THE FIRST

THE FIRST4次審査第2ステージ順位の結果は?勝ったチームと脱落者をネタバレ!

THE FIRST4次審査第2ステージ結果は?勝ったチームと通過者・順位をネタバレ!
Pocket

「THE FIRST4次審査第2ステージ結果は?勝ったチームと通過者・順位をネタバレ!」と題してお送りしていきます!

AAAのSKY-HIプロデュースのオーディション企画「THE FIRST」ですが、ついに今日7月9日(金)スッキリの放送で4次審査第2ステージの通過者と順位が発表されました!

4次審査、第2ステージではチーム「Be Free」とチーム「Move On」に分かれて6人対6人の戦いが行われ、その内、勝ったチームは全員合格で通過。

負けたチームから一人脱落者が出るという今回の戦いでは、ついに勝利チームとその順位が発表されました!

そう、ついに脱落者が決定したのです。

その結果と詳しい内容についてこちらの記事で速報でネタバレとしてお伝えしていこうと思います!

THE FIRSTを追いかけている方には必見の情報です!

 

THE FIRST四次審査第2ステージの結果勝ったチームはどっち?

ついに発表された勝利チームはチーム「Be Free」でした!

理由についてSKY-HIさんはこの様に語っています。

数日前まではMove Onを超えるのは想像できませんでした。

しかし本番で音楽が憑依していたようなパフォーマンス力に本当にビックリしたし、想像以上でした。

クオリティは両チーム共にすごく高かったですが、チーム「Be Free」は見ていた素人の視聴者である私たちの目から見てもかなり完成度が高く、レベルが高い。

そして何よりもその音楽を楽しみながら自身を持って表現できていたように思えます。

その場にいたら思わずノリノリになってしまいそうな空気感でしたね!

やはりチームとして勝てたBe Freeメンバーは今回の戦いのレベルが高かった分、その壁をチームで乗り越えることができたということはとても大きく嬉しかったのではないでしょうか。

またそれは大きな一人一人の自信にも繋がったのではないかと思います。

逆に負けてしまったチーム「Move On」ですがやはりその悔しさはチームとして頑張ってきた分、とても悔しいものになってしまいましたね。

しかし2021年中にはプロデビューを目指しているSKY-HIさんとしては確かにこの勝利チームを決める上で絶対に外せない、大切な状況でのプロレベルでの表現力が大きな審査基準になったのだと思います。

 

THE FIRST4次審査第2ステージ順位の結果と脱落者は?

今回4次審査の第2ステージで勝利したチームはチーム「Be Free」でした!

今回チームの勝利として合格になったチーム「Be Free」のメンバーは以下の通りです。

  • ソウタ(島雄壮大)
  • レオ(上村礼王)
  • マナト(廣瀬真人)
  • ルイ(川島塁)
  • レイコ(カドサワンレイコ)
  • ジュノン(池亀樹音)

今回チーム「Be Free」として勝利したことで、このメンバーは全員合格者となりました。

そして、負けたチームMove Onメンバーを含んだ順位と脱落者がついに発表になりました。

その気になる通過順位とSKY-HIのコメント。

そして脱落者は・・・・・

<四次審査第2ステージ順位>

  • 第1位:ソウタ(島雄壮大)→本番のラップが髪がかっていた圧巻のパフォーマンスだった。しかしその発表で見せたレベルを最低限のレベルにして欲しい。
  • 第2位:リュウヘイ(黒田竜平)→リュウヘイがマイクに声を入れた瞬間の空気の変わり方は衝撃でした。次はダンスでのさらなるクオリティアップが必要。
  • 第3位:マナト(廣瀬真人)→踊っていてもぶれない歌唱力が良かった合宿に入ってからの伸びが素晴らしい。
  • 第4位:レオ(上村礼王)→高い目標を課していたがその結果が見れた。次は音楽が好きで楽しいということを大事にして抱え込み過ぎないで欲しい。
  • 第5位:ルイ(川島塁)→何かが憑依したようなパフォーマンスは衝撃的で正直MVPだった。圧倒的な瞬間があったがまだ技術量が足りていない部分がある。
  • 第6位:リョウキ(三山凌輝)→凄く伸びた。クセのある歌い方やダンスが個性になった。 シャウトが良かったテンションが切れていない。
  • 第7位:ジュノン(池亀樹音)→衝撃的なパフォーマンスでした。基礎を熱心に取り組んでいたのがわかった。リズムのキャッチがよかった。
  • 第8位:シュント(久保瞬斗)→歌っていたフレーズすべてに安定感、色気と余裕を感じた。順位は落ちたが評価は良い。唯一ピッチの悪さは気になったがSKY-HIが羨ましいとさえ思った声質。
  • 第9位:ショウタ(渡邉翔太)→ソロとしての技術は良かったがグループとしてパフォーマンスする時の位置のズレが気になった。グループとしてのクオリティがもっと必要。
  • 第10位:ラン(古家蘭)→歌える才能はあるのだから踊りながら歌う技術が必要。
  • 第11位:レイコ(カドサワンレイコ)→もう未経験者と言うには失礼なレベル。パフォーマンスのクオリティはとても高かった。あとは落ち着いて表現するだけ。頑張りすぎないこと。
  • 第12位:テン(大山天)

ついに脱落者がテンくんと発表されてしまいました。

ここまでのクオリティや評価がバランス良く高かったのでビックリな結果でした。

しかし、テンくん自身は今回の結果を自分で予想していたようです。

 

THE FIRST4次審査第2ステージ脱落者がテンの理由は?

テンくん自身、今回のこの第2ステージで自分が脱落することは少し予想が出来ていたと語っていました。

それは一体なぜなのでしょうか。

脱落を決めたSKY-HIさんのコメントとともにご紹介していきます。

テン自身の現状のクオリティは良かった。

ここまで培ってきた実力はしっかりとある。

しかし一週間で伸びなかった明確な理由ははっきりしている。

テンはアスリートのようなストイックさであって目的地を決めずに走っている。

アーティストとしては自分が経験して感じてきたことを表現することが大事で、もっと個性を出すことが大事であって、心の栄養を携えて欲しい。

SKY-HIさんのコメントからテンくんの審査発表ではきっと自分を追い込みすぎて、余裕が見えないように見えたのでしょう。

つまり、テンくんらしさが見えなかった。

アーティスト、表現者としてクオリティや技術がある上ので個性をSKY-HIさんは求めていたようです。

テンくん自身も自分の個性や良さが消えてしまっていたことに気付いていたようです。

SKY-HIさんに憧れを抱きすぎた結果、自分を追い込みすぎ、自分が嫌いになっていたと自分でも語っていました。

好きな人に追いつきたいという思いが強すぎた結果、技術面は上がったものの個性を見失ってしまっていたのですね。

でも憧れの人が目の前にいればその必死になってしまう気持ちはすごくよくわかる気がします。

 

まとめ

「THE FIRST4次審査第2ステージ順位の結果は?勝ったチームと脱落者をネタバレ!」と題してお送りしました。

大注目のTHE FIRSTオーディションですがついに4次審査第2ステージの結果が発表され、チーム「Be Free」が勝ち、順位の発表も行われ残念ながらテンくんが脱落という結果になってしまったことがわかりました。

勝ったチーム「Be Free」はやはり今回の課題が大変だった分、かなり嬉しかったのではないでしょうか。

そして、残念ながら負けてしまったチーム「Move On」。

そして脱落者となってしまったテンくん。

チームMove Onは今回の課題にかなり苦戦するもかなりチームの雰囲気が良い状態で審査発表を迎えられていた分、かなり悔しい気持ちがどのメンバーも強いように見えました。

そして誰よりも悔しさを感じたテンくん。

SKY-HIさんに憧れの気持ちが強かったテンくんは今回のTHE FIRSTオーディションへの意気込みも相当だった分、本当に悔しかったのではないでしょうか。

しかし今回は絶対残念ながら脱落となってしまいましたが自分でも納得できてしまう自分の中のこれからの課題も感じていたようです。

またテンくんは不合格発表後もメンバーみんなに囲まれ、涙するメンバーから「音楽絶対辞めないで!」と声をかけられており、テンくんがどれだけメンバーに愛されていたのか、そのテンくんの人柄の良さも見ていてとても伝わりました。

好きなものを必死で追いかけ、技術として習得できる力はとても素敵ですし、なかなかそこまでストイックに自分を追い込める人はいないと思いますので、今回は残念ながら脱落となってしまいましたが、今後ぜひテンくんがプロとしてデビューできる日がくることを願いたいと思います。

そしてまだまだ続くTHE FIRSTオーディション。

一体合格者としてデビューできるのはどのメンバーなのでしょうか?!

これからもまだまだ目が離せませんね!

またこちらでは随時情報が入り次第ネタバレとしてお届けしていこうと思います!