映画

タイタニックのローズ役の当時の年齢は何歳?!ケイトの現在も紹介!

タイタニックのローズ役の当時の年齢は何歳?!ケイトの現在も紹介!
Pocket

こんにちは!

こちらの記事では「タイタニックのローズ役の当時の年齢は何歳?!ケイトの現在も紹介!」と題してお送りしていこうと思います。

1997年に日本でも大ヒットした映画タイタニック。

その人気から当時、世界最高興行収入2719億円を記録し、日本での興行収入も262億円を突破するといもの凄い記録を打ち出しました。

またアカデミー賞においても歴代で最多の11部門を受賞するという歴代から見てももの凄い記録を持つタイタニックは当時とても話題になりましたね。

特にその中でも主役ジャック役を演じたレオナルド・ディカプリオはその後「レオ様」の愛称でさらに人気が爆発していましたね。

そしてもう一人、注目を浴びたのがレオ様の相手約、ヒロインのローズ役を演じたケイト・ウィンスレットです。

彼女の名前を世界に広めたのもこのタイタニックと言っても過言ではないでしょう。

そしてタイタニックの日本公開日からなんと現在は24年もの月日が経ちました。

今見返しても美しい姿のローズ役、ケイト・ウィンスレットですがローズ役を演じた当時年齢は一体何歳だったのでしょうか?

またケイト・ウィンスレットの現在の姿はどのようになっているのかも気になったので調査してみたのでぜひ見てみてくださいね!

 

タイタニックのローズ役は当時年齢は何歳だった?

大ヒットした「タイタニック」の映画でヒロインのローズ役を演じたケイト・ウィンスレットは当時少しふくよかな雰囲気もありましたね。

なんと言っても大人気のハリウッドスター、レオナルド・ディカプリオの相手役として選ばれた女優さんだったので少しその体系のことで非難を浴びることもあったようです。

しかし役柄的に言えば上流階級のお嬢様役ですからね。

それを考えると多少ふくよかであったとしてもあまり違和感はない気がします。

またその美しさはやはり見る人を魅了する美しさがあって、ジャック役、ディカプリオともお似合いのカップルに見えました。

当時ディカプリオとの年齢も同じくらいに感じましたが調べてみるとケイト・ウィンスレットは1975年10月5日生まれということで、タイタニック撮影当時の年齢は計算すると21歳でした。

肌もすごく綺麗で目もパッチリ。

肌が特にハリがありそうな肌で色白でめちゃくちゃ綺麗ですよね!

これで当時21歳とはちょっと大人びた魅力があってびっくりしますね。

さすが世界で活躍する女優さんだなと思いますし、ジャックの相手役としては多少ふくよかであったとしても十分にローズ役にぴったりの女優さんだったのではないでしょうか。

 

タイタニックのローズ役は映画の設定だと何歳?

先ほどお伝えした内容からタイタニック当時のケイト・ウィンスレットの年齢は21歳ということがわかりました。

しかし実際、タイタニックに出てくる役、ローズ役としての設定年齢は一体何歳だったのでしょうか?

調べてみるとジェームズ・キャメロン監督が設定したローズの年齢は17歳でした。

実際の年齢差とは実は4歳も違っていたんですね。

実際の年齢から比べるとちょっと低い年齢設定ではありますが当時の画像を見てもローズが17歳と聞いてもあまり違和感はありませんよね。

むしろちょっと大人びた17歳の女性といった感じで、上流階級の家のお嬢様としては品もあってより合っているかなとも思いますし、他の女性とはちょっと違う特別感のある17歳の女性としてはケイト・ウィンスレットはハマり役だったのではないかとも思いますね。

その年齢差があったとしても17歳のローズをしっかりとハマって演じることができるであろうというジェームズ・キャメロン監督が考え抜いたキャスティングだったのかもしれませんね。

 

ケイトの現在を紹介!

タイタニックのローズ役を演じたケイト・ウィンスレットは当時21歳でした。

それから24年経った今現在のケイト・ウィンスレットはどう様になっているのでしょうか?

これが今現在2021年のケイト・ウィンスレットの写真です。

2021年今現在のケイト・ウィンスレットの年齢は45歳。

なんとなくローズの面影はありますがローズ役を演じていたタイタニックの頃と比べるとだいぶ落ち着いた感じの雰囲気がありますね。

やはり年齢相応に年を重ねられている感じがします。

しかし肌の張り感や白さはやはり十代の頃と比べると確かに違いがありますが、でもやはり鼻筋の通ったとても綺麗な女性ですし、なんとなく大女優のオーラは感じますね。

そしてもしかしたらだいぶ痩せられたのでは?という感じもします。

タイタニック公開後の2012年3月にタイタニックの3Dバージョンが公開され、ロンドンワールドプレミアにケイト・ウィンスレットが出席した際のインタビューでケイト自ら、「自分は痩せて、彼(レオナルド・ディカプリオ)は太ったわね!」とも語っていたことがありました。

やはり痩せたのは事実の様ですね。

でも女性の20代頃の年齢と言えばそんなこともよくある話で、年齢を重ねていくとともに自然に食欲も落ち着いてきたりなんてことはよく聞きますもんね。

そういったところではやはり世界で活躍する大女優も一般の女性と変わらない部分もあるようです。

 

タイタニックでローズ役を演じたケイト・ウィンスレットの現在のプライベートの状況は?

タイタニック公開から24年経った現在。

45歳になったケイト・ウィンスレットの状況は21歳の頃とだいぶ変わったようです。

1998年の11月には映画の助監督であったジム・スレアプレトンと結婚し、2000年には長女を出産しましたが2001年には離婚されています。

しかしその後、2003年5月には舞台演出家で映画監督のサム・メンデスと再婚し、12月には長男を出産していますがさらにその方とも離婚。

その後モデルをしていた男性などとも付き合ったりなどあったようですが破局し、現在は父親がヴァージン・グループという会社の創業者リチャード・ブランソンさんの甥っ子であるネッド・ロックンロールさんという方と結婚し、男の子を出産。

今に至っています。

なかなか見た目とは裏腹の恋愛ジェットコースターぶりが伺えますが、今は落ち着いて旦那さんと3人の子供たちと幸せな家庭を築いているようです。

またタイタニックで共演したジャック役レオナルド・ディカプリオともタイタニック以来親交がとても深く親友の関係であるそうで2012年のケイトの結婚の際には結婚式でのエスコート役をディカプリオがやったそうです。

普通であれば新婦のお父さんが当然やるこのエスコート役をディカプリオがやるというのはだいぶ仲が良いという証ですよね。

やはりあの大変なタイタニックの撮影で共に頑張ってきた同士としての気持ちは映画を終えたとしても絆は強いのでしょう。

何にしてもジャックとローズがタイタニック後も仲が良いというのはタイタニックファンとしてはなんだかすごく嬉しいことですね!

 

まとめ

最期まで見ていただきありがとうございました!

今回こちらの記事では「タイタニックのローズ役の当時の年齢は何歳?!ケイトの現在も紹介!」と題してお送りさせていただきました。

タイタニックのローズ役ケイト・ウィンスレットの当時の年齢はみなさんの予想と合っていましたか?

私も正直何歳なのか考えるまでわかりませんでしたが、改めて考えると実際の年齢と設定年齢を見比べて違いは多少あるにしても、納得のいくキャスティングであり、今となっては何よりもローズ役がケイト・ウィンスレットで良かったなぁと心から思いました。

それはきっとケイトの演技技術があったということだけではなく、ディカプリオとケイト・ウィンスレットの絆が強くあったことがタイタニックの映画にいい影響を及ぼして人を感動させる映画になったのだと思うからです。

また私自身、現在もケイトとディカプリオの関係がとても良いとわかってすごく嬉しくなりました。

このタイタニックという映画は二人の演技力の高さから言っても人を魅了する素敵な作品ですし、ディカプリオとケイトのお互いを思う強い絆が見られるとても素敵な映画です。

まだ観たことがないという方はぜひぜひ一度タイタニックを見て、ケイトの当時の美しさやディカプリオの格好良さ、そして二人の絆を映画の中から感じ取ってみてください。