の年収いくら?

タッキー副社長の年収いくら?現在の顔画像も紹介!

2004年と少し前ですがこんなジャニーズの年収データを見つけました。

これは最後の高額納税者の番付で2004年のジャニーズ事務所役員、タレント総合の年収ランキングになっています。

あくまで推定年収の数字ではありますがメディア向けに正式に公表されたランキングになっているのでなかなかの信憑性はありますね。

            ジャニーズ年収ランキング2004
順位氏名推定年収所属
1ジャニー喜多川9億0202万円社長
2藤島メリー泰子8億9772万円副社長
3藤島ジュリー景子6億5051万円関連会社社長
4中居正広5億1335万円SMAP
5木村拓哉2億7167万円SMAP
6草彅剛2億7148万円SMAP
7堂本光一1億5754万円KinKi Kids
8堂本剛1億3232万円KinKi Kids
9稲垣吾郎1億2910万円SMAP
10長瀬智也1億1478万円TOKIO

これはだいぶリアルな数字の感じがします。w

それにしても想像通り役員3人と中居正広さんの収入が半端じゃない!笑

と、余談をお話してしまいましたが。w

これを見る限りジャニーズでの滝沢秀明副社長の年収は8億9772万円と約9億円。

また現在、滝沢秀明さんはジャニーズ育成・プロデュースのジャニーズ完全子会社「ジャニーズアイランド」の社長にも就任されているので↑の表で言うと立場は第3位の藤島ジュリー景子氏と同じ立場になります。

それを見るとこの時で年収が6億5051万円。

両方の収入を単純に合算するとなんと約15億5000万円!!

これはかなりの年収金額でまさに大企業の社長レベル!

ただこれは単純合算の計算なのでこれだと当時のジャニー喜多川社長の9億円以上の年収になっちゃいます。笑

ただもちろん15億5000万円までいかないにしても滝沢秀明さんはジャニーズで社長と副社長を兼任しているという点である程度のお給料は発生はしているのではないかと思われます。

 

タッキー副社長の年収は6億円以上?

先ほどの項目で単純計算、滝沢秀明さんの年収は15億5000万円という数字と見ていきましたが、さすがに前社長のジャニー喜多川社長よりも高い年収ということはないと思います。

では、一体滝沢秀明さんの年収はいくらくらいが現実的なのか?

ジャニーズ事務所と言えば親族派閥も強い会社で有名です。

その中でも現社長の藤島ジュリー景子氏は前社長ジャニー喜多川氏の姉、藤島メリー泰子氏の愛娘で今ジャニーズ事務所の中でも絶対的な存在になっているんだそうです。

まさにジャニーズのお局社長という感じですかね。

雰囲気も写真で拝見したことありますがかなり貫禄のある感じで、一言反論するのにもちょっと勇気が要りそうな感じもあります。

そんな絶対的権力を持つ藤島ジュリー景子氏ですが以前は滝沢秀明副社長同様、子会社社長に就任していました。

その事を考えると自分が子会社社長の時以上の年収を滝沢秀明副社長に認めるというのは少し考えづらいのではないのでしょうか?

ふつうに考えて自分よりだいぶ年下の男の子である滝沢秀明さんが突然ポーンと副社長、社長と次々に就任して、自分より大きな収入を得ているとなったらおもしろくないと感じるのもちょっとわかる気もしますしね。

また滝沢秀明さんが副社長に就任したのも2019年とまだ日が浅いこと考えると少し低めの報酬になっていることが予想できます。

しかし、滝沢秀明さんは前社長のジャニー社長のお気に入りでもあり、派閥としても中立の立場であった分ジャニーズの中でも〝気に入らない存在”ではないはずなので、滝沢秀明さん自身実績はまだ作れていないにしても大きなお給料ダウンまではいかないのではないでしょうか。。

その事から考えると滝沢秀明さんの年収それと同等、もしくは社長の兼任を考慮された6億円~7億円というところが妥当なのではないかと予想されます。

どちらにしても滝沢秀明さんが今、ジャニーズ事務所で副社長&社長という2つの立場というのは大きいポイントで確実にタレント業を行っている時よりもジャニーズでの年収はアップしているはずですね。

 

タッキー副社長の年収の内訳は?

滝沢秀明さんの大体の年収は予想ができたのですが具体的に内訳はどの様になっているのでしょうか?

まずメインとなるのがジャニーズアイランドの社長としての収入です。

ジャニーズ事務所の副社長の方はあくまで先を見据えての就任であり、実質ジャニーズ事務所の中で絶対的な権力を持つ藤島ジュリー景子社長がすべての決定権を持っているというところに変わりはありません。

その事から滝沢秀明さんのメインの収入となっているのはやはりジャニーズアイランドの社長という立場の方であると考えられます。

ジャニーズの子会社社長というところで前記の年収ランキングを見ると藤島ジュリー副社長が6億5051万円。

就任からの年数が短いことを考えるとその3分の2程の4億円くらいじゃないかと予測が立ちます。

そしてあとは滝沢秀明副社長としての収入ですね。

これはメインとして絶対的な存在、藤島ジュリー景子氏が社長でありますし、滝沢秀明さん、副社長と言えどほぼほぼまだ決定権がないことから約2億円。

そして今までのタレント、アーティストとしての印税もあります。

滝沢秀明さんの印税のメインとなるのはやはり楽曲の売り上げかと思いますが、それ以外にも楽曲やDVD、グッズの売り上げなどトータルではかなり売り上げてきています。

タッキー&翼で最もヒットしたのが「Venus」で売上げ枚数は301,192枚。

この人気から考えるとカラオケなどでも印税は入り続けますので約3000万の収入は見込めるのではないでしょうか。

結果トータルしてみると年収の合計は6億3000万円程なのではないかと予測が立ちます!

何にしても6億円もの収入があると考えると本当に凄いことですね!

 

ジャニーズの給与体系は?

芸能事務所として大手のジャニーズ事務所。

その利益は相当なものですが一体ジャニーズ事務所所属のタレントの給与体系はどうなっているのでしょうか?

その答えはというとジャニーズ事務所は派閥によって給与体系が変わっているそうです。

藤島メリー泰子会長&藤島ジュリー景子社長派閥はTOKIO、嵐、関ジャニ∞、Hey! Say! JUMPなどのグループで給与制。

一方、ジャニー喜多川前社長派閥のタッキー&翼、KinKi Kidsは歩合制。

そして解散してしまったSMAPを育て、すべてのプロデュースを担っていた飯島マネージャー派閥も木村拓哉さんの交渉によって歩合制を認められていたそうです。

そういったジャニーズの給与体系の違いによって不服を感じるジャニーズタレントがいるのはもちろんのことで、SMAP解散後はジャニーズ事務所を引っ張ってきたと言っても過言ではない嵐はとてつもなく忙しい日々を送っていたにも関わらず「給料が安い」とメンバーで漏らしていた人もいたそうです。

どれだけ売れても一定の金額しか支払われないということでは愚痴をこぼしたとしても当然ですね。

働いた分だけ、頑張った分だけしっかり報酬をもらいたいと思うのは芸能人も一般人も同じです。

しかし、ここ最近ではそのジャニーズ事務所の鉄則の報酬体系がついに変わりつつあるのではないかという噂があります。

ジャニーズ所属タレントの退所が続き、独立して収入を得たことで大幅に収入がアップしたと話す元ジャニーズタレントが出てきてしまったんだとか。

そのことからついにジャニーズ事務所も待遇の改善を考えているそうで所属タレント全体が給与制から歩合制へ変更となる日も近いのではと言われています。

特に今、ジャニーズ事務所は解散や退所、不祥事事件でニュースになることが多くなってきてしまっているので今がジャニーズ事務所にとって踏ん張り時。

ジャニーズが歩合制に変更することが出来ればより所属タレントのやる気にも繋がって不祥事事件が減ったり、ジャニーズの若いタレントさんが「今のジャニーズを救うのは自分だ!」と意気込んで頑張ってくれる人もきっと増えるんじゃないでしょうか。

そういった取り組みは今後のジャニーズ事務所にとっても絶対にプラスですよね。

またジャニーズ所属タレントとして活動していた滝沢秀明さんが副社長に就任してことでタレントの気持ちや大変さは十分に理解されているはずなので、そこは滝沢秀明副社長にぜひ頑張ってもらって働いている人にはきちんと見合ったお給料を支払われるような体制に変更してもらいたいですね。

 

タッキー副社長の現在の顔画像は?

1982年3月29日生まれの2021年、現在39歳となった滝沢秀明副社長。

39歳の滝沢秀明副社長は今でもアイドル感はまだまだ抜けておらず笑顔が眩しいですね!

この滝沢秀明副社長の笑顔は人気全盛期の笑顔とほぼ変わらない様に思えます。

またアイドル時代と少し変わったのが横に流したヘアスタイル。

この雰囲気もさわやかな社長風でよく似合っています。

一部では滝沢秀明副社長は激務のため痩せた!?との噂もあるようですがこの笑顔を見ると忙しいながらにもジャニーズへの思いも強く、苦労はあるにしてもやる気を持って頑張られているのではないでしょうか。

 

タッキー副社長の最近の目撃情報は?

タレントの育成、プロデュースに専念している滝沢秀明さんですがここ最近の動きはどうなのでしょうか?

最近の滝沢秀明副社長の目撃情報を集めてみました!

2月25日にV6の三宅健くんが出演している舞台「藪原検校」の見学に来ているところを見つけました!場所は東京のPARCO劇場です。お昼の時間でした!
4月11日の夜、東京ガーデンシアターで見かけました!「Travis Japan Live tour 2021 IMAGENATION~全国ツアーしちゃってもいいですかっ!?~」の見学に来ていたようです!
4月13日に東京の新橋演舞場『滝沢歌舞伎ZERO 2021』の視察で来ているところを見かけました!Snow Man主演の舞台です!

さすがタレントを経験された滝沢秀明さんですね!

ただ会社の椅子に座って資料も見ているだけではなく、滝沢秀明副社長はしっかりとジャニーズの後輩、先輩の舞台を見に行き、その目で現場の状況を判断しに行っている様子が度々目撃されています。

今、何かと大変な時期のジャニーズ事務所。

今後の新しいジャニーズタレントの育成やプロデュースのための視察は欠かしていないようです。

何にせよ、今後のジャニーズ事務所の未来を支える大きな柱、ジャニーズアイランドの社長としても滝沢秀明さん自身が大きな責任を感じているのではないでしょうか。

 

まとめ

今回はタッキー副社長の年収いくら?現在の顔画像も紹介!と題してご紹介してきました。

今現在39歳の滝沢秀明さんですが立場としてもジャニーズで社長と副社長を兼任しているということで年齢からすると普通に見てかなりすごいことをやっていますよね。

だからこそ大きな年収を得ているのは当然のようにも思えます。

またその会社が芸能事務所の中でも大手のジャニーズ事務所となればその責任は重大です。

現在の滝沢秀明さんの様子も顔画像と目撃情報でお伝えしてきましたが、会社の役員となった今もタレント側の気持ちを理解しようと頑張っている滝沢秀明さんの姿を見るとなんだか応援したくなりますね。

これからさらにジャニーズ事務所の中でもキーパーソンとなっていくタッキー副社長にはこれからも注目していきたいと思います。