\安心、安全! 2022年のおすすめ VPN は?/
映画

ワンピースフィルムレッド炎上理由なぜ?ウタは違和感だし歌が多すぎでいらない?

ワンピース フィルムレッド 炎上 理由 なぜ ウタ 違和感 歌 多すぎ いらない
Pocket

話題のワンピースの最新映画『ワンピースフィルムレッド』

今非常に注目度も高く人気の高い映画ですが、その『ワンピースフィルムレッド』が炎上してしまっているようです。

フィルムレッドが炎上してしまった理由はなぜなのでしょうか?

今回のワンピースではメインのキャラクターにウタというキャラクターが出てきます。

どうやら炎上の理由にはそのウタが関わっているようで、ウタに対して違和感を感じている人がいるようです。

また劇中では今回、そのウタの歌唱部分があるのですが、そのシーンが多すぎて、そんなに歌唱部分はいらないのではないかと言う人も多くおり、期待のワンピース映画とは違うと炎上しているようです。

今回は映画『ワンピースフィルムレッド』の炎上理由について、なぜこんなにも非難が殺到しているのか?

ウタというキャラクターにはどんな違和感を皆さんが感じているのか。

歌唱部分が多すぎるということですが本当にいらないと感じさせてしまう程なのか。

炎上してしまった理由について徹底検証してみたいと思います。

※『ワンピースフィルムレッド』のネタバレも含みますのでご注意ください。

またワンピースフィルムレッドが気になる!というあなたに朗報です!

これまでに出ている、ワンピースの単行本コミックスのモノクロ版、カラー版、劇場版漫画やONE PIECEマガジンなど、ワンピースに関する漫画が、今現在マンガBANGというマンガアプリですべて見ることができます!

そして今回の「Film Red」の映画とも深い関係のあるワンピース1巻でのルフィとシャンクスとの出会いももちろん見れます!

これまでに見逃しているワンピース漫画がある!

どんな話だったか読み返したい!

あの話が好きだからもう一度読みたい!

という方はぜひマンガBANGで見てみてくださいね♪

\ワンピースの漫画がぜんぶ読める!/

マンガBANG!人気の漫画が読めるマンガアプリ

マンガBANG!人気の漫画が読めるマンガアプリ

Amazia, Inc.無料posted withアプリーチ

 

ワンピースフィルムレッド炎上理由なぜ?

ワンピースの今回の最新映画『ワンピースフィルムレッド』に炎上しているという情報がありますが、まずは本当に炎上しているのか、その真相も確認してみたいと思います。

そのそも炎上ということであれば批判的な声が多く上がっているはずです。

そういった声を見てみました。

あんまりAdoが好きじゃない人からすると、Adoを使うことで感情移入できなかった。ワンピースがただただ好きなので、こういうのはあんまり好きじゃないなと思ってしまった。
すごく期待して見に行ったけどワンピースの映画っていうよりAdoのLive感がすごかった。ウタのキャラクター設定もあんまり好きじゃなかった。
今回のワンピースは正直微妙だなと思った。5番目の皇帝なはずなのにニカになっちゃうし、Adoさんのライブかな?って思うほど歌の部分多すぎた。ワンピースとしては見れない。
期待してるワンピースの映画とは違った感じがした。もっとバトルシーンもシャンクスも出ると思ってたから残念だった。歌のシーンあってもいいけど多すぎでは?

炎上とまでは言っていいのかわかりませんが、ワンピースフィルムレッドを観た方にはすごくよかったという声の反面、確かに非難する声も多く上がっていました。

どうやら今回のワンピースフィルムレッドに登場するメインキャラクターであるウタの存在やウタの歌唱部分を担当したAdoさん、そして歌唱部分の多さにも注目がいっているようです。

しかし、今回これだけ注目された映画で、しかも人気のワンピースの新キャラクターですから期待値がかなり高まってしまった分、良いと言われる部分も多い反面批判を受けるのは免れられないことだったかもしれません。

今回、やはり批判の声も上がってしまっているようなのですが、炎上していると言われる理由に関して詳しく調べてみました。

 

ワンピースらしさがなくかっこいいと思えなかった

まず大きな炎上の理由としては後にも詳しくお話しますが、一番はワンピースらしさがなかった、もっと格好いいバトルシーンが見たかったという声を多く見かけました。

これはどういうことかというと、ワンピースはやはりバトルシーンが見どころの大きな魅力の一つだと思いますがその部分が少なかったというところです。

そしてバトルシーンに代わって多かったのが歌唱シーンです。

今回はウタというシャンクスの娘と言われる歌姫がメインキャラクターだったため、ウタ中心のストーリーとなっていました。

結果的にバトルシーンは少なくなってしまい、ワンピースらしさが無くなってしまった結果、「ワンピースっぽくない」「期待と違った」と炎上してしまったようです。

今回の炎上の理由となってしまった、ウタというキャラクターや歌唱部分についてお話していきます。

 

ワンピースフィルムレッド炎上理由・ウタに違和感?

まず炎上している理由として注目されているウタについてですが、そもそもウタというキャラクターには違和感を感じている人がいるようです。

そもそもウタというキャラクターはワンピースの中でも非常に人気のあるキャラクター、シャンクスの娘という設定で出てきます。

そもそもシャンクスという重要キャラクターの子供の事なのに、ここまで一切話が出ておらず突然出てきた娘という大きな存在に違和感を感じており、本編ではなく映画のために作られたキャラクターであり、無理矢理感があり違和感を感じている方も多いようです。

ウタ自体のキャラクターを受け入れられないという意見ですね。

でも確かにシャンクスのファンにとっては突然の娘設定となると「ん?急に?なぜ?」と思ってしまう方がいるのも分かる気がしますね。

シャンクスが好きが故にその突然感に違和感があるのかもしれません。

 

ウタとルフィの幼馴染の設定

ウタの設定の中にも違和感を感じている部分があるようです。

それがルフィとの幼馴染設定であることです。

映画が公開される前の段階で予告を見たファンは、ルフィとウタの話には関連性がなく別物であろうと思っていた人が多かったようです。

しかし、実際に『ワンピースフィルムレッド』を観てみると、ルフィとウタは幼い頃から知っていて、ルフィとウタは昔よく一緒に遊んだ幼馴染設定になっています。

ここに違和感を感じた人の理由としては、漫画原作の最初の方ではルフィの幼少期について、1巻でかなりしっかりと描かれていますが、その1巻にもちろんウタの存在は出てきていません。

もし、本当に幼馴染なのであればそういったところが本編でも描かれていなければおかしいと思ってしまったというわけです。

 

ウタは映画限定でなく漫画で出すべきキャラクター

先ほどの話と少し繋がりますが、もしシャンクスの娘という大事なキャラクターなのであれば、映画限定で出すべきキャラクターではないのでは?という意見です。

確かに本編のワンピースが最終章に入ったというところに来て、いきなり本編ではなく映画の中で登場したウタ。

そんな重要なキャラクターはまず本編の漫画で出すべきではないかという意見もありました。

今後漫画の本編にウタが出るのか出ないのかはまだはっきりとわかりませんが、漫画のワンピースファンとしては先に本編でウタを登場させて欲しかったという気持ちがあるようです。

漫画をずっと追いかけていたとなると、確かにその気持ちもわかる気がします。

 

シャンクスの娘というウタの後付け感

今回シャンクスの娘という設定で突如登場したウタ。

ワンピースの中でのシャンクスの人気ぶりは言うまでもなく非常に高いものです。

しかし、そんな人気で重要キャラクターのシャンクスの娘というのに、これまで本編の漫画での登場は一切ありません。

そんなウタに対し、視聴者は映画で突然出て来たウタの存在に受け入れられない人もいたようです。

そして今後も漫画と映画はパラレルワールドでウタは本編の漫画には出て来ないのではないかと予想している人もいます。

そういった人の感想として、「重要キャラなのに、急に出てきて漫画にはもう出ないの?」と思ってしまったようです。

またワンピースが最終章に向かっていく上でさらに盛り上げようと無理矢理ウタの存在を作り上げたといった印象受けた人もいるようで、そこに大きな違和感を感じたようです。

確かに本編でもう少しウタの存在の予兆があれば視聴者も受け入れやすかったかもしれませんね。

 

ウタを演じる声優と歌手を別にした

ウタへの違和感は設定だけでなく声の方にも向けられています。

ウタのキャラクターは今回、Wキャストといった形で演じられていました。

今回、特に注目されたキャラクターウタへの期待は高く、ウタの声は誰がやるの?!というところにも注目が集まっていましたが、ウタの声は名塚佳織(なづかかおり)さんという方が担当しました。

名塚香織さんは1999年頃から声優をやっているベテランさんです。

一方でウタの歌唱部分を担当したのが今人気のアーティストAdoです。

このウタのWキャストに違和感を感じた方もいたようで、「なんで声優さんが声の部分の歌唱部分もやらないの?」「Wキャストに敢えてしなくてよかった」と一人の人物にウタを演じて欲しかったという声が上がっています。

このWキャストでの配役自体に「なぜ別にしたのか?」と違和感を感じた方もいたようです。

 

霜降り明星の粗品が声優で出演している

またこんな意見もありました。

それはワンピースフィルムレッドの声優と参加して霜降り明星の粗品さんへの思いです。

元々相方である霜降り明星のせいやさんはワンピースの大ファン。

そして今回、ついにせいやさんは大好きなワンピースの声優としてフィルムレッドの中でクラゲ海賊団のカギノテ役を演じることになりました。

そしてせいやさんの相方、粗品さんもクラゲ海賊団のハナガサ役を演じることになりました。

しかし、ファンにとってその粗品さんの起用がどうにも納得がいかなかったようです。

せいやさんはワンピースの大ファンとして声優に起用されたことは納得はいくものの、粗品さんはワンピースの大ファンというわけではありません。

コンビだからという理由だけでワンピースのファンでない人が声優として起用されたことは、本当にワンピースが大好きな人にとっては嫌だったのではないでしょうか。

ワンピースの声優となれば、ワンピースファンの多くが憧れる立場ですからその立場を「相方だから」というだけで演じられたことが炎上に繋がってしまったようです。

決して粗品さんが悪いわけではないですが、少し嫉妬してしまう気持ちはわからなくもないですね。

 

希少!第二弾特典カード
↓残りあとわずか!

\現在Amazonが最安3,770円!/

 

ワンピースフィルムレッド・ウタの歌が多すぎでいらない?

ここまで今回のワンピースフィルムレッドのメインとなったキャラクター、ウタの存在で炎上してしまった理由をお話してきましたが、もう一つ今回炎上した理由があります。

それはウタが歌う歌についてです。

どちらか言ったらワンピースファンとしては、今回のストーリーの中での歌唱部分に違和感を感じ、歌の部分が多すぎなのではないかと感じた人も多かったようです。

今回のフィルムレッドの歌の部分に、どの様な違和感があったのかさらに詳しくご説明していきます。

 

ミュージカルみたいで嫌

今回、炎上した理由で非常に多かったのがウタの歌唱部分の多さです。

ワンピースの映画を観に行ったのにまるでミュージカルを見ているようだと感じた人がいる程、ウタの歌唱部分シーンが非常に多くありました。

実際にウタは劇中で7曲もの歌を披露しています。

確かに7曲は結構多いなと映画を見る前に感じる曲数な気もします。

ワンピースのファンとしてはやはりミュージカルアニメを観に行ったわけでも、ライブを聴きに行ったわけでもないという思いが非常に強く、今回のワンピースの映画はワンピースの映画っぽくない。

こんなにワンピースの映画に歌唱部分はいらないと思う人が多くいたようです。

確かにこれまでのワンピースの映画ではやはりバトル部分が多かったので、それを期待していくとちょっと違うな・・と感じてしまう人も多かったのではないでしょうか。

 

流行りの歌手Adoの起用

先ほどの歌唱部分が多かったという声に繋がってくるのですが、歌唱部分が多くミュージカルみたいと感じた人は、『Adoを推しすぎ』と思った方もいるようです。

今回ウタの声優さんはWキャストとなっており、ウタの声とウタの歌唱部分では声の担当が分かれています。

通常のウタの声は名塚佳織さん。

そして歌唱部分はすべてアーティストのAdoさんが担当しているのですが、この歌唱部分でAdoさんを起用したこと自体に非難が上がっているところがあります。

それは決してAdoさん自体が嫌というわけではなく、Adoさんの今の人気に乗っかったようなキャスティングで制作側の『Ado推し感』を感じてしまったようです。

確かに声優さんの中には歌唱部分も同じ人が担当して歌うこともあります。

しかし、今回は敢えて歌唱部分を今人気のアーティストAdoさんが担当したことで、ウタに話題を持たせたかっただけなのではないか?

声優さんがそのまま歌えばよかったのではないか?と、話題作りのための今回のワンピースの映画ではないのか?!と炎上してしまったところがあるようです。

制作側の意図はわかりませんが、純粋なワンピースファンとしては確かに急に声優として今人気のアーティストが出てきたら上手い、下手、好き、嫌いではなく違和感を感じるのもわかる気がします。

しかし制作側としては、Adoさんは顔出しをしていない人気アーティストというところでウタのイメージも崩れない。

そして圧倒的な歌唱力があるアーティストさんで人気もあるので話題になると思ったのかもしれません。

 

ウタのWキャスト声優と歌手が違う

先ほど少しお話しましたが、ウタの声の名塚佳織さんの声と歌唱のAdoさんの声が違っていて同一人物に感じられないという声も多く上がっていました。

ウタが話しているシーンと歌唱部分のウタが結びつかないと感じたようです。

個人的にはそこまで大きな違和感は感じませんでしたが、当然ながら違う人物が二人でウタを演じているわけですから、よく聞けば違和感があるのは仕方がないかもしれません。

ウタの通常の話す声とウタが歌っている声が気になるというところはあると思いますが、やはり今回のストーリーの中で多くあるウタの歌唱部分は非常に重要な見せ場であったことは間違いありません。

圧倒的な歌の歌唱力というところを考えると、ウタのWキャストというところではどうしても必要なことだったのかもしれませんね。

 

ワンピースフィルムレッド炎上してない?

ここまでワンピースフィルムレッドは炎上しているというお話をしてきましたが、中には炎上って言われているけど炎上はしていない?どこの情報なのか?という声も上がっています。

確かに多少の不満はあるけど炎上なんてしてるかな?そこまでではない気がするし、毎回これくらいの批判は出ている気がするけどな。
炎上はしていない。ただ言いたい人が言いたいことを言っているだけだと思います。いい映画でしたよ。
炎上って言われてるけど炎上はしてないよね?あんまりそういう声周りでは聞かないけどな。

炎上と言われていますが、この意見の様にそこまで周りでの批判を聞いていないという人も多くいました。

実際に今回のワンピースフィルムレッドの注目度は非常に高かったため、良かったという人もあまり好きじゃなかったという声は実際に賛否両論あったと思います。

しかし気になる人はやはり批判の声に目が行きがちになってしまうため、「人気だけど批判がすごいんだ!」という感覚になってしまいワンピースフィルムレッドは『炎上してる!』となってしまったのかもしれませんね。

 

まとめ

こちらの記事ではワンピースフィルムレッドの炎上の理由はなぜなのか?

炎上の理由としてはウタに違和感があり、歌も多すぎていらないと言われてしまったようです。

さらにワンピースフィルムレッドの炎上理由について炎上理由はなぜなのか詳しく調べてみたところ、ウタというキャラクター自体に違和感を感じた人もいるようです。

またウタは歌姫という設定でもあるのですが、その歌姫の設定があまりにも強く、ワンピースの映画なのに歌の部分が多すぎてしまったことも原因のようです。

フィルムレッドを見た人の中にはワンピースっぽくなかったという声も多く上がっており、こんなに歌唱部分はいらないと感じた方が多く、炎上してしまったようです。

ワンピースと言えば世界的に人気の高い漫画アニメですから、ワンピースの最新映画であるというところや新キャラクターのウタが登場するというところで、期待値が非常に高すぎた故に非難の声も多く上がってしまい炎上してしまったようです。

しかし、『ワンピースフィルムレッド』は炎上した半面、非常に良かったという声も多く上がっている映画で炎上はしていないという人もいますので、気になっている人はぜひ一度観てみてくださいね☆