※本サイトは、商品プロモーションが含まれています。

漫画

変な家ネタバレ犯人は誰?最終回の結末と宮江恭一殺害の真相・左手供養についても解説!

変な家 ネタバレ 結末 最終回 左手供養 宮江恭一 殺害 犯人
Pocket

話題の漫画「変な家」

小説が原作のこの漫画が今大きな話題となっていますね!

この「変な家」の結末までのネタバレ内容や宮江恭一殺害事件の犯人は誰なのかは非常に気になるところですね!

最終回で暴かれる真実とは?

また左手供養についても詳しく徹底解説します。

「変な家」はホラー作家兼ウェブライターである雨穴の作品で2024年春には映画の放映も決定している話題作です。

大人気小説をコミカライズした本作は不動産ミステリーという新しいジャンルで話題になっています。

また漫画は連載中のため、最終回の結末やラストの終わり方はまだ分かりませんが、小説の内容から左手の真相や事件の犯人について解説していきます。

  • 変な家ネタバレ宮江恭一殺害の犯人は誰?
  • 変な家ネタバレ左手供養の真相
  • 変な家のネタバレあらすじ全話
  • 変な家ネタバレ最終回の結末はどうなる?

本記事はネタバレを含みますので、内容を詳しく知りたい!という方のみ最後までご覧ください。

また変な家のには実はもう一つの物語があるのをご存知でしょうか?

実は「変な家」に繋がる雨穴さんの続編作品があります!

それが変な絵です。

漫画・コミック・小説なら【DMMブックス】*SEOメディア用※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

「変な家」の続編として出されたこの「変な絵」は、すでに32万部が発行され、こちらも大ヒット小説となっています。

伏線回収が見事な作品で面白かった!何度も戻って読み返してしまった!
ストーリーがわかりやすく、変な家よりも読みやすかった。ミステリーとしての内容もミスリードが沢山盛り込まれていてすごく読み応えがありました!
読みごたえは完全に前作を超えました!感情移入もできる作品だったので読み入ってしまった・・これの映像化が叶ったら面白そう!
第1章から最終章までの伏線に脱帽しました!すごく面白かった!読み終えてすぐまた一から読み直したくなり、もう一度読んだほど。ミステリー好きにはぜひ読んで欲しい作品です。

作品としても、前作「変な家」を超えた!という人も多い程の人気作品です。

そして、この「変な絵」ですが通常1,540円なんですが、今だけ1/3の価格以下で読む方法があります!

それがコミックシーモアです!

小説『変な絵』1,540円(税込)が70%OFF462円(税込み)

1,078円もお得になります!

70%OFFとなるとかなり大きな割引になるので、続編の「変な絵」を読んでみたいという方は、このクーポン配布中のこのお得な期間を見逃がさないようにしてくださいね!

\今だけ70%OFFで読める!
漫画・コミック・小説なら【DMMブックス】*SEOメディア用※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

※クリックして70%OFFクーポンがでない場合は、クーポンの配布は終了しています。

 

変な家ネタバレの犯人は誰?

変な家 犯人 ネタバレ 結末 最終回

まず、この「変な家」で起こる事件。

左手がない遺体についてですが、この遺体は紛れもなく宮江恭一の遺体です。

しかし、この宮江恭一殺害の事件についてですが、結論からいうとこの事件の犯人はいません。

この宮江恭一が殺害されたと思われた事件ですが、実は今回の事件が起こる前に宮江恭一はすでに死んでおり、桃弥が宮江恭一を殺したように慶太が偽装した事件でした。

つまりの宮江恭一を殺したのは家の住人の誰でもありません。

 

変な家ネタバレ最終回の結末・宮江恭一殺害の真相

変な家 犯人 ネタバレ 結末 最終回

綾乃は慶太に片淵家に伝わる左手供養の話をして別れを告げましたが、結婚相手の慶太は綾乃と結婚して、その因習を断ち切る道を選びました。

慶太は片淵家のしきたりに染まったフリをして片淵家のみんなから信用を勝ち取ります。

そして左手供養の儀式が近づいてきたときに、綾乃の祖父である重治に儀式を自分たちの家で行いたいと話し、監視役をつけることを条件に許しを得ました。

 

桃弥を助けたかった慶太

桃弥は左手供養の因習のために誰かを殺さなけらばいけませんでした。

しかし、桃弥に殺人を犯させたくなった綾乃の夫の慶太が殺人事件を偽装し、桃弥が殺したと見せかけることにしたのです。

これが宮江恭一殺害事件の真相です。

宮江恭一の遺体については、片淵家の人の協力を得てすでに死んでいる宮江恭一の遺体を用意しただけでした。

慶太は重治から渡されたリストの中から金に困っていた一人の男に金を払い、儀式のあとに姿を消すように頼みます。

既に亡くなっていた宮江恭一の左手首を切り取って監視役に渡すことで一人目の儀式は誰も殺すことなく終わりました。

しかし、この偽装の殺人事件が新たな殺人をうんでしまうことになります。

 

起こってしまった殺人事件

しかし、この左手供養の日儀式で実は誰も殺していなかったということが重治にばれてしまいます。

左手を切断された宮江恭一さんの新聞記事を見た重治が違和感を感じて別の親族に調査を依頼したのです。

リストに載っている子孫がみんな生きていることを知ると重治は激怒し、監視役だった清次に桃弥を連れてくるよう命じます。

桃弥を守るために慶太は清次を殺害。

さらに重治をも殺してしまいます。

これがさらに起きてしまった2つの殺人事件の真実でした。

恐ろしい悪習と、それを止めるために発生してしまった2つの殺人事件。

これが変な家の真実です。

実際に変な家をリアルに楽しみたい方は今現在1巻が無料で読めるので、ぜひ読んでみてください。

画も入るとさらに怖さが増しますよ!

 

変な家ネタバレ最終回の結末:変な家の間取りの真相

原作の小説と同じ結末になるのであれば、この家の間取り図はなんかおかしい・・と思われたあの家は「子供に殺人を行わせるための家」でした。

これだけでもかなりの衝撃的な真相ですよね。

そして、その事件の真相はきちんと最後にすべて結末で解き明かされます。

違和感のあるあの家の間取りには、恐ろしい片淵家に伝わる「左手供養」がすべての原因でした。

その左手供養のしきたりを終わらせるために起こってしまった殺人事件の話です。

この家の住人はもともと埼玉の一軒家に住んでいたのですが、とあるきっかけで東京の一軒家に引っ越します。

この東京の一軒家が第一話で登場する間取図の家で、「この家、なんかおかしい・・」と感じた家は最初から人を殺すために計画的に作られた家だったというのが真相です。

 

変な家ネタバレ最終回の結末:左手供養の真相

ここからはこの『変な家』のストーリーの中でも、事件が起こる理由ともなった”左手供養”について、詳しく解説していきます。

東京で起こった殺人事件と埼玉で起こった宮江柚希の夫・恭一の事件との関連が疑われますが、2つの事件には左手がないという重大な共通点がありました。

「左手首だけがない」という関連性はあるものの、解体方法については明らかに異なっています。

東京で起こった事件では全身がバラバラになっていたのに対し、埼玉で起きた恭一の事件では左手首だけが見つかっていないということ。

この2つの事件にはどういった関係があるのか、左手はないのはなぜなのか。

漫画では明らかになっていませんが、小説版での左手の真相をご紹介しますね。

 

片淵家の因習「左手供養」

実は宮江柚希は宮江恭一の妻ではなく、東京の家の住人片淵綾乃の妹・片淵柚希でした。

そして、この左手首のない2つの殺人事件のすべての元凶は片淵家を何十年も縛り付ける呪いのような因習「左手供養」だったのです。

かつて片淵家は莫大な財産を築いていましたが、当時の当主であった片淵嘉栄という人物には総一郎、千鶴、清吉という3人の子供がいました。

誰が見ても後継者にふさわしいのは清吉でしたが、彼は妾の子だったため、宗一郎が後を継ぐことになります。

しかし、清吉は家を捨てて独立しその才能で分家を急成長させます。

一方で宗一郎は嫁・高間潮ではなく妹の千鶴との間に子供を授かりました。

その事実を知り、激怒した清吉でしたが、本家の弱みを握ったことであの手この手で主要人物を次々に吸収し、本家はどんどん落ちぶれていきます。

結果的に、山奥の屋敷に残ったのは潮と宗一郎、宗一郎の子どもを身ごもった千鶴でした。

とうとう精神を病んでしまった潮は左手首に包丁を突き刺し、自殺してしまします。

潮の死後数か月後に双子の男の子が誕生しますが、下の子には左手首がありませんでした。

このあまりにも恐ろしい偶然がその後長年にわたって片淵家を呪うことになります。

二人が3歳になったころ本家に清吉の第二夫人である女が訪ねてきて、「これは潮の呪いだ」と呪いをとくための方法を伝授します。

これは清吉の第二夫人が我が子を跡取りにするためにでっちあげた左手供養の儀式でした。

  • 左手首のない子ども(桃太)を光が届かない部屋に閉じ込める
  • 屋敷の離れに潮の仏壇を安置
  • 桃太が10歳になったとき清吉の子どもを殺させてその左手首を仏壇に奉納する
  • 桃太の兄麻太が後見役として桃太を補佐する

そしてこの儀式は桃太が13歳になるまで毎年行うということでした。

その後戦争が起こり、分家の事業は空襲で壊滅しますっが、本家は空襲の被害を逃れ、「左手供養」の儀式のみが後世に受け継がれてしまいました。

片淵家に左手がない子が生まれたら光の当たらない場所に閉じ込めて育て、その子が10歳になったら片淵清吉の子孫を殺して切り取った左手を潮の仏壇に供えるというものです。

左手がない子どもの兄か姉、いない場合は親戚の中で年齢が近いものが後見役をし、左手がない子が13歳になるまで年に1回必ず行うように家訓として語り継がれました。

 

変な家ネタバレ最終回の結末までのあらすじ

次に変な家の最終回についてネタバレをお話していきますね!

「変な家」の小説ではもちろんお話は完結しています。

ただ、今大きな話題となっている「変な家」の漫画の方では、まだ最終回まで配信はされてません。

まだ漫画の方での最終回のラストがどうなるのかがはっきりとわかりませんが、小説も非常に人気の高い作品のため、漫画の最終回との大きな違いは恐らくないと予想されます。

 

変な家1話ネタバレあらすじ

ある日オカルト専門のフリーライターである主人公は、依頼主から出入り出来ない謎の空間と不可解な子供部屋のある奇妙な間取りを見せられます。

子供部屋は二重扉になっていて、間取りのど真ん中で窓もありません。

興味を持った主人公はオカルト好きの建築設計士・栗原に間取りを見せて意見を聞くことにしました。

栗原は以前住んでいた夫婦が子供を誰にも見せずに閉じ込めていたのでは…?と推測します。

ふと、1階と2階の間取図を重ねると、あるモノが見えて別の可能性に気づいていきます。

 

変な家2話ネタバレあらすじ

栗原は1階と2階の間取図を重ねると、子ども部屋と1階の浴室の角がぴったり重なることを指摘し、謎の空間には隠し通路があったのでは…?と予想します。

夫婦が来客を招き、浴室で子どもに殺させていたのではないかというのです。

そしてもう一つの抜け穴から死体を運んでいた可能性を指摘します。

この家に住んでいた家族が殺人代行業者であったのではないかと推測したのです。

その後、その家の近くにある雑木林からバラバラ死体が見つかったことが分かり推測の話の信憑性が増していくことになります。

 

変な家3話ネタバレあらすじ

依頼主である男性は、家の近くから死体が出たことから購入を見送ることになりました。

しかし、主人公はバラバラ死体の左手首だけがまだ見つかっていないことを報道で知ります。

出版社でこの家を題材にした記事の執筆を依頼され、主人公はこの謎の物件についての記事を書くことになりました。

その後、記事を読んだある女性からメッセージが届きます。

その女性は宮江柚希といい「あの家の住人に自分の夫が殺された可能性がある」と言いました。

しかし、その家が建てられるよりも前に夫は行方不明になっており、数か月後に埼玉の山中で左手のない遺体が発見されました。

夫はその家族が以前住んでいた家で殺されたのではないかと考えた柚希は、家族が以前住んでいた埼玉の家の間取図を手にしていました。

その家も不可解な間取りになっている上、数ヶ月前に火事で全焼していました。

 

変な家4話ネタバレあらすじ

柚希が手にしていた埼玉の間取図には、リビングの隣に不可解な三角形の部屋がありました。

主人公は栗原の家を訪ねて、2人は三角形の部屋について話し始めます。

栗原は、この三角形の部屋は明らかに増設された部屋であると言いますが、なぜこのような部屋を作ったのでしょうか?

しかし、この家は火事で全焼しています。

そこで主人公は栗原に東京の家に行ってみることを提案しました。

 

変な家5話ネタバレあらすじ

埼玉の家でも殺人が行われていたとして、遺体を運び出す車の駐車場がないため、遺体を地下室に隠していたのではないかと栗原は推理します。

そして、その地下室を家を売る前に埋めてしまったのではないかということでした。

柚希ともう一度会って話をすることになった主人公でしたが、柚希と会う前に東京の一軒家を訪ねると、近所の人に話かけられます。

一軒家の住人は片淵といい、子どもは1才になったばかりの「ひろと」という男の子だったそう。

しかしおばさんの夫が夜中に「片淵さんの家の窓際に、ひろとではなく見たことのない子どもが立っていた」とのことでした。

子どもは2人いたのでしょうか…?

さらに謎が深まりますね。

 

変な家6話ネタバレあらすじ

現在執筆中です。

 

変な家7話ネタバレあらすじ

現在執筆中です。

 

変な家8話ネタバレあらすじ

現在執筆中です。

 

変な家9話ネタバレあらすじ

現在執筆中です。

 

変な家10話ネタバレあらすじ

現在執筆中です。

 

変な家のラストの終わり方のみんなの感想は?

雨穴さんの作品は基本的にバッドエンドではないものの、最後の最後まで「それって…」と思わせられる展開になっています。

最終的にはこの家で起こった事件の真相がすべて明らかになるのですが、ただこの『子供に殺人を犯させるための家だった』というラストについては、小説を読んだ方、みなさんいろいろな感想があるようです。

最後までゾクゾクさせられた。衝撃的なラストだった!意外性が面白かった!

という声もあれば、中には、そんな子供に殺人を犯させるしきたりなんてあり得ない。

設定に無理があって、最後が少し腑に落ちないな・・という感想を持たれた方もいるようで、賛否両論あるようです。

ただし、小説を最後まで読んだ人は皆さん、ラストが気になって一気に読んでしまった、、、という声が非常に多く見られました。

「変な家」のラストの真相の感想については様々あるようですが、どちらにしてもその真相にたどり着くまでの流れが非常に面白く、最後まで夢中になって読めるストーリーとなっていることに変わりはないでしょう。

またここからは「変な家」の結末まで、少し複雑だったシーンをわかりやすく分けてそれぞれの真相を詳しくお話していきたいと思います!

「変な家」の続編が
\今だけ462円で読める!

漫画・コミック・小説なら【DMMブックス】*SEOメディア用※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

※クリックして90%OFFクーポンがでない場合は、クーポンの配布は終了しています。

 

まとめ

ここまで変な家のあらすじネタバレ・最終回の結末や最後のラストの終わり方について解説してきました。

左手の真相や殺人事件の犯人など、一筋縄ではいかない展開で想像も出来ないようなラストを迎えそうですね。

それでは本記事のまとめです。

  • 変な家はまだ連載中のため、最終回の結末やラストの終わり方は分からない
  • この家は代々子供が人を殺さなければいけないという悪習があった
  • 殺人事件の犯人は悪しき風習を断ち切り、子どもを守ろうとした親であるが、埼玉の事件に関しては殺害していない

変な家のネタバレや結末ラストシーン、また左手の真相について解説してきました。

ここまで読んでくださった方やすでに作品を読んでいる方は分かるとおもいますが、不可解な間取り図から始まるこの物語は、複雑で伏線が絡み合っています。

言葉で説明するのはとても難しく、この作品の魅力を伝えられないので、ぜひ漫画を最後まで読んでみることをおすすめします!

気になる方は小説版や「変な絵」もぜひご覧になってくださいね!